情報更新

last update 10/20 11:17

ツイート検索

 

@tweeting_cows
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

Stats Twitter歴
3,426日(2009/06/04より)
ツイート数
9,966(2.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年10月17日(水)1 tweetsource

10月17日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

@AkaneSaito 最後まで画面上で完結させようとする作り手のこだわりというか執念が伝わってきますよね!とてもスリリングであると同時に、あらゆることが画面上に収まってしまう怖さのようなものも突きつけられているようで、本当にいろんな思いが刺激されました・・・。

posted at 12:40:43

2018年10月16日(火)1 tweetsource

10月16日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

ずっと放置していた段ボール箱の中から、大学生の頃に誰に見せるでもなくコツコツ書いていた映画鑑賞ノートが見つかった。『コンエアー』とか『ダークシティ』とか『桜桃の味』の感想が書かれている。懐かしいな。

posted at 21:56:23

2018年10月13日(土)2 tweetssource

10月13日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

『search/サーチ』を試写。冒頭5分で泣かされ、中盤のミステリーに眩暈がするほど翻弄され、思いがけない急展開に射抜かれる。これら全てのストーリーを、パソコン画面上のやり取りのみで成立させた超絶的な一作。ミクロな視点なのに、ある種のスケール感すら掌握していく演出にとことん酔いしれた。

posted at 02:05:56

10月13日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

今ではすっかり知られていることですが、1979年製作のBBCドラマ「Tinker, Tailor, Soldier, Spy」では、「X-MEN」シリーズでおなじみのあの人が、忘れがたい重要な役で登場しています。役名はあえて言いません。 pic.twitter.com/DcUix9YlgF

posted at 01:50:55

2018年10月06日(土)1 tweetsource

10月6日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

5日の朝日新聞『アントマン&ワスプ』広告にて、以前「映画.com」に書いたレビューの抜粋を使って頂きました。来週11日までの上映とのことなので、気になっている方はぜひお早めに。小難しいこと抜きにして、存分に楽しめる映画です。 pic.twitter.com/JV8ZKY6nSC

posted at 04:18:51

2018年10月05日(金)2 tweetssource

10月5日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

人よりも10周遅れくらいで『カメラを止めるな!』を観て、監督の「カメラは止めない!!」という絶叫が胸に突き刺さって抜けない。そう、世の中も人生も猛スピードで移りゆくけれど、なんだって止めちゃいけない。自分なりのやり方でこだわりを持って続けていかなきゃ。

posted at 15:06:12

10月5日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

久々に映画『裏切りのサーカス』を観て、原作本「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」を読んで、79年のBBCのテレビシリーズ(主演はアレック・ギネス)をぶっ続けで観たら、さすがにその日の晩に老スパイ、スマイリーに尋問される夢を見た。蛇に締め付けられるような感覚だった。 pic.twitter.com/wH5ppy7b05

posted at 14:47:09

2018年10月04日(木)1 tweetsource

10月4日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

近所のシネコンで『カメラを止めるな!』を観た後、年配のご夫婦が「これまで当たり前のようにTVとか映画とか観てたけど、あんなに大勢で、苦労して撮ってんだねえ」「ほんとそうだねえ」と語りながら帰っておられた。あらゆる世代に、様々なかたちで感染しているのだなあ。

posted at 15:28:42

2018年09月29日(土)1 tweetsource

9月29日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

イスラエル映画『運命は踊る』。一風変わった構成で「運命に翻弄されし人々」を描くのだが、観る者に結末を全く予想させず、その一切を俯瞰して見つめるかのような語り口に引き込まれた。かの国ならではの精神性を炙り出しながら、世界の誰もが共通言語として受け止めうる普遍性をも持ち得た一作だ。

posted at 23:41:33

2018年09月28日(金)1 tweetsource

2018年09月27日(木)1 tweetsource

9月27日

@amaguribouzu

otuka daisuke@amaguribouzu

10/6(土)から公開される『僕の帰る場所』を福岡国際映画祭で観賞。「日本(人)と外国(人)」という視点に留まらず、様々な「境界」を行き来しながらビビッドに描き出される世界に圧倒された。『カメラを止めるな!』『カランコエの花』も観たが、それらも凌ぐ今年最高の独立系作品。余韻が凄い。 pic.twitter.com/imSkq3nJxC

