情報更新

last update 08/02 05:33

ツイート検索

 

@ttt_cellule
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ttt_cellule

白江幸司@ttt_cellule

  • 774フォロー
  • 2,762フォロワー
  • 84リスト
Stats Twitter歴
3,687日(2011/06/30より)
ツイート数
84,159(22.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年08月01日(日)4 tweetssource

8月1日

@masato_eguchi

eguchi@masato_eguchi

関心のある方は多いはずだけれどあまり知られてないのではないかと思うのでご紹介。以前の職場の紀要ですが、『立教映像身体学研究』第8号、中村秀之先生の退職記念特集が組まれています。こちらでリポジトリ公開されています。 rikkyo.repo.nii.ac.jp/index.php?acti

Retweeted by 白江幸司

retweeted at 09:44:58

8月1日

@masato_eguchi

eguchi@masato_eguchi

インタビューや業績一覧、全単著の書評など充実した内容ですが、何よりも中村先生ご自身が寄稿された「最終講義に代えて 「学芸は眉を顰めず」 : 階級のディスクール・断章」がすばらしく、多くの人に読んでほしいテクストです。 rikkyo.repo.nii.ac.jp/?action=pages_

Retweeted by 白江幸司

retweeted at 09:45:02

2021年07月31日(土)14 tweetssource

7月31日

@humbleUtak

yutaka kubo@humbleUtak

Japanese Film Festival Plusより、演博企画展「Inside/Out─映像文化とLGBTQ+」開催の経験や日本のクィア映画について取材を受けました。聞き手はノーマルスクリーンの秋田祥さん。お暇な時にでも、ぜひお読みいただけると嬉しいです。

日本語
jff.jpf.go.jp/ja/read/interv
英語
jff.jpf.go.jp/read/interview

Retweeted by 白江幸司

retweeted at 12:33:38

7月31日

@ttt_cellule

白江幸司@ttt_cellule

@daisukeohnosgm なかなかよくできているので、このサイトのおかげでペヨトル雑誌情報をまとめる手間を省けましたよ。ペヨトルの仕事で気になることがあったらここでタイトル見て探してますね

posted at 18:56:40

7月31日

@ttt_cellule

白江幸司@ttt_cellule

@daisukeohnosgm 美術にとってペヨトルとは何だったのか、というのはあまり語られないけど、今野は美術評論賞に応募したり画廊勤めしてたので(田村・真木画廊)、アートシーンにわりと関係する版元だと思います。

posted at 19:17:51

7月31日

@ttt_cellule

白江幸司@ttt_cellule

@daisukeohnosgm 夜想2号で松浦寿輝を訳者として起用してるけど(26歳ぐらい)、これ相応早いでしょう。たぶん東大仏文同人誌『新思潮』での寄稿を目に留めて依頼したとかのレベル。

posted at 19:22:29

7月31日

@ttt_cellule

白江幸司@ttt_cellule

@daisukeohnosgm ミルキィイソベの方も画廊勤務上がりなので、ペヨトルはツートップが元画廊社員なんですね。「夜想」の元は瀧口修造の詩だし、仏シュルレアリスム趣味から広げていったタイプに思われる。プレ長谷川祐子的存在と扱えばいいのかなと。

posted at 19:33:37

2021年07月30日(金)2 tweetssource

2021年07月29日(木)8 tweetssource

2021年07月28日(水)9 tweetssource

7月28日

@lematin

るまたん@lematin

つうか、そもそもの話として「首相が記者に言った薬ってこれのことかな?」とか皆で調べないといけない、というの、おかしくないか。
責任者なんだから、なんていう薬なのかちゃんと言えよ。

Retweeted by 白江幸司

retweeted at 08:12:10

2021年07月27日(火)12 tweetssource

7月27日

@biotit

T. Hashimoto@biotit

@ttt_cellule なお、ニュー・ウィアードの代表作家チャイナ・ミエヴィルは『四方対象』のグレアム・ハーマンと交流がありますが、そうした事情や思弁的実在論~ホラー論の紹介にまで踏み入った日本語の文章は見かけた記憶がありません。05年はそもそも時期的に早すぎますしね。

Retweeted by 白江幸司

retweeted at 12:03:31

7月27日

@ttt_cellule

白江幸司@ttt_cellule

なろう作品を山ほど読んでコンセプトを消化しきった私にとっては、タシタ・ディーン《バブルハウス》(1999)などもなろう的作品にカウントされる。

posted at 20:14:24

2021年07月26日(月)1 tweetsource

このページの先頭へ