情報更新

last update 10/17 14:52

ツイート検索

 

@yakumokai
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@yakumokai

八雲会 Hearn Society@yakumokai

  • 281フォロー
  • 1,551フォロワー
  • 80リスト
Stats Twitter歴
3,308日(2010/09/27より)
ツイート数
40,612(12.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年10月17日(木)10 tweetssource

4時間前

@book_kumasv

熊日出版@book_kumasv

弊社刊『漱石とハーンが愛した熊本』の著者井上智重作、俳優で主演を務める浜畑賢吉さん演出・脚色を手掛ける舞台劇『たのしい我が家』が11月29日(金)市民会館シアーズホーム夢ホールで開催。昼の部13半開場、14時開演。夜の部17半開場、18時開演。お問合せは熊日生涯学習プラザ ℡096-327-3125。 pic.twitter.com/WHDJxLS4bd

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 12:17:57

2019年10月16日(水)29 tweetssource

22時間前

@yakumokai

八雲会 Hearn Society@yakumokai

【定期】1冊まるごとラフカディオ・ハーン(小泉八雲)…八雲会の年刊会誌『へるん』第56号発売。旧蔵書書き込み調査報告、在外邦字新聞に見る関連記事、八雲と登山、書簡にみるハーンとフェラーズ…ほか。バックナンバーも頒布中。 yakumokai.org/14977

posted at 18:01:10

23時間前

@Lib_LH

ヴェン@八芽文庫準備中@Lib_LH

松江レポ(おまけその4)
富山大学のヘルン文庫について

ここには八雲が持っていた本(2435冊)が収められていて、その中には本人の直筆書き込みや、髪の毛が挟まっているものもあるそう。(先生情報)
保存状態に良い環境のためにここに移したとのことです。
近いうちに訪れてみたいです。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:49:56

23時間前

@Lib_LH

ヴェン@八芽文庫準備中@Lib_LH

松江レポ(おまけその3)
記念館で開催中の写真展はエバレット・ブラウンさんという方のもの。幕末期の手法の湿板光法という技術。写真上の部分は影のようにグラデーションがかかり、全体が赤茶けたような色で手前にピントが合っていて奥はぼんやり。1800~1900年初期の雰囲気。被写体の中には先生も。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:49:49

23時間前

@makjapan2014

mak2014@makjapan2014

ラフカディオ・ハーン『新編 日本の怪談』(角川ソフィア文庫。池田雅之編訳)。高校の英語の授業で読んだことはあるがきちんと読むのは初。小林正樹監督の映画や他映像作品でのネタで知っている作品も多いが、それ以外のより残酷で怖い作品がおもしろい!元の話のもつ物語の強さとハーンの語りの良さ

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:48:46

23時間前

@yukky_11

ゆっきー@yukky_11

①の画像

左:シモン「冬色」

中央:ラフカディオ・ハーン著のKOKORO
   装幀はオルリク
   すてきー

右:ヴァレンティン・ヘルディチカ
  日本の版画展のポスター

②の画像

左:ヨゼフ・チャペック
 チェコつながりで買った

右:ミュシャ「装飾資料集」 pic.twitter.com/DPWYeqYJqL

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:48:38

23時間前

@fum_sixx

ふぁんふぁん アングラB級ロックちゃん@fum_sixx

今年もとても素晴らしい空間に行くことができました 小泉八雲朗読のしらべ も13年目

今年は10月22日からアメリカ公演が行われます ニューヨーク シンシナティ ニューオーリンズの3公演になります この日の松江公演は 怪談の演目の初演になりました
#小泉八雲朗読のしらべ
#プレミアム松江公演 pic.twitter.com/CIu9wuazjQ

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:47:32

10月16日

@7mikuro

umiki@7mikuro

昨日、夕飯時に適当にテレビ番組を変えたらジョージ・チャキリスの顔がバーンと出て。
ドラマ「日本の面影」の再放送をやってたんですね。残念ながら、もう最終話の途中。でも劇中ドラマの
耳なし芳一は観れて聴けてよかった。後半の小泉八雲のセリフがしみましたね。そして俳優の方々の素晴らしさ。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:42:02

10月16日

@ochichan

ochichan@ochichan

『日本の面影』終わってしまった。脚本も出演者もみんな「スバラシイ」(チャキリス風)。正直、温和、親切、蛍、幽霊…日本はそういう大切なものをどんどん失い利己的な人間だらけになるだろう、というハーンの予言。こんなに心から日本を愛してた人を悲嘆の中で死なせてしまったんだなあ…(泣)

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:41:41

10月16日

@trynext

ゆっくり文庫@trynext

文庫サーバで八雲の話をしたら、私にとって「知ってて当然の基本エピソード」が、ぜんぜん知られてないことに驚いた。そ、そりゃそうだよな。私の感覚がズレていた。情報過多になった台本を書き直さないと。
なんだかんだで、人に話すと頭の中がまとまるね。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:41:18