Retweeted by Atsunobu Ushizu

retweeted at 23:43:30

2018年09月22日(土)1 tweetsource

2018年09月20日(木)1 tweetsource

2018年09月18日(火)1 tweetsource

2018年09月17日(月)2 tweetssource

9月17日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

映画界の生きる伝説アニエス・ヴァルダと、アーティストのJRが共同監督するドキュメンタリー『顔たち、ところどころ』を面白く観た。カメラの形のトラックに乗り地方を巡る二人。人に会い、話を聞き、興味深い写真アートを生み出す過程が鮮やかで、爽やか。歳の差54のコンビネーションが最高に素敵だ。

posted at 03:50:48

2018年09月16日(日)1 tweetsource

9月16日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

@Youyou7you 素晴らしい作品をありがとうございました!本当に丁寧な演出で、沸き立つ感情が克明に写し取られていて感銘を受けました。上映後、主人公の決断について、ずっとずーっと考えさせられています。きっと多くの日本人にとって大切な映画に育っていくはず。これからのご活躍を心からお祈りしております!

posted at 12:20:36

2018年09月15日(土)2 tweetssource

9月15日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

昨年のカンヌでカメラドールを受賞したフランス映画『若い女』。冒頭からこのヒロインのぶっ飛んだ個性にブンブン振り回されるものの、壁に突き当たっても決して悩み過ぎず、常に行動的で前向きな彼女に、少しずつ魅了されていく自分に気づく。そんな不可思議な磁場を持ったキャラ、そして映画だった。

posted at 14:27:33

9月15日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

映画『パディントン』シリーズに警備員役でちょい役出演しているサイモン・ファーナビー(2作目の共同脚本も担当)が、『プーと大人になった僕』にも全く別のちょい役で出演していて、見つけた瞬間「あっ!」と声を上げそうになった。二つのクマさん映画を密かにつなぐ親善大使(?)と言えるのかも。 pic.twitter.com/RljOwj1sBO

posted at 14:17:31

2018年09月14日(金)4 tweetssource

9月14日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

@yoshi3450jp @durhum2 この劇場で70mmの「史上最大の作戦」!!喉から手が出るほど羨ましいご経験ですね!現役文化遺産というお言葉も「まさに!」。これからも多くの方々に愛され続けていってほしいものです。

posted at 11:33:51

9月14日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

9月14日より公開『プーと大人になった僕』の劇場パンフレットにレビューを寄稿させて頂きました。映画館でご鑑賞の折にはぜひ手にとってご覧いただけますと幸いです。『ドリーム』のアリソン・シュローダーや『スポットライト』のトム・マッカーシーらも脚本参加した、心がほっこり温まる秀作です。 pic.twitter.com/ywEc9Vlp4N

posted at 04:15:15

9月14日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

@durhum2 @izorac ラムの大通りさんにとっても思い出深い劇場だったのですね!幼い頃、何度か前を通ったことはあったのですが、その劇場についぞ足を踏み入れ、長年の宿題を終えた厳粛な気持ちに包まれました。シネコンがひしめく昨今、このような劇場は街にとって財産ですよね。ずっと守り続けていってほしいです。

posted at 01:42:16

2018年09月13日(木)10 tweetssource

9月13日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

@anerou ひゃー、なんと恐れ多い、ありがとうございますーー(涙)!!まだまだ未熟者ではございますが、そのお言葉を糧に頑張ってまいりたいと思います!

posted at 23:19:57

9月13日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

@anerou なんと!そうでらしたんですか!このような佇まいの映画館、長崎にはもうすっかり無くなってしまいましたよね。一回の窓口でチケットを購入する時、チケットをもぎってもらう時、重い扉を開けて劇場に踏み入る時、かつての映画館の記憶がこみ上げてきて涙が出そうになりました。

posted at 21:56:49

9月13日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

福岡インディペンデント映画祭で観た『ハッピーアイランド』には、今自分が知りたかったこと、知らなければならなかったことが、巧みな人間描写と熱量で詰まっていた。主人公の目が変わる。生き様が変わる。これは彼自身の通過儀礼の物語でもある。余韻を引きずり川端商店街をずっと徘徊してしまった。

