情報更新

last update 10/05 12:27

ツイート検索

 

@viewfromnowhere
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
TwitterサークルのツイートはTwilogに記録・表示されます。詳しくはこちらをご覧ください

Twilog

 

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

  • 210フォロー
  • 353フォロワー
  • 22リスト
Stats Twitter歴
5,227日(2008/06/14より)
ツイート数
12,692(2.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年10月05日(水)1 tweetsource

2022年10月02日(日)2 tweetssource

10月2日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

こばやし「最後通牒ゲームの謎」お みてたら、「最後通牒ゲームの実験でも、受ける人のBさんがイエスというかノーというかで、Aさんの取り分は異なります。つまり一種の「ギャンブル」のようなものであり、「賭博(とばく)罪」にあたる可能性があるとして、東大ではできなかったそうです」(35ペ)と

posted at 09:06:03

2022年09月30日(金)3 tweetssource

9月30日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「マックス・ウェバー」序文、「焚書となってこと」22ペ、「すななち」23ペ、「プロセスよって」66ペ、「『全訳漢字解』」68ペ、「といいう」102ペ、「認識ていない」168ペ、「残存してした」171ペ、「発っせられて」171ペ、などが きずいた こーせーもれっぽいの。

posted at 00:19:29

9月30日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「筆者は形声文字は自然発生的ではなく、公的な官衙によって制定されたものと想定している。なぜならば、それは膨大ともいえる形声文字の煩雑さを体系的に解消しようと図ったのが「陰符」・「陽符」・「中正」の三区分と捉えられるからである」(おざわ「科斗文字の謎を解く」133ペ)。

posted at 00:16:52

2022年09月29日(木)1 tweetsource

2022年09月28日(水)5 tweetssource

9月28日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「坂元義種氏は次のように説いておられる。中国唐代の学者裴駰が著した『史記集解』や司馬貞の『史記索隠』により、「俀」と「倭」はともに「ニ」と発音し、両字が同じ音であることから「俀」字が使用されたのではないかと」( rr2.hanawashobo.co.jp/products/978-4 14ペ)。「唐代」わ 「司馬貞」の ほーだろー。

posted at 21:17:42

2022年09月27日(火)5 tweetssource

9月27日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「円仁は五台山にいたインド僧から、古代インドのサンスクリット語を習得しました。現在、卒塔婆にかかれる梵字は円仁がもってきたのです」(29ペ)。んー。

posted at 08:37:02

2022年09月24日(土)1 tweetsource

2022年09月22日(木)4 tweetssource

9月22日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

もともと げんよしわ かどかわしょてんでわ なくて、あすかしょてんに したかったけど できず、それお のちに はるきが あすかしんしゃの めーめーの ときに つかったのだと むかし なにかで みたよーな おぼえが あるけど、なんだったか わすれた。

posted at 23:52:56

2022年09月19日(月)1 tweetsource

9月19日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「竹内理三氏は、古文書の書写に脇目もふらなかった。左の文書の文字を右の原稿用紙に写すという単純な仕事を一日中つづけた。眼だけがたえず左右に動くので、何か鳩時計を見るような気がした」と たにがわ・けんいちが かいているそーだ。

posted at 14:07:22

2022年09月17日(土)8 tweetssource

9月17日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「定子の三歳年上の兄である伊周は漢詩文の素養に長け、(……)自分でも漢詩を作っては自慢げに披露したりする才能の持ち主だった(『本朝文粋』)」(やまもと「枕草子のたくらみ」8ペ)。本朝麗藻でわ。

posted at 11:29:34

9月17日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

基礎を欠いた知的その日暮らしの挙げ句、破滅的で無頼で一貫性を欠く知的態度をとり、満たされずに当たり散らしたり自暴自棄になり、結局流されて付和雷同し、権力にへつらう。社会全体として、基本を押さえる暇もなく消化不良のまま知識を追いかけ、中では互いに競争し、選別し脱落させ、

posted at 10:20:20

9月17日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

この文章全体がすねるような屈折した反発と突然現われる強勢によって特徴付けられる。(……)如何なる意味でも批判とか反証とかではなく、全て情緒的なレヴェルの表出である。鬱屈した不満が充満している。考えてみると、これは少なくとも初期近代以降の日本に特徴的に現われる波長である。

