情報更新

last update 05/25 08:17

ツイート検索

 

@ugasu
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

  • 1,906フォロー
  • 866フォロワー
  • 31リスト
Stats Twitter歴
3,170日(2009/09/20より)
ツイート数
18,221(5.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年05月25日(金)2 tweetssource

6時間前

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

3日前からポケモンGOが不具合でプレイできない(ログイン画面が終わるとアバターヒロシくんが大写りになってマップ表示しない)アップデートしても同じ。3年間やめられずスキマ時間を注ぎ込んだが、先方都合であっさり卒業できそうな気がする(といって犬の散歩時間は有意義なことに転用できない) pic.twitter.com/5tC5virZOt

posted at 08:15:27

6時間前

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

先週の備忘。京都国立博物館の「池大雅展」最終日に見た。文人画というジャンルの第2世代目。繊細な色点や抽象に近づく形態の連発に、市井の人格者の描く大らかな風景という通念がいくぶん拡張。大雅旧居辺りの円山公園にあるeN ARTSにて「showcase#7 写真とスキャン」滝沢広さん+澤田華さんも拝見。 pic.twitter.com/KjiAGBLbiH

posted at 08:00:56

2018年05月15日(火)1 tweetsource

2018年05月14日(月)1 tweetsource

5月14日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

備忘。大阪歴史博物館「堀田龍之助展」、大阪駅ルクア DMOアーツ 松村咲希展、KYOTOGRAPHIEの深瀬昌久アーカイブ トモ・コスガ氏のトーク、ギャラリーPARC 守屋友樹「シシが山から下りてくる」、同時代ギャラリー 堤麻乃展を拝見。 pic.twitter.com/3beMR6DsCx

posted at 08:10:21

2018年05月11日(金)1 tweetsource

2018年05月07日(月)1 tweetsource

5月7日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

備忘。東山 ギャラリー16で上田良さん「Magpie’s Nest」を、上賀茂の瑞雲庵で三宅由希さんキュレーションのカレンノール+鬼頭志帆「もう一つの物語、インドと日本からの新説話」展を拝見。
日本家屋での展示に屏風型パネルとか開発したい(建仁寺両足院も窮屈)だとしても目の高さの問題が残るけど。 pic.twitter.com/MpfBCfyJCW

posted at 09:37:23

2018年05月06日(日)1 tweetsource

5月6日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

昨日は、建仁寺両足院のKYOTOGRAPHIE 中川幸夫展、terminal kyotoで「室礼 Offerings Ⅳ」展、竹田街道京都駅から徒歩5分のpunto オープンスタジオ、四条木屋町 Finch Arts「small painting,painting small」展、アートギャラリーozasaで吉増剛造展(建畠晢さんとのトーク)を拝見いたしました。 pic.twitter.com/sDn1V0dNLA

posted at 10:26:00

2018年05月05日(土)1 tweetsource

2018年05月02日(水)2 tweetssource

5月2日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

KYOTOGRAPHIE テーマは「UP」だが、1968年のパリやブラックパンサーあるいは三里塚の「そこで見た」カメラの証言記録性を意識させるセレクトかと。誰もが眼前の画を撮れ、その後構図を決めてイフェクト加工して公開する汎イメージ時代に召喚されたフィルム写真の(自明だが)光学・化学的な即物性を。 pic.twitter.com/g4a5L3CUQE

posted at 09:42:34

2018年05月01日(火)2 tweetssource

5月1日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

これは誉田屋源兵衛の北側の床屋さんの店先のポスター。常日頃から卓越した時事パロディセンスを示す店であるが、まさかこう来るとは侮りがたし。室町三条角。必見(まだここで散髪したことはない。) pic.twitter.com/I87t6xPFoq

