情報更新

last update 12/10 21:52

ツイート検索

 

@yan_warld
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

  • 59フォロー
  • 164フォロワー
  • 7リスト
Stats Twitter歴
3,223日(2010/02/14より)
ツイート数
12,428(3.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年12月10日(月)3 tweetssource

12月10日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

GV-ONU PR-400KI の映像出力ランプが赤くなっていた。調べてみたら緑だと映像サービス(テレビ)利用可、赤で故障、消灯で利用不可ということだが、テレビは一応映っている。気持ち悪いのでさらに調べると、機器の故障というより光ケーブルの不良で起こることらしい。

posted at 05:59:23

12月10日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

実はずっと気になっていたのが、部屋の中で光ケーブルが曲がってるところがあって、これ通信量が減ってるのかなー、プラスチックっぽいし曲げすぎるとポキッて折れちゃうよなー、とか心配していた。なのでもしかしてこれを伸ばせば…?

posted at 05:59:24

12月10日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

そう思ってなるべく曲がらないように工夫してみたら、しばらく緑になったり赤になったりしていたが、ついに緑に安定しましたよ。おおー。読み通り!

posted at 05:59:24

2018年12月09日(日)18 tweetssource

12月9日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

物語にとって「感情移入」というは必須の要件と言っていいが、これはキャラクターが単体でどういうものであるかとはあまり関係がない。この辺が分からないと、ただ単にキャラクターそのものに感情移入できたとしても作品自体が面白くない、ということも起こり得てしまう。この件について書きたい。

posted at 13:08:24

12月9日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

つまり、感情移入できるキャラクターだとか、共感できるキャラクターだとか、それはそれで作品にとってプラス要素にはなるが、それは作品が決定的に面白いモノになるかどうかとは別問題、ということだ。

posted at 13:15:07

12月9日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

いきなり分かりやすい例を挙げると、「バキ」なんかは、とりあえず私としては共感できるキャラクターがどうも見当たらない。のだが、にもかかわらず、どういうわけか「感情移入」は起こり、バキって面白いなー、という感想になる。

posted at 13:18:27

12月9日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

「相手を倒す」という「目的」や「欲求」、そのために「戦う」という「行為」、「やってやる」という「衝動」、「痛み」の「感覚」、喜びや悔しみの「感情」、戦いが終わったときの「達成感」(負けても、やるだけやったという感情は双方にある)…こういうものによって「感情移入」が起こっている。

posted at 13:30:03

12月9日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

物語における感情移入とは、共感というよりこういったものをキャラクターたちと共有することで起こるもので、それが共有できればキャラクターがどういうヤツなのかは問われないのだ。これは例えば、共感できないキャラクターであっても目的が同じであれば仲間、みたいになるのと似た感覚だろうか。

posted at 13:41:30

12月9日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

ジョジョなんかを観ていると、戦っているときに主人公側の視点と敵の視点と交互に描かれたりするのだが、敵が主人公側から攻撃されるターンのときに敵の視点で描かれたりして、そいつがピンチになるとそいつの気持ちになってハラハラしてしまうのだ。

posted at 13:50:16

12月9日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

「相手を倒すために戦う」、これが敵であろうが味方であろうが同じなのだ。そこに感情移入しているのだ。敵も味方もそのように描く、ということをやると、言ってみれば2倍の感情移入が得られるわけだ。

posted at 13:58:13

12月9日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

もちろん、敵も人間である、ということで「人間くささ」のようなものを描いてやると、キャラも人間、読者も人間、ということでそこに「共感」は呼べたりする。ただそれは「感情移入という物語における包括的な仕掛け」の「一部」である、ということだ。

posted at 14:02:56

12月9日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

この感情移入の仕掛けにおいて上位に来るのが「キャラクターの目的」ということになる。目的があればキャラクターはそれに向かって行動することになる。これはもう簡単に言えば「キャラクターが目的に向かって頑張る様子」を描くことで感情移入というものかなりダイレクトに得られるということだ。

posted at 14:15:07

12月9日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

キャラクターがどんなヤツかはどうでもいい、ということだが、なんとこの目的がどんなものかもどうでもいい。これは面白い事実だ。「マクガフィン」という言葉がある。映画監督のヒッチコックの言葉だが、泥棒が狙う宝石やスパイが狙う重要書類などのことで、それは別に何に設定してもいいわけだ。