posted at 12:33:10

9月13日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

中洲の一蘭総本店の向かいに建つ大洋映画劇場にて朝十時から『プラトーン』(この作品も『インナースペース』同様、1987年に日本公開)を鑑賞。人生で初めてこの劇場内に入れて大感動だった。その後、親友と偶然にもウィレム・デフォーの話など。 pic.twitter.com/RtMWDqzaLG

posted at 12:15:54

9月13日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

たった90分の中にとてつもないアイディアと可能性と家族ドラマを余すところなく盛り込み、世界中で人気沸騰の『クワイエット・プレイス』。「音を立ててはいけない」という設定が、観る者の従来とは違う別の感覚を刺激し、かつてない恐怖を味わせてくれる。これ以上は言わない。大興奮の90分。

posted at 11:04:02

9月13日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

『カランコエの花』は俳優賞のみならず、同映画祭の優秀作品賞も受賞。映画祭での2回の上映はどちらもお客さんが多く詰め掛け、目頭を押さえる方も多数見受けられた。

posted at 10:49:10

9月13日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

福岡インディペンデント映画祭グランプリ『センターライン』は、10年後の未来、AIが引き起こした自動車事故をめぐる捜査&法廷モノ。最新テクノロジーに材を取りながらも、あえて伝統的な刑事ドラマのノリや筆致を崩さぬ姿勢が快い。コンセプトの強度が高く、すぐにでもTVドラマでシリーズ化できそう。

posted at 10:41:39

2018年09月12日(水)2 tweetssource

9月12日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

福岡インディペンデント映画祭で俳優賞受賞『カランコエの花』(アップリンク渋谷でも上映中)。吹奏楽部の演奏で静かに空気を醸成していく幕開けや、クラスメイト同士の有機的な呼吸、LGBTというテーマ性、鑑賞後も突き刺さって抜けないセリフや表情の数々に、とても胸が締め付けられる名作だった。

posted at 15:15:21

2018年09月07日(金)5 tweetssource

9月7日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

@m_frisbee ありがとうございますー!でも、こんな時に限って仕事がかさんで胃が痛いという・・・(涙)。福岡の熱気をたくさん吸収して帰ってきたいと思います!

posted at 22:35:59

9月7日

@marie_chatgris

清宮真理 Mari Kiyomiya@marie_chatgris

拙訳書の新刊が出ました。『レイチェル・クーのキッチンノート おいしい旅レシピ』。世界各地の料理にインスパイアされたレシピは、フレンチに特化した前作よりも、さらに日本人でも作りやすいものが多くてオススメです。#レイチェルクー #rachelkhoo #kitchennotebook
amzn.asia/d/7oHA3Wj pic.twitter.com/QFVkSLFfIz

Retweeted by Atsunobu Ushizu

retweeted at 19:59:09

2018年09月06日(木)2 tweetssource

2018年09月05日(水)1 tweetsource

9月5日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

『ボーダーライン/ソルジャーズ・デイ』、前作に引けを取らない骨太かつ凄み漲る怪作に仕上がっていた。これほどベニチオ・デル・トロの魅力を骨の髄まで堪能できたのも久々だ。テイラー・シェリダン(脚本のみ担当)が手がけた作品に外れなし!

posted at 22:47:39

2018年09月04日(火)1 tweetsource

9月4日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

今や全宇宙を巻き込んだ大事変の渦中にある『アベンジャーズ』とは打って変わり、今回のマーベル最新作はなんとも愉快で、終始ワクワクしながら楽しめた。わかりやすさの中に卓越した巧さが光る一作、『アントマン&ワスプ』について書きました。
eiga.com/movie/88645/cr

posted at 11:52:15

2018年09月03日(月)2 tweetssource

9月3日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

『ア・ゴースト・ストーリー』試写。なんと奇妙で美しく、時空を超えた旅に出たような気分にさせる映画なのだろう。特に中盤からの吸い込まれそうなほどの魅力にため息が出た。どこかテレンス・マリック『ツリー・オブ・ライフ』にも通じるものがあるような気が。

posted at 15:36:09

2018年08月30日(木)2 tweetssource

8月30日

@tweeting_cows

Atsunobu Ushizu@tweeting_cows

@happynewage パディントンのやつはhard stareって呼ばれていたような・・・evil eyeはトルコなどでよく見かける「目の形」をしたお守り(魔除け?)だったような気がします。(間違っていたらごめんなさい!)

posted at 10:47:22

2018年08月29日(水)2 tweetssource

このページの先頭へ