posted at 09:31:05

5月1日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

KYOTOGRAPHIE 誉田屋源兵衛の深瀬昌久さんの回顧展は素晴らしいもの。マンレイや瑛九の風の作、メインビジュアルの子猫サスケの写真に色画鋲を打って撮った連作(縫針や刺繍も)は被写体の平板なイメージに抗する。着彩の筆致。やがてブクブクやベロベロなど撮影行為に身体感覚を持ち込むような作。 pic.twitter.com/bhfq7wfZ4K

posted at 09:27:23

2018年04月30日(月)6 tweetssource

4月30日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

三条河原町ARTZONE「Innerspace Colony」品川美香さん+檜皮一彦さん。KG+の各会場 MEDIASHOPギャラリー 堀あすかさん「Inside Theater」
今出川 白峯神宮ANEWALギャラリー ニコラス・オーブレー「LISA」と元淳風小学校会場を拝見。KYOTOGRAPHIE のパスポートのスタンプ欄に御朱印帳状態の週末。 pic.twitter.com/OdP5kyLiZl

posted at 15:46:43

4月30日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

麩屋町五条ギャラリーMainで須田一政「かんながら」(室町二条ギャラリーSugataでは「日常の断片」)瞠目したのは、会場にあった『角の煙草屋までの旅』だ。祇園 Sferaギャラリー 伊丹豪展、アートスペースMEISEI 川中政宏さん「catalog」展、木屋町 FORUMKYOTO ショーン・ロットマン展… pic.twitter.com/HqFSZxIzZM

posted at 09:37:20

4月30日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

京都市学校歴史博「京都画壇の明治」(京国近美「明治150年」展に迫る前期に96点かつ3期に分け展示替えと。鈴木百年・松年とか久保田米僊が複数出展) ギャラリー崇仁 河野愛「in the nursery」、清水五条登り窯でラクア/山田学「光、解き放たれ。」、草本光枝「YUKEMURI」とカルロス・ゴンザレス。 pic.twitter.com/s6AuL8uwro

posted at 09:15:46

4月30日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

藤井大丸裏でステファン・シェイムズ「Power to the People」河原町四条のGALLERYGALLERYで「PHO-TEX」テキスタイルを扱う作家のグループ展(賀門利誓+むらたちひろ+室田いずみ+吉本直子)マツオメグミ+ヴォィスギャラリーでマリア・ゲルベロフ「ブエノスアイレス2001」と西村勇人のカップリング。 pic.twitter.com/hIYXe2I4zI

posted at 08:50:21

4月30日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

備忘。KYOTOGRAPHIE烏丸三条周り。嶋臺のフランク・ホーヴァット、文博別館のジャン=ポール・グード、誉田屋源兵衛の深瀬昌久とロミュアル・ハズメ、烏丸御池ギャラリーの森田具海と小野規、NTTギャラリーのクロード・ディティヴォン。丸太町京都新聞地階のローレン・グリーンフィールドなど… pic.twitter.com/ToL16AUc6Q

posted at 08:35:29

2018年04月28日(土)1 tweetsource

2018年04月27日(金)1 tweetsource

4月27日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

兵庫県美「10年ひとむかしと人は言う」で見た、伊藤清永「室内」(1948)敗戦後間もなく、おどろおどろしい肉体の画に皆が流れたヤミ市の時代精神から遠く、立って眺めた視線より更に少し高い視点から描いた室内の優雅な服装は現実逃避的な光景なのかも知れぬが、日展特選。この美術館で私の好きな画。 pic.twitter.com/ZRoRGM2E4c

posted at 16:07:02

2018年04月26日(木)6 tweetssource

4月26日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

美術館まで雑音溢れる中を来て、監視員の半日の給料分の懐さえ痛めずに、子供の声に眉を顰める我々は。老い先短い我々の趣味が予定調和的に充足されることなど、もし子供が初めてボナールを見てあげた歓喜の声を聞けたなら唯一無二の語り草だろうに。それはそれとして、私も鑑賞中にぶつぶつ言いたい。

