情報更新

last update 07/23 12:56

ツイート検索

 

@wtsurumi
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

Stats Twitter歴
3,629日(2011/08/18より)
ツイート数
16,182(4.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年07月23日(金)4 tweetssource

15時間前

@sustainably_jp

服部雄一郎@サステイナブルに暮らしたい@sustainably_jp

たしかに。。。NG発言は絶対NGなのはともかくとして、ただでさえ事なかれ主義の日本が(その割には事が多いのが皮肉だけど…)、さらに事なかれ主義に向かいそうなのはゲンナリする。と言うか、危険な気がする。 twitter.com/wtsurumi/statu

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 08:42:38

7月23日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

そもそも、「どこからどう見ても清廉潔白」な「印象」の人でないと政治家になれないのだっておかしい。だから、そういう系統でない人(はみだし者っぽいとか)のための世の中づくりが決定的に苦手。

posted at 00:28:04

2021年07月22日(木)8 tweetssource

7月22日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

今後は、叩いたらちょっとでもホコリが出そうな「印象」の人は、公がらみの仕事には就かせてもらえない、なんてことあってはならないので、そこもクギを刺したいな。それは大変な退行なので。今まさにものすごい勢いで、組織内を「そういうの使うな」と指令が走っている気がするが。

posted at 22:29:21

7月22日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

オデッセイ・1985・SEX』という極めて悪趣味な名曲を、遠藤ミチロウ氏が今もまだ、地方のお年寄りの前でも歌っているのを、何と言うか、カッコいいと思う。一時期はこういうのを歌うのは、確かやめていた。
歌詞 petitlyrics.com/lyrics/186124 
歌詞を大幅カットした動画 www.youtube.com/watch?v=wKdXNy

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 21:10:37

2021年07月21日(水)6 tweetssource

7月21日

@readeigo

??しまき - スペース「コミュ障居酒屋」(土曜夜10時)や@readeigo

私の知る限りアメリカの公立校は「子供っていじめるものだ」と認識しているので
✅子供が同メンツで固定されず流動的
✅毎年クラス替え。同クラスになりたくない子を申請
✅いじめた子は即(二日等)謹慎処分
✅公立校でも学校転校は容易
仲良し強制より、いじめを想定したシステムに救いがあると思う。

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 21:02:55

2021年07月20日(火)4 tweetssource

7月20日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

いじめられっ子、いじめられてた人という言い方は、やっぱりおかしいとは思う。被害者を指す言葉なのに、絶対にいい印象は与えない。というより、おとしめる言葉として使われてきた。弱虫とか嫌われ者みたいな。ハラスメントのような新しい言葉は、こういう時必要になるんだろう。

posted at 00:06:51

2021年07月19日(月)11 tweetssource

7月19日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

「紫外線には、私たちの体内にビタミンDを生み出すなど良い面もありますが、圧倒的に悪い面が多いと考えられています」
「WHOは、ビタミンDを作るための日光照射の目安として、顔と両手両足に1週間に2~3回、夏季で約5~15分を薦めています」。
そんなに短時間。
www.d1yk.co.jp/info_health/20

posted at 23:46:26

7月19日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

7月の「不適応者の居場所」は31日(土)にやる予定です。状況が読みづらいので、公園かオンラインかを検討中。リンクは3年前1回目の告知。ここ数日にこのアカウントを知った人が多いので、一応。昔しか知らない人、こういうの見てどう思うんだろうな。
tsurumitext.seesaa.net/article/462398

posted at 21:40:53

7月19日

@seaninare11

ゴーヤ@seaninare11

わかります。テクノ好きは単純に音楽が好き。 ラジオのDJが、鶴見済がエイフェックスのライブで全身痙攣させながら踊っているのを見て、「カッコつけて踊るなんて嘘だ。これが(エイフェックスの)正しい踊り方だ」と喋っていたのを思い出しました。😀 twitter.com/after5min/stat

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 19:44:33

7月19日

@panparth

パンス@panparth

鶴見済『檻のなかのダンス』は、自分が「思想」みたいなものを齧るようになる、その入口のような本だった。もっと昔で例えるなら自分にとっては橋本治のような存在だ。いま読み返すと、フーコーなどのエッセンスを分かりやすく説明しつつ、80年代の管理教育批判の延長上にある本だということが分かる。