posted at 14:21:50

12月9日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

まとめると、「読者を感情移入させたければ、どんなヤツでもいいからあるキャラクターが、どんな目的でもいいからある目的に向かって、とにかく行動していくところを描けよ」ということになりますね。分かりやすい。

posted at 14:26:27

12月9日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

これをやらないといけない。設定にこだわるのも大事なことだ。主人公を共感できるキャラにするのは有効な手だ。しかしその設定で「キャラの目的」が考えられていなければストーリーは動かない。…うーん、なんか当然のことをドヤ顔で言ってるみたいで恥ずかしいのだが…w

posted at 14:36:45

12月9日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

みんな、とにかく共感を呼べそうな、悩みがあるとか、人間くさいとか、かっこいいかわいいとか、好かれそうだとか、逆にクズだとか、「キャラが立ってる」とか、あと何があるか知らんけど、そういうキャラを考えることばかりに必死のようだが、それでは作品を面白くするのに決定的なものにはならんよ。

posted at 14:45:52

12月9日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

自分が作ったキャラの目的も考えてやらずに、ただただ日々を過ごさせてるとしたら、無責任な親だと思うよ。キャラがかわいそう。キャラを立たせてるつもりが、キャラが死んでる。物語が死んでる。本当の意味でキャラを動かして、物語を動かして、生きたキャラ、生きたストーリーにしないとダメだね。

posted at 14:58:04

12月9日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

キャラがいいか悪いかは、どこまでいっても読者の好き嫌いだから、キャラさえでよければいいという考えでは、ハズしたら終わり。だからそれこそ、みんながいいと思う、人気のキャラにしたければ、そいつが目的に向かって頑張るところを描く、これが鉄板であると。そういうことが言える。そういうこと。

posted at 15:18:39

2018年12月08日(土)5 tweetssource

2018年12月07日(金)33 tweetssource

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

YouTube Premiumオリジナルドラマ「オリジン」、8話まで観て、まあ面白くないことはないけど、つらいところがある。最初に思ったのは、SFなのにSFがしっかりしてない。宇宙船は、エレベーターが通る軸を中心に、10個のリング状の区画が回っている形なのだが、このリングが回っていることに意味がない。

posted at 06:35:45

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

宇宙船の形はモロに2001年宇宙の旅のディスカバリー号を軸に同作のリング状の宇宙ステーションが10個連結しているという分かりやすい形をしているのに、その形が遠心力で擬似重力を発生させるためでもなんでもなく、なんのことはなく能天気なスペースオペラのように適当に人工重力が働いているという。

posted at 06:45:29

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

これが実に頭が悪そうに見えてしまう。ほんと適当にそれっぽい形の宇宙船デザインしときましたー的なやっつけ感。内部はただの真ん中にエレベーターのある筒状の10階建ての建物と同じ。これが1階ごとに逆回転しているのが無意味さに拍車をかけている。デザインの意図が遊園地のアトラクションと同じ。

posted at 06:50:10

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

ちょっときつい書き方になっていると思うが、まあまあのショックだったので。だって最初に目覚めたシュンが船内をさまよって、窓から宇宙船の全貌を見たときに「リングの中心方向が下だった」ので。それを見せられたとき、もう脱力してしまって1話だったけど早々に離脱しようかと思ったもの。

posted at 07:02:52

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

さらに、「ああ…リングの中心方向が下なのね…分かったよ、そういうことにして観ていきましょ…」と思って観ていったら、いつの間にか「リングの中心軸に上下に移動するエレベーターがあって、結局上下はそれを基準にしたものになってた」という。分かりますか?図で描けば一発で分かると思うけど。

posted at 07:09:39

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

ほんと「ずさん」。適当すぎ。…まあいいよ別にもう…SF的にはその程度の作りなのね…分かりました、そのつもりで観ていきましょ… 別にSFマニアでもなんでもないけどさぁ、世間一般にとっちゃSFなんて別にこんな不思議の国のアリス的なノリでいいってことなのかよ…ってガックリきちゃいました。

posted at 07:19:18

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

まあ「安いドラマだなー」とは思うよね。こんな感じだとやっぱり。まあいいんでしょうね、安いって思われたって別に。「ドラマが安くて何が悪い、ドラマというのは安いものだ、安く気軽に楽しめる、ツッコミどころがあってつっこんで楽しむご愛嬌、それがドラマというものだ」ってことでしょうね。

