情報更新

last update 06/19 15:50

ツイート検索

 

@yosha_01
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@yosha_01

Yoshihiro Hayashi@yosha_01

Stats Twitter歴
4,422日(2007/05/13より)
ツイート数
61,808(13.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年01月18日(木)8 tweetssource

1月18日

@jaguring1

小猫遊りょう(たかにゃし・りょう)@jaguring1

人工知能(AI)がスタンフォード大学の読書テストで人間を凌駕するスコアをマークgigazine.net/news/20180116-
『Alibabaが使用したニューラルネットワークモデルは、「段落から文章、単語まで」を読み取って回答を特定する「Hierarchical Attention Networks」という技術をベースにしているとのこと。』

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 04:41:16

1月18日

@sasakitoshinao

佐々木俊尚@sasakitoshinao

なぜ「逃げ恥」「この世界の片隅に「君の名は。」は最初から恋愛のパートナーが決まっているのか?というお話。自由の責任よりも、偶発性を愛おしみたい時代感覚。/今なぜ最初からパートナーが決まっている物語が持て囃されているのか? bit.ly/2iB22ZL

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 04:44:11

2018年01月09日(火)3 tweetssource

1月9日

@yosha_01

Yoshihiro Hayashi@yosha_01

夢の中にしか存在しない街がある。街には古ぼけたビルがある。その一室を現代風に改装し、布屋を営んでいる男がいる。僕はその街に行くとかならずその男と食事をする。いつもと同じ中華料理屋で、いつもと同じテーブルで。

posted at 23:43:02

1月9日

@yosha_01

Yoshihiro Hayashi@yosha_01

夢の中では僕はよく歩く。なのでその街には多少の土地勘もある。中華料理屋から布屋まで歩いて行けと言われれば、ひとりでも歩いていけると思う。川辺を散歩することもできる。でもそんな街は現実には存在しない。

posted at 23:43:03

2018年01月08日(月)5 tweetssource

1月8日

@kasa_sora

槙野 さやか@kasa_sora

日本人の多くは直系親族ベースの「家族」を信仰していて、年末年始はその規範が強くなる時期です。私は「日本の聖なる家族の休日」って呼んでるんだけど、血族と法律婚と嫡出子の祭典なんだよね。だから疲れる人も出てくる。祭りは言祝がれぬ者を排除し、「正しい」者を選別する装置でもあるからです。

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 19:06:55

1月8日

@hori_shigeki

堀 茂樹@hori_shigeki

発想の転換、システムやモデルのチェンジ、つまりイノベーション。これが苦手なのが日本(+たぶん独、韓)。得意なのが英米。その中間が仏。仏はいつも英米に遅れ、烈しい内部対立の末に変身する。日本はある社会システムの中での進歩・洗練なら世界一だ。しかし、システム自体の刷新を恐れ、嫌がる。

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 19:07:24

1月8日

@yosha_01

Yoshihiro Hayashi@yosha_01

『存在の耐えられない軽さ』の四人の中で著者が最も愛したのはサビナだろう、というのを書評なんかでよく見るけど、たぶんそうなんだろう。

posted at 19:09:32

1月8日

@yosha_01

Yoshihiro Hayashi@yosha_01

ヨーロッパだと日曜日を営業禁止とする、となるけど、日本だとお正月の感じは近いかもしれない。その期間の営業活動を法で禁止する。

posted at 19:17:03

2018年01月02日(火)8 tweetssource

1月2日

@yosha_01

Yoshihiro Hayashi@yosha_01

市民主義と権威主義の摩擦が今年もおもしろいと思う。都市と周辺の対立もより鮮明になっていくんじゃないかな。

posted at 01:56:40

1月2日

@yosha_01

Yoshihiro Hayashi@yosha_01

夫の勤め先を手帳を見て確認してる様子もすごく印象に残った。まるで映画の主人公みたいだ。あれは愛される。

posted at 02:06:09

1月2日

@tsubanya

つばな/野咲カノン@tsubanya

二礼二拍手一礼の参拝方法の起源と広まり方について - Togetter togetter.com/li/1065098 @togetter_jpさんから なんか一年前の私のまとめがまた伸びてるんですが、すみません。結局研究は進んでません。平成の頃、お手水や拝殿前に「二礼二拍手一礼」の作法を貼るようになったいきさつ、団体分からず

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 02:13:05

1月2日

@kyslog

ショーンKY@kyslog

アイデンティティ・ポリティックスは、結果的に極右の孵卵器として機能したなとしか思えない。マイノリティに対して「あなたたちはXという自覚を持て」とアピールし続けた結果、マジョリティに対して「私たちは非X集団である」というアイデンティティを植え付ける結果となった
econ101.jp/%e3%82%b5%e3%8

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 10:27:02

2018年01月01日(月)4 tweetssource

2017年12月31日(日)10 tweetssource

12月31日

@Newton_Science

科学雑誌Newton(ニュートン)公式@Newton_Science

《 認知症 ─ 人類に課せられた21世紀最大の課題 》
日本国内の認知症の患者数は,2025年には実に700万人に達するといいます。
認知症をひきおこす原因で最も多いのが「アルツハイマー病」です。発売中のニュートン別冊『脳のしくみ』では,アルツハイマー病研究の最前線をくわしく紹介しています。 pic.twitter.com/FCeuv7EcFp