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 09:26:07

2021年07月18日(日)13 tweetssource

7月18日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

いじめが嫌なのは自分も同じ(パワハラ被害者)。けれども小山田叩きの「ついでに」、小沢も、渋谷系も、サブカルもふざけんな、「昔から嫌いだったんだ」、それにまた、いいねいいね+賛同コメント、って。それは、いじめと同じ情動なのではないか。自分のなかにもある問題として考えるのは大事。

posted at 23:04:47

7月18日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

悪趣味(90年代だけでなく80年代からずっとあった)が攻撃されているみたいだが、そのなかに人を傷つけたり貶めたりする部分があれば、批判したほうがいい。が、基本的に悪趣味は「趣味」なので。気持ち悪いなんて理由で、そうそう簡単に攻撃していいものではない。

posted at 22:43:51

7月18日

@k_ugai

けいすけ@k_ugai

「完全自殺マニュアル」は僕も当時買って読んでたけど、あれを悪趣味ブームのひとつとして扱うのは違う気がするぞ。むしろ逃げ道を失いかけている人にオプションを提示することで、却って人を救う書であったと僕も思う。

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 22:16:42

7月18日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

本当に自殺したいと思っている当事者が書いた、自殺についての本なんて、空前のことだったので。ネットのなかった当時、そんな主張に触れること自体がまず無理だった。そういう「溜飲をさげる」効果もあったのだろうと、今からは思う。そういうものとして読んでいただければ。

posted at 09:50:16

7月18日

@rn_asterism

アステリズム@疾走感のある大根 a.k.a. 虫追篤@rn_asterism

当時、本屋で見つけた瞬間に購入を決めた本で、あれよあれよという間に世間で話題になっていった。

友人からは「自殺願望があるの?」の訝しがられたが、筆者も書いているように、「自分が生きやすくするためにどうしても手元に置いておきたい本」として読んでいた。

今でも名著だと思う。 twitter.com/wtsurumi/statu

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 09:11:52

7月18日

@bone_fookie

fookie(ふぉーきー) ときどき カラスマ@bone_fookie

一般教養で講義取った社会学の教授も絶賛してたな
その講義も「死」がテーマだった
自死を選ぶ人間は死がある種の救いだと思っているのでそうする
自死を防ぐには死について知り死を特別視しないことだ
という趣旨だったと思う twitter.com/wtsurumi/statu

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 09:04:42

7月18日

@890neko

古今鶴見済言葉集 撰者:はぐれ猫@890neko

強く生きろみたいな事ではなくて、生きるなんてどうせくだらないとか、そういうふうに考える事ができたら、少しは気楽に生きる事ができるんじゃないかと思ったんです。(鶴見済インタビュー「『いつでも死ねる』という選択肢が開き直りの気楽さを生む」『スコラ』1993年10月28日号) twitter.com/wtsurumi/statu

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 08:52:29

2021年07月17日(土)8 tweetssource

7月17日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

反撃をしないでいると、「この人は争いごとを好まないいい人だ」となるならいいのだが、まだまだ今の世の中では「お、攻撃しても大丈夫みたいだな」となるばかりなので。「反撃しそうもない相手が攻撃される」という野生状態。

posted at 23:57:55

7月17日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

『完全自殺マニュアル』がベストセラーになっていた2年間に、日本の自殺者数は減っている(前年までは増加中だった)。「いざとなったら死ぬ手もあると思って楽に生きていこう」と主張した本だった。
このことは、ことあるごとに自分から言わなければいけないようだ(そういう柄じゃないのに)。

posted at 22:35:50

7月17日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

小山田問題を叩く「ついでに」、関係ないものまでガンガン叩いているのを多く見る。それだって、いじめとまでは行かなくても、ハラスメントくらいは行くかもしれない、同じ加害行為だ。それはいいのだろうか。加害の問題は、どこか遠くの他人事で済ませられるような単純なものではないと思う。

posted at 22:00:07

7月17日

@wtsurumi

鶴見済 『0円で生きる』発売中@wtsurumi

80年代のマル金マルビだ、ネクラだといった嘲笑文化は全社会的で、本当に加害的だった。00年代のネット・掲示板なんかの中傷書き込み文化も本当に加害的。90年代のサブカルチャーにもそういう部分はあった。けれどもその前後ほど加害的だったか? そこにばかり批判が行くのは歪みを感じる。

posted at 21:42:39

7月17日

@kunitachi0yen

くにたち0円ショップ@kunitachi0yen

今月の0円ショップは明日18日に開催します。13時半〜日没まで。使わなくなった物の放出参加大歓迎(残ったら持ち帰り)。物は少量でも可。物を置く敷物持参推奨。どこかに置いて最後に引き取りに来るのも可。急に暑くなったので☀熱中症☀対策必要、体調に不安がある方は無理せずに。(H)

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 21:26:25

7月17日

@torusano1124

佐野亨 Toru Sano@torusano1124

時代の空気を定義づけようとすると、こぼれ落ちてしまうものがたくさんある。僕にとって「悪趣味」とは、お仕着せの秩序や階級という権力への文化的な対抗策のことを指す。いじめは文化でもなんでもない卑劣な暴力であり、むしろ学校や企業の集団性・空間性に根ざした歪んだ権力の発露そのものである。

Retweeted by 鶴見済 『0円で生きる』発売中

retweeted at 08:50:14

このページの先頭へ