posted at 07:30:33

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

もう、そういう「安いツッコミどころ」は常に満載ですね、オリジンというドラマは。観ていくのだったらその都度深く考えず流すようにしていくしかない…w はい、それがまず第一につらいところ。次に、今度は構造的につらいところがある。連続ドラマのフォーマット的なものね。

posted at 07:42:38

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

このドラマの話の中心軸は、閉ざされた宇宙船内に取り残された数名の男女が、その過酷な状況や人間をのっとる正体不明の生物の脅威と戦いながらサバイバルしていくこと、なのだが…この中心軸の話の進行はおざなりに、登場人物一人ひとりの「地球でどう生きていたか」をいちいち見せられるのがつらい。

posted at 07:52:00

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

人物の過去がどうだったかとか、はっきり言って興味ないから。そうじゃなくて「こんな宇宙船内で、これからどうなっちゃうの?」これが興味の中心だから。人物の過去とか長々とやったところでそんなものは単なる「人物紹介」。 …という人物でした。…で、だから?ってなるだけですよ。

posted at 08:03:18

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

要するに、本来ならば人物設定はサラッと済まして、ではこういう設定の人物が問題にどう立ち向かっていくのか? が話の筋というものだから。で、その話の筋、本筋の中で、どういう人間かを描いていかないといけない。同時進行しないといけないのだよ。人物を深めていくのと話を進めるのは。

posted at 08:09:01

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

それを、人物を深めることと、話の本筋を、分けちゃってたら話にならない。また料理に例えるけど、カレーライスをさぁ、カレーとライスで分けて食べますか?ってことだよ。せめて、かわりばんこならあり得る。いや、あり得るか? カレーとごはん一緒に口に入れないとか、やっぱりあり得ないでしょ。

posted at 08:14:26

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

それをやってるんだよ。カレーだけをたっぷり延々食わせて、カレーの味はこんなのでした。はい一区切り。ではごはんを食べましょう。ごはん、少し食べてください。では今度は違うカレーです。たっぷり食べましょう。はい、カレーのルー、お腹いっぱい食べましたね。ではごはんをまた少し食べましょう。

posted at 08:19:24

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

カレーの例えはいいとして、せめて「この人物の過去が知りたいなあ」って気持ちにさせてからでしょ。そんな気持ちになるように描けてないから。だってこの制作者、人物の魅力はそれぞれの「回想で」描くつもりで作ってるから。だからそれは構造的にまずいんだよって言ってるのですよ。

posted at 08:26:19

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

また違う例えをすると、「ドラゴンボールのアニメの引き伸ばし」と同じことをやってる。悟空とべジータのにらみ合いですよ。にらみ合ったままの二人を、緊迫のBGMと共にたっぷり交互に映す。にらみ合ったまま動かない。これは話が進まないってことです。で、何をやってるかと言ったら「回想」ですよ。

posted at 08:34:33

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

「過去はどうだったか」をやる。いや、本当はアニメの制作者も話を進めたい。でも原作ができてないから進められないw もう苦肉の策で、こうするしかない。しかし、策としてはしっかり成り立つ。ちゃんと間が持つ。つらいのは視聴者。間が持ってるって、でもこれは視聴者つらいですよ。かわいそう。

posted at 08:38:19

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

オリジンは要するに「そういうフォーマットでやる」って決めてやってるんですよ。そうやってたっぷりドラマ10話分の時間が稼げるのでね。何人もいる人物の人数分の回想で時間稼ぎまくり。別々の他人の人生だから人物同士の関連持たせるとか面倒なことせずに描けるのもいい。

posted at 08:46:18

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

だから本筋がスカスカなんですよね。人物一人ひとりの過去をじっくり描くことがメインになっちゃってる。そんなこといくらやっても個々の小品を並べているだけ。個々の人物紹介をやってるだけで本筋にはほとんど関係なかった。

posted at 08:55:42

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

ああ、この人はそういういきさつでこの宇宙船に乗ることになったのね。それだけ。その人の過去と宇宙船で起きたことが関係ないものであれば、本当にそれはただの人物紹介でしかない。まずはちゃんと1本のストーリーを描いて、そういうのはスピンオフでやれよ、ってこと。

posted at 09:00:23

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

それは分かるでしょ。あるキャラでスピンオフを作るのが成り立つのは、そのキャラが人気だから、それでさらにもう一儲けできるからでしょ。そのキャラがそこまで人気になったのは、ちゃんと1本の作品を作って、その作品がいいものとして売れて、その中で活躍したキャラで、客に好かれたからでしょ。

