情報更新

last update 09/28 09:58

ツイート検索

 

@y_choro1
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
TwitterサークルのツイートはTwilogに記録・表示されます。詳しくはこちらをご覧ください

Twilog

 

@y_choro1

ちょろ@y_choro1

Stats Twitter歴
4,889日(2009/05/11より)
ツイート数
671,912(137.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年09月28日(水)19 tweetssource

6時間前

@hitetsugisou

\江戸西/@hitetsugisou

日本国民の多くは火曜日の昼間に献花に行列したり、反対デモに参加したりする時間を取れないでしょうよ。あのいずれの姿も、民意とやらを正確に可視化したとは言えない

Retweeted by ちょろ

retweeted at 09:53:51

6時間前

@hagishirikonbu

@hagishirikonbu

流行を理解したかった小学生の頃、光GENJIがNHKに出るから録画して!と父に頼んだ。週末いそいそ見に行くと、雅楽なメロディとともにNHK古典文学講座 源氏物語を読む みたいな番組が始まったときの私の絶望顔、笑い転げる母、何が悪いか分からない父のぽかん顔はよく覚えてる

Retweeted by ちょろ

retweeted at 09:53:08

6時間前

@Seikei_Partizan

政 治 成 分@Seikei_Partizan

うーん、出自に従って凡庸な保守になることはできず、女性の権利向上を願いながら真っ当なフェミニズムにも馴染めず、思わず頼った民族派右翼の本流とも仲違い
小沢一郎と小池百合子を未だに信頼するあたりイデオロギーを超越するタイプの剛腕に惹かれるんだろうが本人の思想が特殊すぎる

Retweeted by ちょろ

retweeted at 09:44:01

6時間前

@hashimotokumi

橋本久美@hashimotokumi

しかしさらに今回は、またいつもと同じように選挙が終わって日常に戻ります〜選挙で出会った皆さんサヨウナラ〜という気分にはならず。海外で起こっている女性たちの危機が同じように日本で起これば国家の安寧秩序を乱すことになる。すなわち女性の危機は国家の危機であると。待ったナシと思うのだ。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 09:43:56

6時間前

@hashimotokumi

橋本久美@hashimotokumi

その針谷議長の紹介で維新政党・新風の魚谷代表と出会い、今回の参議院選挙出馬となった。新風として、女性の安全と安心のために、LGBT法案の見直しと性別は自認ではなく身体で男女を分けるべきという主張が出来たことは大きな成果であった。今回ばかりは落選したが悔いはない。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 09:43:52

6時間前

@hashimotokumi

橋本久美@hashimotokumi

全6回の選挙で私は組織を持たず、何故か所属政党は毎回潰れどうしても活動が定着せず。ここが自分の弱味。毎回ボッチでスタートするという。 ’15年から脱原発同志の統一戦線義勇軍の針谷議長が手伝ってくれて、今回は彼も立候補したので、これはお返しをしないといかんと思い京都神奈川を往復した。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 09:43:45

6時間前

@hashimotokumi

橋本久美@hashimotokumi

2012年の衆院選では、皆さん本名を名のらずハンドルネームで呼び合う方々が選挙の手伝いにきてくれた。後にその人々はオザシンなどと総称されたが、ネットで集まるという時代なのだなと。この時も本当に助かったが、私のダメなところはそうやって集まってくれた皆さんをガッチリ掴んでおけないところ。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 09:43:42

6時間前

@hashimotokumi

橋本久美@hashimotokumi

参議院選挙で話題をさらった参政党だが、実は昨年私の都議会選挙に参政党東京支部の方々が手伝ってくれた。私が落選して関係はそれきりになってしまったが本当に助かった。それからわずか1年で支持者が増大して国政政党になって驚き、そして皆さん実はノーマスク反ワクチンだったのかと驚きっぱなし。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 09:43:40

6時間前

@TNK_KNCH

田中健一/ある英語講師@TNK_KNCH

川勝平太静岡県知事が「左翼」に見える人は、あまりにも知識がないか、あまりにも思考が偏っているかのどちらかです。または、気に入らないものはすべて「左翼」認定する某団体と同じ発想です。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 09:37:06

6時間前

@osugi81

湊 祐樹@osugi81

川勝平太そんなに批判受けるようなことしてるかね。つか、ネトウヨ界隈では左翼扱いになってるけど、それも意味わからんし。櫻井よしことかとも仲良いでしょ。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 09:35:51