posted at 10:20:19

9月17日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「テクストを正確に把握するという基礎訓練の欠如(だから個々のフレーズを切り取ってはそれを繋いでいき、脈絡、まして他で何が言われているか、など考慮しえない)故に、空転し混乱していく。畢竟、基本を構成している知的伝統を押さえていないからである。(……)

posted at 10:20:19

9月17日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「羽仁(五郎)が戦前弾圧を受けたとき黒板(勝美)は支援を惜しみませんでしたが、戦後貴族院議員となった羽仁が各官庁から文書資料を召し上げて国政への国民の批判の拠点にしようとした国立国会図書館構想は、羽仁のオリジナルな着想と考えられがちですけれども、師である黒板の思想の現実化である

posted at 08:24:51

2022年09月15日(木)4 tweetssource

9月15日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

さとー「若冲の世紀」お みていたら、「このあたりの事情を察していたらしい服部南郭は、結句を訳して」(224ペ)と 唐詩選国字解お ひーてたけど、「『国字解』を、南郭の講義を筆録したと言うのは正確ではない。というのも今日の研究では、南郭の孫弟子にあたる清水江東に学んで、南郭の説をよく敷衍

posted at 08:30:09

2022年09月14日(水)1 tweetsource

2022年09月13日(火)14 tweetssource

9月13日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

こーした にんげんが ことばの せんもんかの よーに ふるまって、「筆者は、石川県加賀市の山代温泉観光協会などと一緒に、今後、こうした研究を進めていく準備をしています」(205-206ペ)と こーてきセクターに くいこんでるの、ほんとに どーにかしたい。

posted at 23:59:19

9月13日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「デジタル化」の「「便利さ」は、(……)「記憶」と「連想」の世界からの分断をもたらすに違いありません。/「典拠、出典を正確に挙げろ」という窮屈な世界がやってきます」(190ペ)じゃあ ないんだよ。

posted at 23:55:32

9月13日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「同書(『言海』)の出版祝賀会には、政財界、文学界の著名な人物が招待されました。その中に、福澤諭吉がいましたが、諭吉は祝賀会には出席しません。/その理由は「風呂屋の下駄箱」のように言葉を並べてあるからというものでした」(249ペ)。でたらめ。 www.mita-hyoron.keio.ac.jp/around-yukichi

posted at 23:30:53

9月13日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「漢字「乎」「己」「止」は、それぞれ〈カタカナ〉の「ヲコト」の万葉仮名での書き方です」(221ペ)。カタカナの まんよーがなでの かきかた、とわ いったい。

posted at 22:13:15

9月13日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「平安時代およそ九〇〇年頃まで、漢文は基本的に中国語で読誦することが義務られていました。/それは、遣唐使で中国に渡った時に、中国語での会話ができるようにするためです」(220ペ)。えー。

posted at 22:11:34

9月13日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「西安という街は、西へ向かうとすぐにゴビ砂漠になりますが、乾いた所という意味で「漢」の地方と呼ばれていました。/「呉音」が呉の方言であるのに対して、漢の地方の方言を「漢音」と呼びます」(214ペ)って、にほんで かんおんと ゆーの、たいりくの いーかたお とりいれた わけでわ なかろー。

posted at 20:26:46

9月13日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「文学であれば武者小路実篤や竹久夢二など「白樺派」と呼ばれるものが出てきて」(172ペ)。ふつー ゆめじわ しらかばはにわ かぞえないのでわ。

posted at 20:17:17

9月13日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「明治政府が「国語」の先生に利用したのが、神道の神主、そして浄土真宗東本願寺と西本願寺のお坊さんです」(160ペ)。それって きょーどーしょくとかの はなしでわ。

posted at 20:15:40

9月13日

@viewfromnowhere

いがわ・まこと@viewfromnowhere

「赤ちゃんは、羊水の中で、こうした音感、語感を体得しながら脳に「母国語」を形成しているのではないかと考えられます」(156ペ)。あかちゃんわ ぼごで くべつしない おとも ききわけられるって、たいてーの げんごかくとくの ほんにわ かいてあると おもうのだけれど。

posted at 20:14:02

このページの先頭へ