posted at 09:04:50

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

それを人物紹介の段階でやるのは無理がある。なんで興味ないキャラの興味ない過去を見せられないといけないの?ってなるでしょ。そういうことが普通にできるのは主人公だけ。主人公の人生はストーリーにとって本筋になるものだから、そいつの過去から始まってもそこが話の始まりってことになるからね。

posted at 09:10:54

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

適当なもののつぎはぎの寄せ集め感が否めない。SFは適当、本筋のサスペンスホラーは適当、個々の人物の過去はそれぞれ単品みたいになっちゃってて、面白いのもあったけど大抵たいして…って感じ。ぜんぜん観たいドラマではなかったなー。

posted at 09:18:48

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

だってエイリアンみたいなの期待しちゃうじゃん。地球の世界観はブレードランナーみたいだし。そういうパクりみたいなのはいいんだよ。好きなんだから。そういうのが観たいんだから。だからちゃんとやれよと。ちゃんとやってくれるなら、ちゃんと面白がるよこっちも。

posted at 09:21:11

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

SFホラーの見た目だけ適当にパクって、回想で時間稼ぎしたような作りで、悲しくなっちゃいました。こんなドラマでYoutubeプレミアムを引っ張ろうとか考えてるとしたらつらいんじゃないですかね。そうじゃなくて適当なタマのひとつなら、まあいいんじゃないですか。適当なタマのひとつ、適当なドラマ。

posted at 09:27:38

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

あともうひとつ。群像劇が適当。ぜんぜん群像劇描けてないから。だって個々の過去を別々にやってるだけだからね。そういうのは群像劇ではない。単像劇×人数分、とでも言うのか。構造的な問題なのか、人物どうしが絡み合うのを、避けてるから。一人ひとりの回想描くのに一生懸命だからねー。

posted at 09:41:13

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

ほんと、お前の過去なんかどうでもいいよ!今、目の前にいる人間たちとその回想にかける労力使って絡めや!(お互いぜんぜん深入りしようとしない)エイリアン、今襲ってこいよ!(ぜんぜん襲ってこない、だったら何も怖くないじゃん、仲よく目的地まで行ったら?)演出はビックリさせるだけのやつ。

posted at 09:48:06

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

私はそんな風に感じましたけど、別に普通の人が何も考えずに観たら楽しめるかもです。

posted at 09:53:53

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

もう少し言わせて。回想を「Aさんが自分の過去をBさんに話す」とか「Aさんの記憶をBさんが見る」とか、そういうことでドラマに描かれる、というものにしようよ。そいつしか知らないそいつの過去のシーンが勝手に始まるだけ、って、どんだけ人物閉ざされてるの。どんだけ人物どうし切り離されてるの。

posted at 10:14:03

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

これは人物が客に向かって独りごと言ってるのと同じで、何もドラマにならない。人物どうしが絡み合わなきゃドラマにならない。これってもしかして制作者の性格なのかって思っちゃう。なんか素人くさいよなーやってることが。回想を入れまくるとこんなに酷いことになるという悪例を見させてもらった感。

posted at 10:14:03

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

最終話まで観ました。オチはよかったよ。それまでにけっこう伏線があったのも分かった。テーマも分かった。そういうことが表現したかったのね。デビルマン的な。だから、途中ダラダラやりすぎってこと。

posted at 16:16:02

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

こんな風にするんだったら真相なんて隠したってしょうがないんだよね。隠したままで進展がないんだから。だから、デビルマンが誰かを隠すより、デビルマンの視点でその気持ちをじっくりたっぷり描いてった方がずっと面白いじゃん。

posted at 16:16:02

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

だからデビルマンが誰かはすぐ(客には)バラすことになるわけだけど、隠すよりもっと面白くなるわけだから、ぜんぜんそうするべきだったね。不動明がデビルマンってことは、誰も知らない知られちゃいけないんだけど、観てる客にはバラさないと話にならんでしょ。そういうことですよ。

posted at 16:16:03

12月7日

@yan_warld

YAN☆@yan_warld

私がデビルマン的なの描きたいわけじゃないからね。制作者さん、あなたがそれを描きたいんだからね。最終話観たら分かりますよ、ああそういうことが描きたいんじゃん、描きたかったんじゃんあなた、って。だったらダラダラどうでもいい脇役の過去話で時間潰してる場合じゃなかったね、もったいないね。

posted at 16:22:54

このページの先頭へ