6時間前

@ttt_cellule

白江幸司@ttt_cellule

ふと思ったが…グローバルヒストリー論が右派と結びつくものでは必ずしもないわけだが、川勝平太がウォーラーステイン受容を経た愛国保守であったように(とはいえ今の右派水準と比べると知的であると言える)、藤原書店の社長はヨーロッパ中心主義批判からナショナリズム傾倒にはまったのかなあ。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 09:34:12

2022年09月27日(火)113 tweetssource

16時間前

@konoy541

河野有理@konoy541

今のいわゆる「批評」的なもの、よくもあしくも、小林秀雄が二等で宮本顕治が一等入選のあの頃とよく似てきているな、という感じがします。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:48:57

16時間前

@kuchinashi74

くちなし@kuchinashi74

Twitterではすっかり名前を出しにくくなってしまったけど、輿那覇潤『平成史』読んでる。平成期の政治と知識人の関係をまとめた本という感じで勉強になる。正木千冬の鎌倉市長選を小林秀雄と宮本顕治が応援したという話(p80)、エピソードとして強すぎないか

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:46:13

16時間前

@NTsvlRwBFnBD5c4

もくもく@NTsvlRwBFnBD5c4

国会前で行われた国葬反対デモを興味本位で見に行ったんだけど、
内輪のノリという感じがした。

内輪のノリに感じるのは参加者の年代が偏ってるのと各種団体の旗とかのせいかな?あとは雰囲気。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:38:33

16時間前

@synfunk

ナスカの痴情ェ@synfunk

企画会議で資材高騰がいつまで続くか見通しの議論になったところで若手社員が「資材高騰は更に続きます」と声を上げ、理由をきくと「これから2年以内に中国が台湾に侵攻します。確かな情報筋からです」と声を張り場を凍らせたので確かな情報筋の人達はYouTubeから出てこないでほしい。とても困る。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:35:10

16時間前

@suisen29

すいせん@suisen29

『前原氏は、経済政策アベノミクスの評価が定まっていないことや森友学園、加計学園の問題などを挙げ、「告別式には出て弔意を示したが、国葬となると自分の中で整理できなかった」と語った』

国民・前原誠司氏は国葬欠席 「自分の中で整理できなかった」 | 京都新聞 www.kyoto-np.co.jp/articles/-/888

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:33:26

16時間前

@23nkmr

ふみ??@23nkmr

@subarashitea いえ、原題は田舎の騎士道と訳されることが多いですが、それよりも痴情のもつれにより主役が決闘で殺害されるというストーリーのほうが真っ先にイメージされるかと。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:32:57

16時間前

@23nkmr

ふみ??@23nkmr

国葬でカヴァレリアルスティカーナ流れるって聞いて選曲センスの悪さに爆笑。いくらなんでもそれはない。いやむしろ敢えてのチョイスなのか?だとしたらめちゃくちゃ痛烈な皮肉でしかないぞ。
(わからない人はwikiへどうぞ)

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:32:32

16時間前

@Seikei_Partizan

政 治 成 分@Seikei_Partizan

安倍総理を友人として称える声が複数の政治家からあがってるけど安倍総理の不透明な政治手法は当時お友達政治と批判されていたのを覚えてないんだろうか

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:31:38

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

批判地政学に対する批判もある。まずソ連崩壊で唯一の「帝国」となったアメリカに異常なほど点が辛い。また現実(リアリズム)=悪と見る傾向が強すぎる。そして致命的なのが、「客観主義を標榜しながら自らの客観性には無頓着」という点である。
今後は実践地政学との間で当分論争が続くだろう。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:23:38

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

この「地政学的言説」はトールによれば3つに大別できる。一つは研究者が使う「公式地政学」、二つには政治家や官僚が使う「実践地政学」、最後に多種多彩なメディアを通じて提供される「大衆地政学」である。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:23:36

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

というのも、現実は生のままでは分析できず、一旦言葉に落とし込んでから分析する必要があり、そこに現実を捻じ曲げるスキがどうしても出来てしまうからだ。
そして国家による教育はそこを突いてくる。なかなか例示が難しいが、領土紛争を抱える国は大抵係争地を自領として教えるであろう。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:23:34