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 11:56:30

2017年12月30日(土)3 tweetssource

12月30日

@yomoyomo

yomoyomo@yomoyomo

達人出版会より『もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて 続・情報共有の未来』の発売を開始しました。WirelessWire Newsの連載に加筆修正を行いまとめたものに、ボーナストラックとして新たに書き下ろした「長編エッセイ」を収録しています。
tatsu-zine.com/books/infoshare2

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 23:23:50

2017年12月29日(金)3 tweetssource

12月29日

@ogi_fuji_npo

荻野幸太郎?@ogi_fuji_npo

若者のセックス離れ・恋愛離れ論議。そろそろ本来的に若者は恋愛してセックスするはずという押しつけがましい幻想は捨てて、恋愛やセックスなんて本当はしたくない人も多かったんだな、これまでの社会はそういう人たちに迷惑をかけていたんだな、という認識に切り替えていくべきじゃないだろうか。

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 02:09:12

12月29日

@yosha_01

Yoshihiro Hayashi@yosha_01

性欲を食欲や睡眠欲との同列に並べるのはちょっと過大評価ではないかという感じはする。それほどあてにできるものだろうか。

posted at 02:14:07

12月29日

@yosha_01

Yoshihiro Hayashi@yosha_01

アイルランドの同性婚の話は、エロスはいらない、プラグマとストルゲがあればよい、という風に読めて、いかにも現代的な感じがする。暴力の気配がない。

posted at 02:20:49

2017年12月27日(水)13 tweetssource

12月27日

@mariemot

mariemot@mariemot

近年同性婚が認められるようになったアイルランドで、同性愛者ではない男性2人が結婚。2人は長年の親友で、一方の視覚障害者を他方が介護しているが、その費用の支払いに死後持ち家を譲る約束をしており、多額となる相続税対策とのこと www.theguardian.com/world/2017/dec

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 20:17:51

12月27日

@mariemot

mariemot@mariemot

アイルランドの友人同士の同性婚の話題、たくさんの方が興味を持っているようで、直接間接に(引用RTなどで)意見を表明されている。記事をツイートした私は、そうやって表明される様々な意見を興味深く読んでいます

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 20:18:04

12月27日

@mariemot

mariemot@mariemot

そうや、日本には「家/財産の継続/相続を目的とした成人同士の養子縁組」という制度があったな、と思い出したり。英国では(そして確かアイルランドでも)成人を養子とすることは禁じられているのだけれど、他の国々ではどうなのだろう

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 20:18:15

12月27日

@mariemot

mariemot@mariemot

あと、こういった「性的に愛し合うもの同士」以外の結婚という例を、「同性婚許可の弊害」と捉えている人がいたのには驚いた。異性婚ではありえないっていう認識なのかしら。

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 20:18:25

12月27日

@mariemot

mariemot@mariemot

ちなみに、この30年来の親友の男性2人は、性的にではないが「愛し合っている」と明言しているが、記事を読まれなかった方はご存知ないのだろう。

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 20:18:37

12月27日

@mariemot

mariemot@mariemot

結納制度や仲人制度など結婚は家同士のつながりとの認識がいまだ残っているように思える日本で、結婚は結婚する本人同士の間に性的な愛情が存在することを条件と捉える方がいるのには、少し驚いた。

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 20:18:47

12月27日

@mariemot

mariemot@mariemot

性愛的関係の存在を婚姻の大切な条件とするというのが20世紀に入ってからの認識であるという指摘とか、古くキリスト教徒が禁忌としていたのはセックスではなく結婚であるという話とか、それがどうして教会が婚姻関係の成立に積極的に関わるようになったのかとか

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 20:19:05

12月27日

@mariemot

mariemot@mariemot

英国の住宅史を扱った本で読んだのだけれど、住宅が何よりも価値ある財産で、住宅を所有していないと結婚が困難であった時代、長年働いてやっと家を建てた中年の男性がより多く子供を産んでくれそうな年若い妻を娶る→夫が先に死ぬ→家持ち未亡人となった女性が家を持たない若い男性を後添いに迎える→

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 20:19:15

12月27日

@mariemot

mariemot@mariemot

(承前)年上の妻が先に死ぬ→家持ちのやもめとなった男性が若い妻を娶る→年上の夫が先に死ぬ→云々 という形で住宅の所有を巡っての婚姻サイクルがあちこちで確立されていたのだそうだ。財産の相続が婚姻の重要な理由であった時代の話

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 20:19:25

12月27日

@mariemot

mariemot@mariemot

アイルランドの同性愛関係にない男性同士の同性婚の話題、実は私が一番気にかかったのは、なぜこの二人が「自分たちは同性愛関係にはない/異性愛同士である」とわざわざ明言せねばならなかったのかという点なんだけれど。そこに、同性婚制度の導入後も根強い同性愛への禁忌の存在を感じるのは私だけ?

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 20:19:39

12月27日

@mariemot

mariemot@mariemot

この二人がそういった禁忌の念を内面化しているのか、それとも社会にある禁忌を存在を敏感に感じて一言付け加える必要性を感じたということかはわからないのだけれど

Retweeted by Yoshihiro Hayashi

retweeted at 20:19:45

このページの先頭へ