情報更新

last update 07/08 05:56

ツイート検索

 

@yakumokai
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@yakumokai

八雲会 Hearn Society@yakumokai

  • 287フォロー
  • 1,629フォロワー
  • 74リスト
Stats Twitter歴
3,573日(2010/09/27より)
ツイート数
42,150(11.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年07月07日(火)24 tweetssource

16時間前

@yakumokai

八雲会 Hearn Society@yakumokai

【定期】八雲会オリジナルのクリアファイル…A4サイズは小泉清《ヘルン像》(小泉八雲記念館蔵)と小泉八雲旧居の2種類。A5サイズは八雲愛用の船形の虫かご(小泉八雲記念館蔵)。八雲会事務局と小泉八雲記念館でお求めいただけます。 yakumokai.org/goods

posted at 18:01:34

18時間前

@hearnmuseum

小泉八雲記念館@hearnmuseum

もちろん、七夕は旧暦で行われてきましから、現在のカレンダーとは1月以上のズレがあります。はやく梅雨前線や線状降水帯とはおさらばし、天の川を臨める日が来てほしいと願います。そしてこれ以上豪雨の被害が広がらないように、牽牛・織女に祈りたい思います。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:23:57

18時間前

@hearnmuseum

小泉八雲記念館@hearnmuseum

じつは青森のねぶた祭りも、眠気や怠け心を祓う趣旨の祭りで、この習俗と精神的にはつながります。北東アジアの乾燥地帯起源の牽牛・織女の伝説とは、真逆の水や雨に因む伝承が多雨地帯の日本にあることを八雲は理解し、風土がつくる文化の面白さを最晩年の民俗学的エッセーに説きました。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:23:55

18時間前

@hearnmuseum

小泉八雲記念館@hearnmuseum

文中には、出雲のある農家に美しい女がやってきて、当時誰も知らなかった機織りの技を伝授したという伝承、出雲では7月7日の空が晴れていると災難が来るといわれること、さらにネムの葉とマメの葉をもって川へ行き、

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:23:52

18時間前

@hearnmuseum

小泉八雲記念館@hearnmuseum

【館長のひとりごと】-七夕 2020年7月7日

 七夕は、八雲によれば、日本の風雅な年中行事の中でも、最もロマンティックな行事。中国起源で日本では宮中に始まる行事だったが、この国の風土の特色を反映しつつ広く民間へ浸透した。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:23:48

18時間前

@hearnmuseum

小泉八雲記念館@hearnmuseum

さらに、それぞれの妖怪に自分がイメージするイラストを描きます。イラストは、没後発見され、1934年に佐藤春夫のプロデュースで『小泉八雲秘稿画本妖魔詩話』として上梓されます。また、原話となった江戸時代、明治時代の奇談集の挿絵にも大いに刺激されています【③】。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:23:41

18時間前

@hearnmuseum

小泉八雲記念館@hearnmuseum

1903年にはセツと一雄が浅草の古書店で妖怪の狂歌とイラストが描かれた『狂歌百物語』(1853)を八雲に提供。これにインスパイアされた八雲は、14種の妖怪を選び解説をつけた「化けものの歌」というミニ妖怪事典を執筆【②】。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:23:40

18時間前

@hearnmuseum

小泉八雲記念館@hearnmuseum

その根底には「自然は過ちを犯さない。生き残る最適者は自然と最高に共存できて、わずかなものに満足できる者。宇宙の法則とはこのようなもの」(「極東の将来」中島最吉訳)だという反人間中主義の認識があったからです。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:23:40

18時間前

@hearnmuseum

小泉八雲記念館@hearnmuseum

八雲は「人生に生きる目的を与えてくれたのはゴースト」(1893年12月13日付チェンバレン宛書簡)で、妖精、妖怪などの霊的存在が馬鹿げたものだと考えるのは、「想像力に欠け潤いのない実利的な人」(「妖精文学」)だと説きます。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:23:40

18時間前

@hearnmuseum

小泉八雲記念館@hearnmuseum

ダブリンのアッパーリーソン通りの家ではのっぺらぼうのジェーンを幻視。日本でも、親友西田千太郎の死に際し、東京の街角で西田の幻影を。晩年、焼津の熊野神社境内で自分以外の同行者の足の裏が急に熱くなる、不思議な経験を。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:23:38

18時間前

@matsureki

松江歴史館@matsureki

【7/8(水)限定】国宝松江城缶バッジプレゼント!