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

さて、地政学の新しい潮流である批判地政学について。これは古典地政学が現実の地理を所与の条件として分析しているのに対して、批判地政学ではその「現実の地理」そのものが教育によってバイアスをかけられているのではないか、という批判である。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:23:31

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

2017年にはクローバーが『黒い風、白い雪』スローンが『地政学、地理、そして戦略史』を出している。
ここ5年の傾向としては、「テロとの戦い」よりも大国間政治にアメリカの関心がシフトしている。これは中国の台頭とおそらく連動しているが、そのリソースを今回対露に使えたことは不幸中の幸いか。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:23:29

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

カプランは2010年に『インド洋圏が、世界を動かす』を出したのを皮切りに、2012『地政学の逆襲』2014『南シナ海』と立て続けに出版している。2016年はブラック『地政学』ハーウィッグ『地政学の悪魔』ケリー『古典地政学』グリギエル/ミッチェル『不穏なフロンティアの大戦略』と花盛りの様相だ。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:23:26

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

一方ポーゼンは『コモンズの支配』の中で、海や宇宙を世界の国々が安全に使えるようアメリカが責任を持つべきだとしており、かつてのシー・パワーを連想させる。マッキンダーやスパイクマン、マハンといった古典地政学の復権であった。
2010年代は、地政学がさらに隆盛した時期となった。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:23:25

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

2000年代に入ると古典地政学を再評価する機運が高まり、ドールマンを中心に第4のパワーとしてスペース・パワーの導入も試みられるようになった。国際関係論の分野ではミアシャイマーが『大国政治の悲劇』を著し、スパイクマンら古典地政学も引用してランド・パワーの重要性を喚起した。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:23:22

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

しかし80年代の終わりが見えるころ、ソ連崩壊という大事件が起こる。これを受けてフクヤマの『歴史の終わり』という楽観的な書を著したが、逆に悲観的な世界像を提示したのがハンチントン『文明の衝突』。
またポーゼンらがアメリカ戦略のオプションを定めるなど、地政学は国家に不可欠になった。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:23:18

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

だが、エヴェラ、ミアシャイマー、スナイダー、ポーゼン、ウォルトはいずれもウォルツの弟子筋でありながら、揃って地理条件を復活させている。やはり極端すぎたのだ。
1980年代は政治家のブレーンとして地政学者が招かれた時代でもある。グレイ、ケーガン、ブレジンスキーらが大役を果した。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:23:14

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

またジャーヴィスは「安全保障のジレンマ」という概念を打ち出し、古典地政学の復権を仄めかしていた。
ところが1979年、国際政治学者のウォルツが地理的条件を完全無視した国際関係論を打ち出しネオリアリズムを興すと、地政学もその影響を受けざるを得なくなる。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:23:10

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

1950年代にはセヴァースキーがエア・パワーを提唱し、北極海の重要性を訴える。その後アメリカ地政学は停滞期に入り、1960年代はめぼしい成果はなかった。1970年代に入るとタブーはほぼ緩み、新しい発見ができる環境が整った。そこへ登場したのがキッシンジャーである。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:23:08

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

ところが、過熱するアメリカのドイツ地政学への傾倒に「待った」がかかる。国際政治学の大物モーゲンソーは、「パワー」の重要性を承知した上で、それを恣意的に、決定論として使っているかのようなドイツ地政学は「似非科学」であると痛罵したのである。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:23:02

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

ドイツ地政学の伝統はナチスと共に滅び去ったと思われていたが、実は勝者たる英米で命脈を保っていた。マッキンダーやスパイクマンの研究活動は既に進んでいたが、バーナムやワイガート、リップマンらはこれらを検証し、これらをもとに「使える」理論を立ち上げた。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:22:59

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

ラッツェルは「国家は生存圏を求めて拡大する」という国家有機体論をとなえ、帝国主義に邁進するドイツ帝国に理論的支柱を提供した。またマハンの影響から「シーパワー」「ランドパワー」などの概念も取り込んでいる。
そして彼の弟子からは、ドイツ地政学の祖であるハウスホーファーが出ている。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:22:57

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

この二人は1859年に亡くなったが、偶然にもその年、ダーウィンが『種の起源』を発表した。ヨーロッパのあらゆる学問を激震せしめたこの事件に地理学も対処を迫られ、アメリカ旅行中だったラッツェルを急遽帰国させてこの任にあたらせた。彼は『人類地理学』と『政治地理学』の祖となった。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:22:55

