情報更新

last update 01/29 18:50

ツイート検索

 

@ugtk
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

Stats Twitter歴
3,857日(2009/07/09より)
ツイート数
61,767(16.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年01月29日(水)3 tweetssource

11時間前

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

>グロ注意(モザイク処理有)。現在封鎖されたサイト公開時、その方面のファンも話題にしてなかったんで気が引けて。思い出したのでボソっと。関西出身とは言え獄中にいたのでNMB48のステージ見てないと思うが。秋元康が嫌われ者の愛らしさを転位して書いた詞が、このビジュアルで木っ端微塵に。 pic.twitter.com/BxnxLyY4Ef

posted at 12:44:52

21時間前

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

霊長類最強ディレイと言われるUVI「Relayer」で先日のバウンスボールエフェクトを再現してみた。たまたまKontaktのフリー素材にピンポン玉の音があったので。ワープ機能で時間をねじ曲げる。重力ディレイの逆が浮力ディレイ。マルチタップが末尾の音がラウドになるので音量でダンプする必要がある。 pic.twitter.com/oIrYs9GYrH

posted at 01:56:40

2020年01月28日(火)3 tweetssource

1月28日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

「Ableton Live」のオーディオ側のエフェクターのノブを制御できるステップシーケンサーを探してたが、商用フリーとも見つからず。LFO、EG方式がほとんど。別目的で同じ日、M4L「Dirty Tricks」を購入したらなんと入ってた! バンドルにとっては制御用のオマケだろうがパラメーター構成も希望のまま。 pic.twitter.com/EXghUHIUa5

posted at 16:14:23

1月28日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

@Akihik0MA うわ。有り難うございます。身に余る光栄。あれから20年経って、今続きの本を書いています。出版事情が厳しい折り、これが最後の単著になる覚悟で。サンプリング以降→プラグインの魑魅魍魎な歴史は、一筋縄ではいかないですね(泣)。

posted at 00:19:22

2020年01月27日(月)9 tweetssource

1月27日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

「Ableton Live」は音の変化においてスペクトルの動作を意識するものが多く。倍音加算合成は最初に発見されたシンセの究極。音が基音+複数の倍音でできてること周知だろうが記譜できるのは基音のみ。倍音が基音を音量で超えると音階が認識できなくなる。記譜のみを根拠に音楽とは何かは語れないよね。

posted at 20:19:59

1月27日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

裕木奈江さんのことをなんとなく思い出した。もちろん彼女が不倫してたわけじゃないが、叩く側は正直不倫してようがしてまいが関係ないんで。被害当事者でない者たちが、気に入らないものをポリコレ棒で叩く。世の中が気に入らない。自分の不幸は政治のせいでデモは物見遊山で出かけるが努力はしない。 twitter.com/YahooNewsTopic

posted at 20:02:11

1月27日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

@Akihik0MA わー光栄です。素晴らしい発明品に唸っています。MAX/MSP初期に挫折して「Ableton Live」は4で音楽離れた者ですが、10年ぶりぐらいに創作環境復活してここまでできるようになったとは。デバイス開発と作曲を同次元で行える松本さんのようなスタンスには多大な期待を持っています。楽しみにしてます。

posted at 19:44:06

1月27日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

「Ableton Libe」のM4Lにこういうのもあった。ケヴィン・シールズが使ってるヤマハ「SPX-90」のリバースゲートを再現したエミュ「SHOEGAZER REVERSE GATE」。マイブラのカヴァーやってる人は実機持ってるとも思うけど、年代モノなのでガリがあってなあ。映像見るとおお雰囲気。gumroad.com/l/suar

posted at 16:49:31

1月27日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

「Ableton Live」のエフェクトトラックのパラメーターをステップシーケンサーで制御できない件。ググったらyosiさんが「CCStepper」を紹介されてた。付点、三連にも対応してる。「Turnado」を制御してるのがツボ。VST FXで読み込んで使えるのかと逡巡してたらWinのみだった。chilloutwithbeats.com/ccstepper-expl

posted at 15:20:23

1月27日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

youtu.be/Tvc4i3fuGu4>懐かし。直枝さんゲストで一昨年ロフトでやった拙著『エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン』イベント用の告知映像。このときは東洋メディアリンクスの旧フロアを撮影してドキュメンタリーも流した。執筆終了後、けっこう音源処分したけどエレベーター音楽最高だわ。

posted at 06:22:33

1月27日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

3バンドスタッター「ISO STUTTER」をシーケンサーで駆動させるの図。意外なことに「Ableton Live」はオーディオに挿したエフェクトをステップシーケンサーで操作する方法が乏しい。フリーでやっと「Map Sequencer」というのを見つけた。製品版もほどんどないのなんでだ。youtu.be/Gbmwb_VdnPg

posted at 06:06:09

2020年01月26日(日)6 tweetssource

1月26日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

マルチバンドでスタッティングするとどうなるのか? 好奇心から「ISO Stutter」のテスト映像作ってみた。カオス。さや姉に申し訳ない気持ちでいっぱい。オフセット調整してバッファを適度に入れ替えるのがポイント。youtu.be/GFcXiS8qOAI