10月16日

@trynext

ゆっくり文庫@trynext

【ゆっくり文庫】でも、特別編として八雲の半生を紹介するつもり。しかしいろいろ本を読んだせいで、情報の取捨選択に難儀している。いや本を読んだせいじゃない。私が八雲に感情移入しちゃって、いつものように刈り込めないのだ。いやはや。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:41:13

10月16日

@trynext

ゆっくり文庫@trynext

8月に、NHK『美の壺』「小泉八雲 怪談」の再放送を視聴した。八雲を演じるのは草刈正雄。30分で八雲の半生を綴るから、情報量はあきらめ、叙情的にまとめていた。私はもちろん知識があるから、物足りないと感じる。でも入門としては、このくらいがいいのだろうか。

yakumokai.org/12677

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:41:08

10月16日

@trynext

ゆっくり文庫@trynext

なんと、「#日本の面影」が、いままさに放送中なのか。小泉八雲の半生を綴ったドラマ。脚本が出版されているので、内容は知っている。ちゃんと見てみたいと思っていたが、むむぅ。ま、日本映画専門チャンネルは視聴できないから、どのみち無理だが。

twitter.com/nihoneiga/stat

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:41:01

10月16日

@khacha_band

ハチャトゥリアン楽団@khacha_band

12日間のツアー、全ての行程を無事に終えて、昨晩戻ってきました!
今回も本当に人に恵まれて、旅で出会ったみなさんにここまで連れてきてもらったな、と思うツアーになりました😊
さて、次回のライブは今週土曜、10/19の下北沢空飛ぶこぶたや!
ホビロンズとの2マンライブです、詳細つづく!👇 pic.twitter.com/tmpVJoii4u

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:39:23

10月16日

@mayumi0401ab

mayumi@mayumi0401ab

「日本の面影」最終回
悲しむ八雲を元気づけるのに耳なし芳一を語るおせつ。語り口が心地いい怖さ。
発展のため得たものと失ったもの。「ごう慢で自己中心の人で今にいっぱいになる。固いカサカサの魂しかもたない人間で」近代化で片隅に追いやられたもの。小さなものの不合理な思いが怪談に宿るのか。 pic.twitter.com/tl5wreh67a

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:28:53

10月16日

@IrishEmbJapan

アイルランド大使館 Ireland in Japan@IrishEmbJapan

#恋愛 の本質は不確かさである(The very essence of romance is uncertainty)」-1854年10月16日、『#幸福の王子』や『#サロメ』の作者で知られる #オスカー・ワイルド#ダブリン で生まれました。#読書の秋 には、数々の名言を残す彼の作品を手にとってみてはいかがでしょうか📖#LoveDublin pic.twitter.com/vLtugNTstr

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:19:23

10月16日

@tp_harvest

ハーベスト出版@tp_harvest

英雄たちの選択「難攻不落!月山富田城~尼子vs.毛利 史上最大の籠城戦~」 - NHK 悲劇の山城スペシャル第1回は、中国地方の山城・月山富田城。名だたる武将が挑み、武力で攻め落とすことが出来なかった戦国時代最大級の山城の強さの秘密に迫る。 www4.nhk.or.jp/heroes/x/2019-

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:06:49

10月16日

@tp_harvest

ハーベスト出版@tp_harvest

本日のNHK BSプレミアム(20時~) #英雄たちの選択 にて #月山富田城 が紹介されます!
#尼子氏 に興味を持たれた方、ぜひお手に取っていただけると喜びます。
他にも尼子関連書籍、多数発売中です☆

#島根 #安来 #広瀬 #尼子 #毛利 #山中鹿介 #月山 #富田城 #山城 #三日月 #戦国 #武将 #難攻不落 pic.twitter.com/TV0lrFAhpy

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:06:46

10月16日

@okikan_TA

隠岐観光協会@okikan_TA

ついに「隠岐古典相撲」の開催が決まりました!
開催日:2020年9月19日(土)~20日(日)
会 場:隠岐の島町役場新庁舎西側駐車場の特設土俵

前回は2012年7月28日~29日に行われ、約8年ぶりの開催となります。
↓隠岐古典相撲についての詳細はこちら↓
www.oki-geopark.jp/episode/lifest pic.twitter.com/LMoOk8zO9n

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:04:18

2019年10月15日(火)52 tweetssource

10月15日

@shiro_sano

佐野史郎@shiro_sano

ありがとうございました‼︎
アメリカツアーも、楽しみたいと思います🎶
RT @tubaki_7575
「怪談」プレミアム松江公演サイコーでした✨ドクタージョンの最後に怪談の中の真理を見た気がしました。
佐野さんと恭司さん、お二人だから