posted at 23:08:17

4月26日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

いえ特定の難癖つけるのでなく「複製技術時代の芸術作品」の映画館が酔頭によぎったまで。菊畑茂久馬『奴隷系図」(61)に10円玉を投げ入れ、「洗濯バサミの攪拌行動」(63)にはポケットの目玉クリップを挟む(たぶん捕まる)のが、初見者の驚きの表明だったら?と、ふと。(駅に着くので終わります)

posted at 22:56:50

4月26日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

…牧神、ハルサイ初演を野次り殺した国だ。在廊作家への否定的意見はオブラートを探して表明すべきだろうが、学芸員の手腕に出口アンケートで態度表明するしかないとは趣味の形成という意味で国民的損失ではないか。そう、私はギャラリーに「いいね」ボタンが欲しい。もしくは舌打ちぐらい赦してくれ。

posted at 22:37:15

4月26日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

指定管理者または低賃金の人材派遣によって運営される(と思うんだが)美術館には、静寂の維持というマニュアル(または固定観念)があると想定する。錦鯉が音に寄ってくるように注意に来る。だがアートは静かに有り難く見よと誰が決めたのか?本邦の美術館はフランスのサロン展に範を得たと思うが…

posted at 22:33:01

4月26日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

先程の署名欄の答え合わせ。
元永定正「タピエ氏」『1968)
田中敦子「作品」(1968)と、津高和一「雷神」(1958)でした。
1958年つながりで、渡辺一郎(1912〜'88)の「架線」(1958)この絵は初見 。渡辺は'37〜39年に滞仏し、戦後 国画会) pic.twitter.com/EtjAPIdZgq

posted at 13:32:21

4月26日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

兵庫県美「10年ひと昔と人は言う」
過去100年を10年ごとに遡り、コレクションを新しい視点で編成。2008年はヤノベケンジと大岩オスカール…50年前の1968年(デュシャンの没年)には具体が活発に発表(所蔵品も多い)おしまいの1918年はエゴンシーレ スペイン風邪に死す(所蔵はリトグラフのみながら) pic.twitter.com/BpSgKrpzRm

posted at 12:19:15

2018年04月25日(水)1 tweetsource

4月25日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

@watarium 仕事帰りに早速、設営光景を拝見しにグランフロント大阪に行く。鼻から水を噴出している緑の熊!あ、この前北加賀屋MASKで拝見したサン・チャイルドだ!ヤノベ!ヤノベ!と盛り上がります。展示は屋外だけではないのです。タダだし。明日から5/13まで。 pic.twitter.com/RcrgKqOjG6

posted at 20:29:45

2018年04月23日(月)6 tweetssource

4月23日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

NHKの「笑う洋楽園」に1985年の教育テレビ「You」の映像。みうらじゅん。糸井重里、戸川純と、中沢新一? 土曜の裏番組にはオールナイトフジやら性感マッサージ、ティッシュタイム等、猥雑だったなあ。もっさりした4人の服のシルエットと質感が堪らん素敵。このテイストはリヴァイヴァルしなかろうが… pic.twitter.com/7e25UQhtCm

posted at 23:30:45

4月23日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

備忘。肥後橋 Yoshimi Arts「drawing/collage」展、サードギャラリーAYA 稲垣智子さん「デカルコマニー」、
SAIギャラリー 大森裕美子さん「blur blue」、住吉大社 EDANEと星ヶ丘洋裁学校の狩野岳朗さん「Look into」展、KYOTOGRAPHIEの宮崎いず美、リウ・ボーリン、元淳風小学校会場を拝見しました pic.twitter.com/B0x9Tdz7Mf

posted at 14:13:22

4月23日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

S.ナハマノヴィッチ『フリープレイ』(フィルムアート社)まずインプロヴィゼーションの本だが、ベイトソンに近い著者は内発的な生のエネルギーをいかに発現・解放するかの心構えを説いて、出勤読書に精神衛生上、有用だった(お勧め)「正しい判断は経験に基づく。経験とは誤った判断に基づく」とか