松江城が国宝に指定されて7/8で5周年。これにあわせ、当館の基本展または特別展を観覧の方先着20人に、当館オリジナルの国宝松江城缶バッジをプレゼントします。飴付きです♪
特別展「松江城大解剖―城郭そして城下町―」も好評開催中。ぜひご覧ください! pic.twitter.com/MRXZh9LqmL

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:23:27

18時間前

@hearnmuseum

小泉八雲記念館@hearnmuseum

妖怪研究の第一人者、小松和彦氏は妖怪を①「現象妖怪」、②「存在妖怪」、③「造形妖怪」に分類しています。①は神隠しのような不思議な出来事や怪音など、②がいわゆる天狗や雪女など怪異をもたらす存在としての妖怪、③は絵巻や漫画、フィギュアなど造形化された妖怪です。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:23:27

18時間前

@hearnmuseum

小泉八雲記念館@hearnmuseum

小泉八雲は、生涯で100話近い世界の怪談を採集・再話した作家です。いうまでもなく、「妖怪」は「怪談」という「はなし」を通して継承されるわけであり、その意味で「怪談」は「妖怪の文学」ともいえます。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 16:23:27

7月7日

@toyama_preflib

富山県立図書館@toyama_preflib

【企画展示の終了のお知らせ(お礼)】
実施しておりました企画展示「ラフカディオ・ハーン生誕170年」は、7月5日で終了いたしました。
ご来館いただいた皆様、資料を利用くださった皆様、ありがとうございました。
※これからも、いろいろなテーマで展示をおこないます。どうぞ、お楽しみに。 pic.twitter.com/bgKT1L5K3r

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:39:03

2020年07月06日(月)3 tweetssource

7月6日

@koshinokunibun

高志の国文学館@koshinokunibun

【文学講座】
本日、第1回「ラフカディオ・ハーンとフランス文学」を、当館では初の「Zoom」を活用したオンライン講座で開催しました!✨
富山大学人文学部教授・中島淑恵 氏による、貴重なお話を多くの方々にお届けすることができました😁

※次回、第4回講座(7/19)もオンラインによる開催です! pic.twitter.com/rhHBNEimi2

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 10:33:30

2020年07月01日(水)10 tweetssource

7月1日

@yakumokai

八雲会 Hearn Society@yakumokai

※「〔小泉〕八雲の作品には明星大学ゆかりの地である日野、青梅を舞台にした作品があります。日野市程久保の伝承「ほどくぼ小僧」を題材にした「勝五郎の転生」、青梅を舞台にした八雲の代表作「雪おんな」は八雲により、英語圏の人びとに知られることとなりました」

posted at 10:05:55

7月1日

@toyama_preflib

富山県立図書館@toyama_preflib

【企画展示のご案内】当館では7月5日(日)まで、企画展示「ラフカディオ・ハーン生誕170年」をおこなっています。「怪談」で有名な小泉八雲の新たな一面を発見してみませんか。
※展示資料の多くは貸出も可能です。www.lib.pref.toyama.jp/info/svInfoDtl pic.twitter.com/Va7aEb4WWS

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:38:24

7月1日

@koshinokunishop

高志の国文学館ミュージアムショップ?@koshinokunishop

遅ればせながら、昨日6月27日はラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の170回目のお誕生日でしたね✨
この企画展の開催中に迎えられたことをうれしく思います☺️
高志の国文学館でのラフカディオ・ハーン展は7月5日(日)まで開催しております!関連グッズや関連書籍もまだまだ取り扱っております…!🙌 pic.twitter.com/JFL6lQtG38

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 09:37:43

2020年06月30日(火)1 tweetsource

6月30日

@yakumokai

八雲会 Hearn Society@yakumokai

【定期】八雲会オリジナルのクリアファイル…A4サイズは小泉清《ヘルン像》(小泉八雲記念館蔵)と小泉八雲旧居の2種類。A5サイズは八雲愛用の船形の虫かご(小泉八雲記念館蔵)。八雲会事務局と小泉八雲記念館でお求めいただけます。 yakumokai.org/goods

posted at 18:01:14

2020年06月29日(月)5 tweetssource

6月29日

@yakumokai

八雲会 Hearn Society@yakumokai

室蘭民報(共同通信):
小泉八雲、生誕170年 松江で記念展、原典紹介
※同展に関する共同通信の記事をご紹介するのは3度目ですが、八雲と同じ誕生日の来場者に対する記念品贈呈や、コロナ禍による臨時休館から再開館に至る経緯にも触れたロングバージョンです。
www.muromin.jp/news.php?id=6938

