情報更新

last update 08/15 17:31

ツイート検索

 

@videobird
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@videobird

TORI MIKI/とり・みき@videobird

Stats Twitter歴
1,487日(2018/07/22より)
ツイート数
10,238(6.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年08月15日(月)13 tweetssource

10時間前

@ogugeo

Oguchi T/小口 高@ogugeo

アイスランド南西部のファグラダルスフィヤル火山が昨年噴火した際に、火口の様子を直上からドローンで撮影した動画。最初は灰色でブロック状に分割されやすい溶岩が卓越しているが、次第にオレンジ色の流動性が高い溶岩に移行していく映像がダイナミック。 via @BSteinbekk pic.twitter.com/w9CqQ0IsS3

Retweeted by TORI MIKI/とり・みき

retweeted at 15:27:11

23時間前

@videobird

TORI MIKI/とり・みき@videobird

8月になったのでNHKが過去の戦争特集番組を深夜に流すようになった。今はもう(物故されていたり年齢的に)取れない体験者の証言が多く記録されているし、当時の制作者の気骨も感じられる。つらい話も多いが繰り返し放映されていってほしい。

Retweeted by TORI MIKI/とり・みき

retweeted at 02:45:00

23時間前

@videobird

TORI MIKI/とり・みき@videobird

棚を整理してて思うのはつくづく最初のDVDソフトのトールケースは大きさ設定を間違えたなということである。ビデオ棚からの移行を考えたのだろうけど場所ばかり取ってパッケージの中身はスカスカの商品多すぎ。

posted at 01:59:43

8月15日

@videobird

TORI MIKI/とり・みき@videobird

@wbsTERAZO お買い上げありがとうございます。ちなみに私は卒業しておりませんので、達郎さん・たけしさんの「明大中退/除籍枠」に食い込めるよう(どう考えても無理だが)精進します。

posted at 01:03:36

2022年08月14日(日)21 tweetssource

8月14日

@videobird

TORI MIKI/とり・みき@videobird

一時期テレビの仕事もしていたのでその時にお世話になった方、同郷の方(見当はつきますね)、拙作を以前から読んでいただいていたSF寄りの方など、繋がりのある放送作家さんは何人かいるのだが、中には『るんカン』時代の投稿企画に応募歴があり、その後放送作家になった方もおられるのだった。

posted at 01:33:16

8月14日

@videobird

TORI MIKI/とり・みき@videobird

子供の頃から「どんな人が作っているのか」に興味がいくほうだったので当然外画番組は吹替スタッフのクレジットまで注視していた。ビデオ録画時代もラベルにはその番組の(出演者は書かなくとも)プロデューサー、ディレクター、放送作家、制作プロダクション名は書き記すようにしていた。

posted at 00:48:17

8月14日

@videobird

TORI MIKI/とり・みき@videobird

放送作家といえば星新一ショートショートコンテスト入賞歴のある藤井青銅さんの『愛と青春のサンバイマン』のカバーを描かせてもらったことがあります。新書版と文庫版。

伊集院光、オードリーらラジオスターの生みの親! レジェンド放送作家の多様性を愛する人生哲学
wpb.shueisha.co.jp/news/entertain pic.twitter.com/q84AKWI3Iy

posted at 00:34:45

2022年08月13日(土)32 tweetssource

8月13日

@geeen80

Watabe Gen 渡部幻@geeen80

ネットにマイナスを感じることは珍しくないが、本を注文する際の意識として、新刊と古本に差を感じないのはある意味で面白い。古雑誌も最新号もポストに届く点では同じ。無論、本という文化の実感が希薄になったし、ほしい本を特定するための知識や情報、あるいは検索の技術を求められる厳しさはある。

Retweeted by TORI MIKI/とり・みき

retweeted at 23:12:31

8月13日

@videobird

TORI MIKI/とり・みき@videobird

とり・みきはネタが古いとよく言われますが、必ずしもこの歳になって古くなってしまったわけではなく、デビュー当時(20代前半)で描いてる時点で既に通じないくらい古かったのです。

posted at 20:44:09

8月13日

@nwashy

鷲谷憲樹@nwashy

思ったんだけど THE NAKED GUN ってツッコミなしのボケまくりでなおかつ既存の刑事ドラマや刑事映画のパロディなので、教養がないとおもしろがれない。今見ておもしろがれる人って少なそう。

Retweeted by TORI MIKI/とり・みき

retweeted at 03:44:12

8月13日

@videobird

TORI MIKI/とり・みき@videobird

@kumisaori 僕もブラジル音楽ほどにはファドに明るくないのです。国民的大歌手としてはアマリア・ロドリゲスがいますけれども音源が古かったりするので、現役では(いしいさんもご覧になったことがあるという)Marizaとか如何でしょうか。

posted at 02:41:36

8月13日

@gelcyz

松崎貴之@gelcyz

シンプルに「これを作っていたのが蟹工船か…!」「缶ジュースを飲むのもひと苦労だ…」「これでゴキブリを仕留める自信はない…」「なんたるバブル感…」ととにかく楽しいのも容器というものが日常生活に根ざしていればこそ。私だと“ビール容器戦争時代”あたりからは自分の記憶とつながってくる。3/n pic.twitter.com/7GqUB3fVyI

Retweeted by TORI MIKI/とり・みき

retweeted at 01:54:58

8月13日

@gelcyz

松崎貴之@gelcyz

容器とはまさに「文化」そのものである。缶からびんにペットボトルに紙パックにレトルトパウチにと、東洋製罐運営の #容器文化ミュージアム には実にさまざまな容器がどんな背景と期待と技術を持って登場したかが紹介されている。戦地に缶詰でおせちを送っていたとは知らなかった。ボンシチュー! 1/n pic.twitter.com/093SfhbqbP

Retweeted by TORI MIKI/とり・みき

retweeted at 01:54:54

このページの先頭へ