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

ルネサンス期以降はヴァレニウスの『一般地理学書』があるが、これはニュートンの手で英訳されて人気を博したという。
地理学部分の発達はその後も続き、カントがその教鞭をとったことで一学問としての地理学を確立される。
その二人の弟子、フンボルトとリッターがのちの地政学を準備した。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:22:54

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

その後ローマ時代にもストラボンのようなすぐれた地理学家が現れているが、地理が対外政策に与える影響=地政学にはあまり関心がなかったようだ。文化の中心はその後アラブに移るが、旅行家イブン・バットゥータや大学者イブン・ハルドゥーンにもそういった発想はなかった。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:22:49

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

さて地政学の系譜だが、古代以来の書物で地政学的要素を含むものといえばまず古代インドのカウティリア、古代中国の孫武、古代ギリシアのアリストテレスなどがあげられるが、どれも一部要素を含むのみで、全要素を完備したものとしてはトゥキュディデス『ペロポネソス戦争』が出色である。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:22:47

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

リソースが割かれた。とはいえ日本の研究者の関心は「過去の大戦の検証」に費やされるばかりで、冷戦に晒されたソ連や国土が二分されたドイツよりはるかに遅れていた。むしろ「地政学リスク」などの用語が経済や文学の側から入ってきて、「大衆地政学」を形成しつつある。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:22:42

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

1980年代、欧米では古典的な地政学の克服が進んでいる一方で日本はまだタブー視から足抜けできず、両者の間には大きな差がついていた。1995年にようやく政治地理学会への予算がつき、研究体制が整った。まず行われたのが戦前地政学の再評価であり、批評地政学や世界システム論といった新しい地政学にも

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:22:40

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

日本では一旦放擲された地政学だが、冷戦下で大衆の関心を引く言葉として取り上げられ、様々なバックボーンを持つ学者や作家が一般向け書籍を売り出すに至った。
だがこれらは玉石混交だったため地政学自体が「似非学問」のレッテルを貼られるようになってしまった。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:22:34

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

日本やドイツで地政学が後退すると、戦後はアメリカが地政学を牽引する。キッシンジャーが「定義を曖昧にしたまま」地政学という用語を頻繁に用いたため、タブーの印象はかなり薄まった。またナチス分析に地政学の知見が必要になったこと、そして冷戦を勝抜くための知識として要求されるようになった。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:22:32

17時間前

@344syuri

マゴジロー@344syuri

庄司潤一郎・石津朋之『地政学原論』を読んでいます
研究史から入ってくれるのはわかりやすくてありがたい
戦前はドイツが地政学の本場で終戦と同時に「悪の学問」として後ろ指差されるようになったとは初めて知った

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:22:31

17時間前

@K_Kimura_Kobe

Kan Kimura from Kobe, Japan@K_Kimura_Kobe

幾度も書いているように、アジア通貨危機はすでに四半世紀も前の事。韓国に限らずアジア諸国の状況は当時とは全く異なっている訳で、その間の変化を無視して、昔の感覚で考えるとただ間違えるだけ。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 23:18:09

19時間前

@K_Kimura_Kobe

Kan Kimura from Kobe, Japan@K_Kimura_Kobe

行きつくところはここ。韓国の保守政党にも代表されず、国内で顧みられない「右端の端」の政治的意図を持った情報が、日本の嫌韓言説に影響力を持っている。なので、両者を照らし合わせると、時に驚く様な一致を見せるし、時に奇妙な「期待」が語られる。某宗教団体のそれとも通じる冷戦期の遺産。 twitter.com/K_Kimura_Kobe/

Retweeted by ちょろ

retweeted at 20:48:23

20時間前

@K_Kimura_Kobe

Kan Kimura from Kobe, Japan@K_Kimura_Kobe

しかし、あれだけ文在寅に「万事休す」と書いた人達が、支持率のずっと低い尹錫悦に対してそう書かないのを見ていると、彼等の「元の情報」がどこから来ているかは、明らかだと思う。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 20:24:41

22時間前

@aoi_mokei

アオイ模型@aoi_mokei

AI安倍晋三
「感動しました」「涙が止まりません」なコメントが大量にぶら下がっていて「スピリチュアル系商用垢の自作自演コメントみたいだな」と思ってたら、本当に胡散臭い連中がバックにいるみたいな話が出てきて、さもありなんという顔してる