posted at 18:41:30

6月29日

@mainichi_matsue

毎日新聞松江支局@mainichi_matsue

小泉八雲の生誕170年を迎えた27日、松江市奥谷町の小泉八雲記念館で企画展「小泉八雲、妖怪へのまなざし」が始まりました。門外不出だった富山大付属図書館所蔵の八雲の蔵書や、鳥取県境港市出身の漫画家・水木しげるさんのイラストなど計61点を展示するということです。
mainichi.jp/articles/20200

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 18:31:46

2020年06月28日(日)38 tweetssource

6月28日

@noguchi_ursula

野口方子@noguchi_ursula

わー、これいいなぁ。朗読するのにハーンは幾篇か翻訳しましたけど、怪談の何本かは共感を覚えつつ美しい英文だと感服しながら訳したものの、『門付け』後半の芸術論はもう艱難辛苦…へるん先生に「甘く見るんじゃない」と叱られている気分でした(^^;。 twitter.com/ninesan999/sta

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 17:11:00

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

6月28日

@hearnmuseum

小泉八雲記念館@hearnmuseum

企画展オープニングから一夜明け、メディア各社はじめ多くのみなさまの投稿をとてもうれしく拝見しております。

パネル解説をじっくりお読みいただくと、八雲の妖怪や怪談に込めた思いを感じ取っていただけることと思います。

(以下は、共同ニュースより)

this.kiji.is/64943090232277

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 17:07:35

6月28日

@kameiasami

亀井麻美@kameiasami

昨夜の寝床読書📖👓
小泉八雲『怪談・奇談』平川祐弘編、講談社学術文庫。後半に原拠(これがまた面白いのです)を掲載したお徳用版。
昨日は小泉八雲、パトリック・ラフカディオ・ハーンの生誕日だったので(1850年6月27日―1904年9月26日)。
今年は生誕170年なんですね。 pic.twitter.com/BHYkmnLmgT

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 12:40:52

6月28日

@yakumokai

八雲会 Hearn Society@yakumokai

山陰中央新報社:
「小泉八雲、妖怪へのまなざし」開幕
※小泉凡館長「八雲が妻から昔話を聞いた話は有名だが、和装本には挿絵があり、蔵書の絵からもヒントを得たことが分かる。QRコードは初の試み。活用して楽しんでほしい」
2021/6/6まで、小泉八雲記念館(松江市)
www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1

posted at 12:24:16

6月28日

@twintail_iris

杜若菖蒲??2.5次元V⚡️?@twintail_iris

そうだ!
昨日は何となく歩いて松江の大橋を渡りたくて、すこぉし時間はかかるけど塩見縄手の記念館から松江の駅まで歩いてみたのですよぅ!
街中で見つけたヘルン先生!そこら中でヘルン先生を見つける……松江の方々に愛されているのを感じます……❤

#小泉八雲
#松江 pic.twitter.com/2XIsUaANiy

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 11:24:42

6月28日

@yakumokai

八雲会 Hearn Society@yakumokai

※「ボールペンによる繊細な画風で、絵の具で着色した作品もある。妖怪のイメージの源流とされる江戸時代の鳥山石燕の画集「画図百鬼夜行」の影響がみられ、なじみのある妖怪も多くいる」

posted at 11:17:22

6月28日

@yakumokai

八雲会 Hearn Society@yakumokai

読売新聞:
八雲にとっての妖怪って?
※「松江市で暮らした小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の生誕170年を迎えた27日…企画展「小泉八雲、妖怪へのまなざし」が始まった。八雲が作品で描いた妖怪と、着想を得た原話の和装本を比較」
2021/6/6まで、小泉八雲記念館。
www.yomiuri.co.jp/local/shimane/

posted at 11:08:24

6月28日

@yakumokai

八雲会 Hearn Society@yakumokai

朝日新聞:
島根)八雲生誕170年 記念館で企画展始まる
※「八雲が収集した和装本の原典(富山大付属図書館所蔵)のほか、漫画家の水木しげるさんや八雲自身が描いた妖怪のイラストなど…QRコードの掲示も初めて導入し、読み取るとあらすじや説明が表示」
2020/6/6まで、小泉八雲記念館(松江市) twitter.com/asahi_shimane/