posted at 16:51:21

1月26日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

シンセ、エフェクト装置群、しかもモジュラーをいじっている瞬間の精神状態は平常時と違って。スペクトルを凝視する作業は神懸かりに近く、楽器や演奏すら他愛ないことと思える。作業中にCDまったく聴けなくなるのはそれ。普段大人しい人が車運転してるときだけ横柄になるみたいな。少し口汚くなるw

posted at 16:21:48

1月26日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

音楽家でMAXのプログラマーでもある松本昭彦氏のM4Lプラグインを購入。シンプルにしてオモロ。「ISO STUTTER」は3バンドスプリットのスタッター。エンベロープ変調器などで、バッファ入れ替えしながらクオンタイズを切り替える。「FREQ MODULATOR」はオーディオの出力に挿して使うFM変調モジュール。 pic.twitter.com/p2T7ztmHsI

posted at 06:53:07

1月26日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

たしかホンジャマカは劇団が最初で、残った2人がお笑いに転向したんじゃなかったか。その話出ると思った。

posted at 04:15:42

1月26日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

先日紹介したバウンスボールディレイはMIDIエフェクトだったが、どうせならオーディオ版欲しいなと探したところ意外に手薄。AUの「Dispersion」、松本昭彦さんのM4L「M4L Bouncing Delay」ぐらいでVST版は見つからない。ひょっとしてと思ったら、ディレイ界最強「Relayer」のテンプレートに入ってたw pic.twitter.com/4o510aavXj

posted at 03:55:07

2020年01月25日(土)16 tweetssource

1月25日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

あちゃー。Twitterにアップロードする際、高周波ごっそりフィルタかけるんやな。音がまったく動いてない。がっくし。

posted at 22:10:12

1月25日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

「Freak-Q」の挙動でサンプル映像作ってみた。オスカー・フィッシンガーのアニメーションみたいな動作見て、ひょっとしてMelda「MFilter」でもできるかなと。「未来のシンセ音響」を辿っていくと過去に戻って倍音加算からやり直したほうが近道。フーリエ変換器が気軽に持てることの感動を噛みしめる。 pic.twitter.com/jlqqGAy991

posted at 22:05:44

1月25日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

これも公式で売ってないM4L「Freal-Q」の自家製マニュアルを作る。22ポンドで手に入る未来のワープ音響。2048バンドのサイン波にフーリエ変換するスペクトルイコライザーがベース。4OPの掛け合わせでFM音源風に変調する。櫛形フィルターを静的に使っても十分未来ちっくだが、変調の度合いがド変態。 pic.twitter.com/sRPK3isS4i

posted at 22:04:51

1月25日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

SR新澤菜央かと思って開いたら吉本坂の藤井菜央だったw アイコン似てるんで間違えた。達者なトーク聞いて芸人かと思ったが、吉本系所属だけど歌手なんやな。

posted at 20:12:19

1月25日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

一個あたり10ユーロで買ったMIDIプラグイン「ConChord」自家製マニュアル作る。いわゆるDAWオンループシーケンサー。タンジェリン『フェードラ』見たいなライヴ向き。変拍子や命令系統、MIDIコントローラー対応の高機能はさすがM4L。昔ステインが出してたミニフェアライト「X Phraze」思い出した。 pic.twitter.com/28vyanFMFQ

posted at 18:08:54

1月25日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

音楽関係の作業はもっぱらファミレスでやること多く、バッテリーは36000mAhのを常に2個持ち歩いてる(重いのは割と平気)。DAWを「Cubase」→「Ableton Live」に移行して気づいたのだが、「Live」はおそろしく電力消費が速いのだな。ふむむ。

posted at 17:25:02

1月25日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

本当にあの金髪豚の所作は胸くそ悪い。中立と言って結局、多勢による小数へのリンチをけしかけて、常に勝利の側に立ってると思わせてるだけ。文章力がないライターほど惨めな存在はないと思うが。電波芸者の知名度で仕事もらえるが、所詮古書ハンター。自分の意見などなく過去の文献をなぞってるだけ。

posted at 16:37:24

1月25日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

オタクとサブカルは言い換えに過ぎない同族と思っていたぐらいで、『ユリイカ』で初めて対立する族だと認識。つっても一方的な同族嫌悪だと思うが。このとき両者の間に立って喧嘩を煽った連中がいて。一件中立を装ってるから余計タチ悪い。TBSラジオなんか聴いてると、物わかりのよい奴には警戒する。

posted at 16:33:59

1月25日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

ザッパ『ホットラッツ』箱がやっと出荷案内が。フローちょっとわかった。amazonは正価の半額近くで予約受け付けるが、自分が気づいて注文するぐらいだと初回分に間に合わず大抵が補充分に。発売日後のamazon価格が売り切った後入ったのを回すみたい。キャンセルしろとしつこく言ってくるけど諦めないw