Retweeted by ちょろ

retweeted at 17:32:49

9月27日

@zikatu1

エイ@zikatu1

ひどい学校だと「環境担当」という分掌があり、担当の教員が枝を切ったり、害虫駆除をしたり、腐葉土を作ったりする。それを伝統や仕事だと押しつけてる。結局「無料でやらせられる仕組み」が思考停止になってる。必要なら、まず管理コストを考えるべきだし、そんなとこケチってるのは日本だけなんです

Retweeted by ちょろ

retweeted at 13:09:58

9月27日

@zikatu1

エイ@zikatu1

短絡的だと指摘を受けましたが、短絡的なのは、学校のデザインです。「緑が多い方がいい」と安易に考え、日陰にもならないところに木を植えまくり、その後のメンテナンス費用まで考えない行政が短絡的なのです。その処理を子どもに押し付けず自分が責められる覚悟で切れる校長なんてそういないんですよ

Retweeted by ちょろ

retweeted at 13:09:52

9月27日

@zikatu1

エイ@zikatu1

「この学校にはたくさんの木がありますが、6年生が毎朝落葉を集めてくれるので、運動場はいつもきれいです。この伝統をみなさんも守っていきましょう」と言った校長が退職した次の年、新しくきた校長が、チェーンソーで木を切ってた姿が今思い出してもカッコいい。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 13:09:50

9月27日

@hitetsugisou

\江戸西/@hitetsugisou

「反対だが、当日は静かにお見送りする」「しかし、国葬についての追及はやめない」という安住国対のスタンスでいいんじゃないんでしょうか

Retweeted by ちょろ

retweeted at 13:05:11

9月27日

@dailyportalz

デイリーポータルZ@dailyportalz

タイのバンコク中心部から北東に20キロほど離れたカンナーヤーオ区に日本の町並みをガチ再現した商業施設があるらしく……。めちゃめちゃに気合が入っているだけに、小さなズレや違和感をみつけるのが妙にたのしい……!

dailyportalz.jp/kiji/real-japa pic.twitter.com/qnEkYM6JRZ

Retweeted by ちょろ

retweeted at 13:04:21

9月27日

@gelugeru

げるこま@gelugeru

これってつまり、被害規模が大きいと具体的にどんな被害が発生しているかを報告することすらできないので「何が足りないか」→「(全部足りないので)わからん」という形になっている可能性もあるな。
分からないところが分からないという、一歩踏み込んで聞いてみると「全部」って答えになるやつね。 twitter.com/ohnuki_tsuyosh

Retweeted by ちょろ

retweeted at 13:00:17

9月27日

@y_choro1

ちょろ@y_choro1

朝日が村山内閣が立ち上がった直後にたしかそういう世論調査してたはず>首相に親しみを感じるか否か

posted at 12:55:52

9月27日

@naganuma_group

長沼しげお?静岡市議会議員@駿河区?(立憲民主党)@naganuma_group

ちょっと、自民党ベテランの方と自衛隊派遣のことで立ち話。村山富市内閣の話題になり、後世の評価は様々あれど、自民、社民、さきがけを率いながら、優れたリーダーシップと調整力だったと。「トンちゃん元気ですよ」と言ったら、「トンちゃん元気かー!」と。

ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91

Retweeted by ちょろ

retweeted at 12:54:13

9月27日

@gulfman119

GULFMAN@gulfman119

何より県庁所在地で起きた災害ということもあり、県庁職員にも市役所職員にも被災者の立場の方が一定数いるだろうことは心のどこかにとどめておいてほしいですね…

Retweeted by ちょろ

retweeted at 12:53:14

9月27日

@y_choro1

ちょろ@y_choro1

知事は無論、静岡市長や川根本町町長も含めて意図的な不作為があったとは思えないし、知事の川勝平太と市長の田辺の不仲が自衛隊派遣要請の遅れにつながったとかいうこと(握りつぶしたとかそういうの)は間違いなくなさそうだけど、なぜ26日までかかったのか、の検証は後日必要にはなりそう