posted at 09:36:23

4月23日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

論を進める久保田氏は1960年、畠中氏は"68年生。3月に出た本へのAmazonのレヴューは1本きり、☆1つ「さして精通していると見受けられぬ著者たちの凡庸な一般論」と手厳しい(非デジタルネイティブには示唆的な年代論だったが)実作への言及を封印した辺りは隔靴掻痒ではあった
www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%8

posted at 01:45:07

4月23日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

久保田晃弘+畠中実『メディア・アート原論』(フィルムアート社)読む。メディア・アートの役割機能とは新しいメディアに想定外の使用法を付加すること。ポストインターネットとはアニミズム+唯物論でその範例はプログラムコードの即物的な自己言及性。以上20世紀に成人した一門外漢による要約ですが pic.twitter.com/62VtayjTWm

posted at 01:24:33

2018年04月22日(日)5 tweetssource

4月22日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

備忘。1900年8月4日生まれの田島ナビさんが2018年4月21日7時58分に鹿児島県でご逝去。昨年9月のジャマイカの女性の没後、世界最高齢になったとされる。田島さんは喜界島生まれ。ひ孫、玄孫、来孫もおられた。これで19世紀の世界を見た眼の持ち主は全て物故者となった(ボルヘスにありそうな言い回し) pic.twitter.com/kkjuCKjRga

posted at 22:38:26

4月22日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

この場所は24時間見に行ける上(夜は真っ暗だとおもうけども、)非常に多く観光客が集まる(平安神宮から少しだけ寄り道は必要だ。京都市動物園の隣、)ワールドワイドな発信地だと言える。

これはコピートラベラーズ。
仮囲いの平板な白色の板を奥行きのある部屋の光景へとずらしていて大変楽しい。 pic.twitter.com/ZctpSRN96i

posted at 09:45:41

4月22日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

改修中の京都市美術館の仮囲いが「私の京都市美術館」ワークショップ関連展示になっている。平面、写真の作品の公共的な展示場所、方式として、こういう試みが拡がると楽しい。
これは岡本光博さん。 pic.twitter.com/IZcsoNHdGi

posted at 09:38:55

2018年04月21日(土)6 tweetssource

4月21日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

昨夜、にし往きの帰宅路の上に三日月を見た。この冬は寒く、新しい仕事に潰れ、月に気付いたのは何時ぶりだろう。特別な月を記録しようと、月を追い回し、あたかも愚者が月を指差す指を見るごとく果たさず。いま相国寺境内で蛙の音を聴きながら、また獲るが、やはり月とはスマホでなく心で見るものだ。 pic.twitter.com/yI6tkPFFct

posted at 19:14:37

4月21日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

吉原治良の1930年代前半の具象画は(出展の限り)室内に魚と朝顔、背景に芦屋辺りの海と空(V字の鳥が飛んでいる。)空の色は海老原ブルーにやや似た吉原ブルーで今日の神戸の空にそっくり。画面構成は均一な空間が乱れた超現実主義に近づくと見えて、風景裡に幾何学形をダブらせる画が出てくると思う pic.twitter.com/XeQLFXJG1f

posted at 17:05:24

4月21日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

震災前、阪急王子公園の旧兵庫県立(近代)美には小磯良平と具体美術協会の展示室(寄贈されて出来た山村コレクション室か)があり、関西に世界級の美術運動があったことを東男の私に刻んだ。展示室はガラガラで監視員もおらず、白髪一雄のマチエールに触れるのも自由空間だった覚えあり。それも回顧。 pic.twitter.com/EqN3t3W9N0

posted at 16:32:04

4月21日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

小磯良平(1903〜88)は藤島武二に師事し'26「T嬢の肖像」で帝展特選、'28渡仏(『詩と詩論』の詩人、ご学友の竹中直人と)『娘子関を往く』など戦争画は30代。戦後、東京藝大教授。ヴェネツィア派の筆致が抜群の肖像画注文製作に飽き足らず、壁画或いはビュッフェ調の線に流れた'50代の作を実見できる pic.twitter.com/NE5fTZvc42