posted at 11:03:57

6月28日

@yoshifujigato

yoshifuji@gato?@yoshifujigato

今日小泉八雲のお誕生日なんですが…松江に行かれたら是非八雲のおうちが、残っているのでいって欲しい…

お庭が素敵で…彼は眼が不自由だったので少々変わった机を使っていたのですがそちらもあります…

私は行くとかなりの長時間ぼーと眺め彼がみていた風景を見ながら彼が何を思ったかを考えます…

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 08:58:15

6月28日

@jpn_tadokuorg

Reading Japanese 日本語@jpn_tadokuorg

この家(いえ)は、小泉八雲(こいずみやくも)が日本(にほん)で小泉セツと暮(く)らした松江(まつえ)の家です。八雲は1850年(ねん)の6月(がつ)27日(にち)にギリシャで生(う)まれ、1890年に日本へ来(き)てから、たくさんの『日本のこわい話(はなし)』を書(か)きました。M pic.twitter.com/rlYlr2akJX

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 08:57:40

6月28日

@catsummer

よしの?@catsummer

原題は「アモンチリヤドウの樽」といふ意味のうらに、「モントリゾウ家の棺」といふ語呂をも含んでゐる。文中にも沢山あるこれらの言葉の洒落や語呂は伝へることが不可能だつたから一言断つて置く。訳者(佐藤春夫訳『復讐』はしがき)

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 08:54:28

6月28日

@catsummer

よしの?@catsummer

同じ年にはるおはポーの『アモンチリャドウの樽』も翻訳している(この原題 The Cask of Amontillado には二つの意味が込められているのだが、そこをうまく訳せなかったというはるおは後に単行本収録の際『復讐』というタイトルに変えている)

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 08:54:27

6月28日

@catsummer

よしの?@catsummer

はるおの注に依れば Some Chinese Ghosts もヘルン先生の初期作で、日本に来る前に書かれた本だと言うことだから、はるおは日本に来る前のへるん先生に興味があったのだろうか

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 08:54:25

6月28日

@catsummer

よしの?@catsummer

仕事してる時にふと思い出したのだが、確かはるおって『尖塔登攀記』以外にもヘルン先生の翻訳やってたよね…… Chinese Ghost Stories とかなんとかだったと思ったが……後でチェックしなければ、メモメモ

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 08:54:23

6月28日

@KiharaHirokatsu

木原浩勝/KIHARA. Hirokatu/ 兵庫県立歴史博@KiharaHirokatsu

新耳袋トークライブのお客様用に、リーフレットをたくさん頂いてきました。
来年の2021年6月6日までやっていますから慌てなくて大丈夫です。
『狂歌百物語』と、そこから選んで八雲が描いた妖怪イラストに加えて、水木しげる先生の妖怪画(印刷物)が並んでいるコーナーが人気でした。 pic.twitter.com/pswhfDbYzn

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 08:50:32

6月28日

@ayuko322

Ayuko 小泉八雲??????の玄孫@ayuko322

「発信しないと情報はやって来ないわよ?」

と言われ、名前の後に"小泉八雲の玄孫"を付けて面倒なこともあったけどそれを通じて出会えた人は財産ですし、ブログや八雲作品の感想を送ってくれた人に子孫として感謝を伝えられる時代に生まれて嬉しい😊

これからもよろしくね❤️
ayuko8.cloud

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 08:45:38

6月28日

@Lib_LH

ヴェン@Lib_LH

今年は少し特別な年。生誕170年と来日130年という節目。
たとえ大きく祝福できなくても、それで貴方の価値は損なわれない。敬愛も、また。
自分の力は小さいけれど、これからも変わらず貴方を追うでしょう。
今日という日に祝福を。

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 08:44:35

6月28日

@KiharaHirokatsu

木原浩勝/KIHARA. Hirokatu/ 兵庫県立歴史博@KiharaHirokatsu

松江で小泉八雲の170回目のお誕生日をお祝いしました。
こちらはせっかく還暦の歳でもあるので(八雲の四代目・凡さんの奥様・祥子さんも二ヶ月後に還暦なので前倒し)2人で「赤いちゃんちゃんこ」をきました。(真ん中が凡さん)
企画展の成功もお祝い‼️
松江で寿司といえば『寿し秀』さんでパチリ。 pic.twitter.com/2GFmPDyJ3m

Retweeted by 八雲会 Hearn Society

retweeted at 08:44:26

このページの先頭へ