posted at 11:11:54

9月27日

@y_choro1

ちょろ@y_choro1

25日の段階で市長や町長が支援要請してたら25日のうちに知事から支援要請は出ただろうなぁこれは。

posted at 11:09:41

9月27日

@y_choro1

ちょろ@y_choro1

県は25日の段階で静岡市や川根本町に自衛隊支援要請どうする?という打診を実務レベルで進めていて、26日になって静岡市長や川根本町町長から正式に県知事に自衛隊への支援要請があったので即座に県知事から自衛隊に支援要請した、という流れでよいのかしら

posted at 11:09:05

9月27日

@y_choro1

ちょろ@y_choro1

静岡市のばあい、人的被害については静岡市は消防のレベルで解決できていた、給水については広域支援の枠組みが動き出してそれでも足りない、となったから26日に自衛隊への支援要請、という流れでいいのかしら。

posted at 11:07:35

9月27日

@y_choro1

ちょろ@y_choro1

静岡市だけでなく、土砂崩れのひどかった川根本町についても、26日に正式に川根本町の町長から静岡県に正式に自衛隊の支援要請があったという認識でよいのかしら。

posted at 11:06:11

9月27日

@gulfman119

GULFMAN@gulfman119

やはり静岡県から静岡市には前もって災害派遣要請について話が出ていたようです。
今回の件は県市が不仲だからとかではなく、市内部における災害派遣要請依頼の判断の遅れが原因だと思います。
静岡なので地震の際の動きは想定してただろうけど、風水害は十分に想定してなかったのかもしれません。 twitter.com/naganuma_group

Retweeted by ちょろ

retweeted at 11:04:50

9月27日

@nhk_seikatsu

NHK生活・防災@nhk_seikatsu

6万世帯超断水の静岡・清水区 3万世帯余に工業用水などで供給へ

静岡市はきょうから県の工業用水などでトイレや掃除などに使える生活用水を供給予定です
市では「水が出るようになっても最低限の使用にとどめ検査で安全が確認されるまでは飲まないで」と呼びかけています www3.nhk.or.jp/news/html/2022

Retweeted by ちょろ

retweeted at 08:39:41

9月27日

@kasetsu

かせつ@kasetsu

素敵な絵を描くために生まれたはずのAIが愚かな人間の自己顕示欲のためにフェイクニュース作成に加担させられてぶちギレ反乱起こすまで、あと100日

Retweeted by ちょろ

retweeted at 08:38:57

9月27日

@mdsch23

M.S.++さんちの迷右京大夫物語:II@mdsch23

@tsuyoikoufuku @yamamocchi_41 @UN_NERV 静岡市の水道施設でまずは静岡市が対応を求められる事案なのでそういうのを無視して合意なしに派遣要請は言葉上はできても意味は持ちませんが。自衛隊は具体的な支援内容を詰めないと要員と資機材の選定すらできない。何故自衛隊がまずリエゾンオフィサーを自治体の指揮系統に送り込むか考えた方がいい

Retweeted by ちょろ

retweeted at 08:31:47

9月27日

@mdsch23

M.S.++さんちの迷右京大夫物語:II@mdsch23

@tsuyoikoufuku @yamamocchi_41 @UN_NERV 自衛隊が勝手に任務を決めている訳じゃなくて要請を出す自治体の依頼事項に対して行うし、人命に関わる救急関係は静岡市で対処はされていた。給水だけで済むなら依頼はしなかった可能性のある事案(静岡市長は取水口復旧の重機支援など求めるつもりだったらしい発言もある)。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 08:31:34

9月27日

@umetsuyosei

梅津ようせい@山形??@umetsuyosei

市長の頭ごなしに県知事が災害派遣要請を行なって悪いことではないが、現場に近い市長はより機敏に対応することが求められる。
会議で現場は助けられない。
まして政令指定都市の市長であれば尚更、早期の対応を期待してその判断を県知事がギリギリまで待つのは当然であろう。 twitter.com/naganuma_group

Retweeted by ちょろ

retweeted at 08:07:58

9月27日

@naganuma_group

長沼しげお?静岡市議会議員@駿河区?(立憲民主党)@naganuma_group

「関係者」とか「情報元を伏せる」とかで良ければ、もっと突っ込んだ内容だって存じ上げてます。
詳しい人を紹介することだってします。
私、全部のことをTwitterに書いてるわけではありません。メチャ忙しいとき、情報発信は大変なんです。裏取りなんてのは、記者にやってもらいたいんですよ。

Retweeted by ちょろ

retweeted at 07:58:42

残り13件のツイートを見る

このページの先頭へ