posted at 15:03:39

1月25日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

昨晩の『NMB48とまなぶくん』危険生物の回をTVerで見てる。面白過ぎる。なぜ関東の地上波でやらないのか。

posted at 11:45:16

1月25日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

「Harvest」の自家製マニュアルいくつかミスあったんで修正しておく。やっぱマニュアルないの使い辛い。英語の説明も解釈不明な箇所多く。主に「Probability」に関連する設定。アルペジエーターのように見えるが間違い。実態は「MIDI Madness」のようなフレーズ生成で、そのアルゴリズムを組むもの。 pic.twitter.com/wNlnX7AFrZ

posted at 10:46:06

1月25日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

90年代サブカルの中にもゴンゾジャーナリズムの無頼に憧れるもやしっ子文化があって。プロレス好き=強い者への憧れという精神的ひ弱さ。そういうのが安きに流れてアイドル評論家になるんだよ。だいたい大衆向けの芸能ゴシップがサブカルって何だw 禁欲だった世界に子供の欲望をてらいなく持ち込む。

posted at 09:45:08

2020年01月24日(金)16 tweetssource

1月24日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

VSTBuzzで19ユーロで入手した「Harvest」自家製マニュアル作る。コード/スケールを決定して、鍵盤で弾いたパターンを、パラメーターで調整してランダムに変異させるアルペジエーター。例によって英文マニュアルはなく映像は謎の挙動だらけ。理解するのに骨折れた。面白いけど普通の人わからんぞこれ。 pic.twitter.com/9pAXYVYgv9

posted at 22:35:58

1月24日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

『AERA』がリニューアルして『SPA!』を意識した雑誌になった時期が。女性編集者が多いのか半径5mしか興味ない彼女らは同誌を女性向けに作り替えた。現代ニッポンを憂うテーマの特集を組むとき、だいたい1人しか取材せずに取材者の思惑でまとめる傾向あるのを、AERAスタイルと言ってバカにしていた。

posted at 15:02:08

1月24日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

そう言えばミシェル・マーニュのリジェクトされた『バーバレラ』のサントラが、10年ぐらい前にしれっとアーカイヴCD化されてたが、その後の展開を知ってか知らずか、ボブ・クリュー・ジェネレーションみたいなギターサウンドを導入してて驚いたのを思い出した。『2001年』のノース版もかなり好き。

posted at 14:42:26

1月24日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

98年とインターネット導入が遅れた理由はパソコン通信で足りてたから。ネットコンテンツにもアクセスできたし。2者はしばらく並行して存在していた。Niftyがプロバイダに鞍替えしたとき「会員数国内最大」と謳ってたのはその資産。知人の夫妻はパソ通/ネットに分かれたのがきっかけで離婚したそう。

posted at 13:39:12

1月24日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

熱病にうなされるようにネット徘徊してこれ見つけてしまった>www.youtube.com/watch?v=e8vHba M4LのMIDI FXモジュラー。演奏情報とパラメーターを変調器、アッテネーターで制御する。うう重力ディレイを自作したいという欲望に逆らえぬ。一応オーディオを扱えるモジュールもあってスタッターも自作できる!

posted at 13:11:01

1月24日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

@nemosynth 有り難うございます。モジュラーやアカデミアの世界では有名ですもんね。シンクラならスタンフォード大学系か。

posted at 13:04:45

1月24日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

90年代サブカルのついでに言えば、年末の紅白の欅の平手見て、熱狂するのとドン引きするのの2手に分かれた。今さらコレかよと。また精神の時代に戻ってオウム真理教が流行るのか。でも産業を潤してるのはラッセンの絵画買ったりベリンガーの限定クローン機買ってる彼らだから。とイヤミを言ってみる。

posted at 13:03:22

1月24日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

最新若者用語の「ガンダ」はガンダッシュの略。ゴダイゴとかガンダムとか尋ね返すのはダサイんだそう。縮めるのがまた流行ってて、「マ」は「マジ?」の略(「り」は了解)。「ジャイアントロボかと思った」とかいう昭和ギャグはそろそろ通じないのでお控えを。

posted at 12:53:35

1月24日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

一応自分用に作ったクイックリファレンスがあるので上げておく。重力ディレイが3つセットになって7ポンドの「Gravity Pack」には、逆の動きをする浮力ディレイも入ってる。 pic.twitter.com/hjPq4SGYMf

posted at 04:32:09

1月24日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

「Max for Live」のMIDIカテゴリにある、アーティキュレーション系のプラグインを習得。オモロ。こういう指数曲線的に時間変化するディレイがいくつかあって、ピンポン玉効果が簡単に作れる。「バウンスボールディレイ」と言うんだそう。言うんだそうと言ってもIRCAM周辺意外では見たこともないけどw pic.twitter.com/IqEc3IAWSE

posted at 04:27:00

1月24日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

@tokyozawinul 私も最近復活したばかりでして。昔の「Ableton Live」は「Acid」みたいな印象でしたが、Max/Mspがバックエンドで動くようになり、グリッチマシーンのように変貌してました。ユークリッドリズム(ポリリズム)のFreeプラグインも多くて、興奮しています。maxforlive.com/index.php

posted at 04:02:04

1月24日

@ugtk

Yuji TANAKA@ugtk

アイドルやプロレスや芸能ゴシップをサブカルと言い出したTBSラジオ文化人もサブイ。

posted at 03:34:04

このページの先頭へ