posted at 16:29:08

4月21日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

兵庫県美「小磯良平と吉原治良」展。160点強は圧巻。吉原(1905〜72)は、魚と朝顔の静物画家(今日の神戸の空の背景には鳥が飛んでる)で出発、'30年代後半に抽象に移行するが、その過程がこんなに並んだの初めて見た。展示順は風景の主題(写真は
33-34)を媒介に、抽象思考に至ったと示唆するか。 pic.twitter.com/H6rnas3aGw

posted at 14:15:24

4月21日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

兵庫県美向かいの神戸市立渚中学校は、割れたバケツに雑草が茂ったようなエントランスが非凡で、こんな母校なら殺風景な湾岸高層建築に育つとて償われると思う。安藤忠雄の美術館にも植物が幾らか生い茂り、コンクリートの建築が地域に溶け込むよい過程にある。建築家も溶けて隅の銘板に名を留むのだ。 pic.twitter.com/joV4fOaUoH

posted at 10:48:19

2018年04月19日(木)1 tweetsource

4月19日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

トリンプの中吊り。すきっ歯の前歯は胸の谷間と相似。あっけらかんとしたモデルの表情は、話題がちなオヤジの性的視線から逃れていて、悪くない中吊り(写真はリンク先に。)すきっ歯のチャームポイントといえば往年のモデル出身の女優ローレン・ハットン(写真はアヴェドン)
twitter.com/kkkana_chan/st pic.twitter.com/nUt56uDVY0

posted at 13:31:51

2018年04月18日(水)3 tweetssource

4月18日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

久保田晃弘+畠中実『メディアアート原論』フィルムアート社。畠「今は現代美術のアナロジーで話を進めていて、それが必ずしもいい訳ではないのですが〔混在を受け入れつつ〕統べる整理をしたい」久「個々の作品の優劣の批評でなく作品に通底する共通の軸や考え方は何かを提示して『原論』を示したい」

posted at 22:10:31

4月18日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

この池袋パルコのロッカー、自社サイト商品の受取だけだし、つい見過ごしかけたが、松岡真宏+山手剛人『宅配がなくなる日 同時性解消の社会論』とかで語る「利用者利便性+小売の駅前過剰設備の有効活用=労働力不足解消」の方向に繋がる試みか
twitter.com/seshiapple/sta
www.fashionsnap.com/article/2018-0

posted at 21:40:45

4月18日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

この池袋パルコのロッカー、自社サイト商品の受取だけだし、つい見過ごしかけたが、松岡真宏+山手剛人『宅配がなくなる日 同時性解消の社会論』とかで言ってた「利用者利便性+小売の駅前過剰設備の有効活用=労働力不足解消」の方向に繋がる試みか
twitter.com/seshiapple/sta
www.fashionsnap.com/article/2018-0

posted at 21:40:19

2018年04月17日(火)3 tweetssource

4月17日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

先日、心斎橋のTezukayamaギャラリーで桑原盛行(b.'42)展を見て、大作揃いに圧倒されたばかりだが、京国近美には菅野聖子('33〜88)の小特集が('64〜72、具体美術協会に参加)の小特集もある。ご親族の寄贈あったと。オップアートの動く線描。
color-museum.jp/artist/335
www.artcourtgallery.com/artists/kanno/ pic.twitter.com/V4sB6jvdM9

posted at 08:25:18

4月17日

@ugasu

だいもんすけきよ@ugasu

烏丸御池PARC 澤田華さん「見えないボールの跳ねる音」拝見。聖職者の扮装をしたR.ワトキンソンが白い円盤(聖体のようにも)を摘む画像に発する、過剰な参照群の網はハイパーリンク概念が現実化した2000年代のネットサーフィン(死語)を10年代末のホワイトキューブで展開する一抹の懐かしさあり。 pic.twitter.com/h2bC5UonpL

posted at 08:06:46

このページの先頭へ