松江発信の八雲の世界を米3都市の皆様にも😊行ってらっしゃい❗️

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 13:43:14

10月15日

@tubaki_7575

椿@tubaki_7575

@KyojiTWJ 高校生の時以来、ようやく恭司さんにお会いすることができました✨
佐野さんの迫力ある朗読に激しさや哀しさを表した音色で寄り添い、途中和楽器かと思うような錯覚を覚える瞬間もあり、お二人の舞台にいつの間にか引き込まれていました☺️
アメリカ公演の成功をお祈りしております‼️

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 13:43:12

10月15日

@tubaki_7575

椿@tubaki_7575

@shiro_sano 「怪談」プレミアム松江公演サイコーでした✨ドクタージョンの最後に怪談の中の真理を見た気がしました。
佐野さんと恭司さん、お二人だからこその迫力と息の合った舞台✨
松江発信の八雲の世界を米3都市の皆様にも😊行ってらっしゃい❗️

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 13:43:09

10月15日

@yakumokai

八雲会 Hearn Society@yakumokai

舞台版『日本の面影』は、テレビドラマ版と共通するテーマをとりつつも、ストーリー構成や登場人物には少なからず異同があります。舞台版は1993年に集英社より書籍化、2005年にはアトラスより日英対訳版も刊行されましたので、テレビドラマ版と読み比べるのもおすすめです。

posted at 13:12:00

10月15日

@yakumokai

八雲会 Hearn Society@yakumokai

このドラマのシナリオは日本放送出版協会(現在のNHK出版)より刊行されました。巻末には脚本の山田太一さん、ドラマのプロデューサー、ディレクターの座談会も掲載されています。

posted at 13:11:33

10月15日

@yakumokai

八雲会 Hearn Society@yakumokai

※ジョージ・チャキリスさんがラフカディオ・ハーン(小泉八雲)を、檀ふみさんが妻セツを演じた1984年のNHKドラマ。
第3話で物語の舞台は松江から熊本へと移りましたが、最終話では神戸、そして終の住み処となる東京へ。この間、ハーンはいくつかの人生の節目や、出会い、別れ、再会を重ねます。

posted at 13:08:09

10月15日

@nihoneiga

日本映画専門チャンネル@nihoneiga

ついに最終回📺

#日本の面影
◆10/15(火)よる8時~第4話(終)
*よる6時30分~第3話をリピート放送

#ラフカディオ・ハーン(#小泉八雲)の家族が増える⁉️
最後の怪談話はいったい何が登場するでしょう❓😱

最終回は急展開の連続❗️
お見逃しなく✨

www.nihon-eiga.com/osusume/yamada/ pic.twitter.com/mfJZ1Ik9SO

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 13:03:31

10月15日

@yakumokai

八雲会 Hearn Society@yakumokai

山陰中央新報:
歩行者天国にぎやかに 松江だんだんカラコロ秋まつり
※「松江市の友好都市・米ニューオーリンズに伝わる祭りを模した音楽祭「リトル・マルディグラ」も同時開催…小学生ブラスバンドや高校生のマーチング部と吹奏楽部、社会人楽団が軽快にパレード」
10/13。
www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1

posted at 12:43:15

10月15日

@KyojiTWJ

Kyoji Yamamoto(山本恭司)@KyojiTWJ

松江初演の『怪談』、怖い話もあり、涙々のお話もあり、またまた観に来てくれた人の感情を上に下に揺さぶりまくったパフォーマンスになったのではと思います。
わざわざニューオーリンズから来てくださった人達もとても感動してくれましたよ〜♪
10日後はいよいよアメリカ公演、楽しみです😊👍 pic.twitter.com/7saS8r7NwA

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:57:35

10月15日

@You_Kinoshita_

you子@You_Kinoshita_

ヘルン先生が飲んでらしたコーヒーの再現!ブレンドなの☕!!
哥+巴豆で酸味ありより系。アロマを楽しむ形でアメリカンでいれるのが好き♥️茶菓子には脂肪分少ないクッキーやクリーム、或いは和菓子かな🍪💕
中村茶舗 ラフカディオ珈琲マイルド 100g 中村茶舗 www.amazon.co.jp/dp/B01H1JE58U/ @amazonJPより

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:21:08

10月15日

@AlkanMuze

有閑無是@AlkanMuze

第8章は西槇偉氏による「アリへの讃歌」。ハーンと「中国近代の随筆家、画家豊子愷」の双方が蟻を随筆で取り上げているそうで、興味深い。後者はハーンの随筆を参照したと推測できるという。両者には宗教観において接点があり、外国人の立場から日本を研究・理解したという意味でも近い存在だとある。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:13:22

10月15日

@AlkanMuze

有閑無是@AlkanMuze

その旅は「世界に普遍的な霊的世界を追求するもの」で、「魂を求める」ものだった。ハーンにとって魂とは、消滅せず、意志を持ち、生きている者に働きかけるもの。「我々自身の中にある“ghostly”なものが示す真実を知ることは、自分自身を知ることにもなり、この真実は生きていく糧になるもの」とも。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:13:20

10月15日

@AlkanMuze

有閑無是@AlkanMuze

カラオケに行って帰りに海鮮丼を食べた。『現代に生きるラフカディオ・ハーン』(田中雄次、福澤清編)は読了。第5、6章はロジャー・スティール・ウィリアムソン氏論文。第7章は横山純子氏の「魂の旅“From Hōki to Oki”」。結論として「ハーンは海に霊的なものを求めて世界を旅したのであった」とある。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:13:17

10月15日

@AlkanMuze

有閑無是@AlkanMuze

「ハーンは、あらゆる人間的なやさしさの根源は<永遠に女性的なもの>にあると考えた」とある。また、「木は女性の霊であり、永遠かつ無窮であって何億もの枝を茂らせた『生命の樹』である」とも述べているという。第3章「ハーンにおけるナショナリズム」と第4章「ハーン再評価の試み」は福澤氏論文。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:13:15

10月15日

@AlkanMuze

有閑無是@AlkanMuze

このことは、「過去生」への思いと密接に繋がるものだった、とある。また、「苦痛の圧力」によって人間は形作られてきたのであり、苦痛が生き続ける限りは、自己改造の努力も続くはずだ、と書いているという。第2章も同氏による「ハーンが描く女性たち」。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:13:12

10月15日

@AlkanMuze

有閑無是@AlkanMuze

睡魔に負けそう。古書店Bで買った『現代に生きるラフカディオ・ハーン』(田中雄次、福澤清編)の半分読んだ。第1章は田中氏の「ハーンの<生>の根源への問い」。ハーンは生命の起源を「形のないきわめて微小なもの」と考え、晩年に微小なものである蚊や草雲雀、夜光虫などの虫や露の玉に関心を示した。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:13:10

10月15日

@RSK26734

いけチー☆@RSK26734

ラフカディオ・ハーンこと小泉八雲の著者で私の愛読書『日本の面影』の中でも「日本人の微笑」というくだりがありますね。
これは日本人独特のものなので、外国人には理解されにくい。気持ちを察する、とか慮る、って繊細な想像力がないと難しいよね。 twitter.com/tammy_morinaga

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:11:58

10月15日

@Lib_LH

ヴェン@八芽文庫準備中@Lib_LH

島根に来ると、「そろそろ頭打ちかな」と思っていた八雲の世界がまだまだ広くて大きくて、また頑張ろうと思えます。今回の旅もたくさんたくさん勉強になって楽しい旅になりました。
来年は2回目のゴーストツアーに参加できますように。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:11:45

10月15日

@Lib_LH

ヴェン@八芽文庫準備中@Lib_LH

松江レポ(おまけその2)
八雲が初めて松江に来た日に聴いた鐘の音がするとして、彼の作品に何度もその場所が描かれた洞光寺。境内のすぐ隣は普通に利用されている墓地で卒塔婆もたくさんあり、風邪に揺られてカタカタ……と音がします。八雲がこのお寺を好きだったのも、ものすごく納得する佇まいです。 pic.twitter.com/eC0nvXFNLk

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:11:33

10月15日

@Lib_LH

ヴェン@八芽文庫準備中@Lib_LH

松江レポ(おまけ)
この最後に佐野さん、山本さん、解説を務められていた凡先生とで演奏された「ひまわり」という曲が清らかで穏やか、少しもの悲しくて賛美歌のようでとても素敵でした。曲はアイルランドの民謡。別名で聴くなら「春の日の花と輝く」で検索。先生のピアノがすごく優しい音色でした。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:11:27

10月15日

@Lib_LH

ヴェン@八芽文庫準備中@Lib_LH

松江レポ⑥
旅の最後を飾るのは佐野史郎さんと山本恭司さんが織り成す「小泉八雲朗読のしらべ」
ギターや音響と朗読の掛け算は想像もつかなかったものの、その表現力の広さ、幅の厚みにただ驚いて感動しました。新しい八雲作品の楽しみかた、受け入れられかただと思います!
正直リピーターになりたい pic.twitter.com/9RlehRqs9d

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:11:20

10月15日

@sunaaji

ジャミラは崩れた@sunaaji

小泉セツ、ブードゥーの術師など小泉八雲の人生、常に語り部と巡り会ってたわけだけど、その根本がかつて乳母キャサリンがフェアリーテールを語って聞かせたものと思うと、水木におけるのんのんばあをただちに連想する。
私ものんのんばあになりたい

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:09:26

このページの先頭へ