情報更新

last update 10/26 10:49

ツイート検索

 

@yujitach
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@yujitach

🥑@yujitach

  • 804フォロー
  • 6,318フォロワー
  • 196リスト
Stats Twitteræ­´
4,358日(2009/11/21より)
ツイート数
4,043(0.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年10月20日(水)2 tweetssource

10月20日

@yujitach

🥑@yujitach

部屋に対して動くのに、spatial audio だと音は部屋に対して固定、首に対して動く。これだとどうしても本体スピーカーから鳴っている気がしてイヤホンから鳴っていると納得出来ず、子供を起こしたらいけないと思ってはじめ何度も何度も音が何処から鳴っているのか確認してしまった。

posted at 00:42:22

10月20日

@yujitach

🥑@yujitach

遅ればせながら apple の新製品発表 www.apple.com/apple-events/o… をみて一番びっくりしたのは、動画にずっと spatial audio を使ってあったことで、僕は初体験。使っている無線イヤホン(AirPods Pro)が spatial audio 対応なのにこれまで機会がなかった。旧来なら首を回すと音の向きは首に対し固定だから

posted at 00:42:22

2021年10月18日(月)2 tweetssource

10月18日

@yujitach

🥑@yujitach

落ち着いて欲しいとは思いますが、hybrid は続けて欲しいなと思います。自分の子供は数年すれば大きくなって出張もできるようになるのかも知れませんが、その頃に小さい子のいる研究者もいるでしょうから。

posted at 23:37:11

10月18日

@yujitach

🥑@yujitach

コロナ禍で研究会がオンラインになって有難いのは、小さい子供が二人いて共働きでも自宅から参加できるということ。子供が一人の時は奥さんとご実家に無理を言って案外出張していた悪い夫でしたが、二人目ができると日帰りでない出張はほとんど無理。でも今年はいくつも顔を出せています。コロナは

posted at 23:37:11

2021年10月11日(月)1 tweetsource

2021年10月08日(金)6 tweetssource

10月8日

@yujitach

🥑@yujitach

研究している分野だと、日々じりじりとして全く進捗がなく、焦燥感がひどいわけですが、知らない分野を修士の学生のように勉強していると、自分の中の知識量がずんずん日々増えているのが判りますからね。

posted at 10:49:08

10月8日

@yujitach

🥑@yujitach

論文をまとめはじめていると、ヨーロッパにほぼ同じモデルをほぼ同じように調べてほぼ同じ結果を出しているグループがあると偶然わかったので、投稿日を調整して今日一緒に arXiv に出したというわけです。数値計算が主の論文は僕ははじめてですが、新しいことをするのは楽しいですね。自分が長年

posted at 10:49:08

10月8日

@yujitach

🥑@yujitach

勉強をしました。はじめのコードは僕が書きましたが、若い共著者が魔改造してくれてかなり速くなりました。また、なにぶん専門外なので、高校からの親友で物性理論をやっている某君も共同研究に入ってもらって色々教えてもらいました。彼とは二十年以上の付き合いですが初共著論文です。九月の頭ごろに

posted at 10:49:08

10月8日

@yujitach

🥑@yujitach

そのツイートをしたら、その数日後の研究会 www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/tuto… で一般の融合圏を対称性に持つ統計力学モデルについてのレビューをしますよと講演者の一人から言われたので聴講したら非常にやる気が出て、そのモデルで Haagerup の場合の連続極限が CFT になるか調べる気になり、急に数値計算の

posted at 10:49:07

10月8日

@yujitach

🥑@yujitach

相変わらずオタクな話ですが、RT先の八ヶ月前の話の進展について報告/宣伝します。Haagerup 融合圏を対称性に持つ CFT の存在の証拠を数値的にみつけたという話で、我々の論文 arxiv.org/abs/2110.03008 と別グループの論文 arxiv.org/abs/2110.03532 が今日同時に出ました。 twitter.com/yujitach/statu…

posted at 10:49:07

2021年10月07日(木)5 tweetssource

10月7日

@yujitach

🥑@yujitach

先ほどのツイートに関して、うちの大学の market design center というのがありますので、学生さんの意見がある程度かたまれば相談してみてはどうでしょうか。(必要なら間に入ります、あちらの中の人と面識があったりしますので。) twitter.com/msmt9/status/1…

posted at 20:12:11

10月7日

@yujitach

🥑@yujitach

もはや学部教育には殆ど関与していないので、再設計したものが学科で採用されるとは確約できませんが、強く働き掛けることはできます。また、マッチング理論をやってるらしい経済学者の知人が数人いるので、学生さんがある程度勉強した後で、さらに質問したい等の場合は、紹介することができます。

posted at 09:59:55

10月7日

@yujitach

🥑@yujitach

むけて、三年生の有志でマッチング理論を勉強して、来年の夏の配属決めまでに制度を再設計して、物理事務および教員の会議に提案するというのはどうでしょうか? 建設的ですし、仕組みが改善されるだけでなく、新たな分野の勉強も出来て、一石二鳥では。(五月祭の発表にもなる?)ただし、僕は

posted at 09:59:55

10月7日

@yujitach

🥑@yujitach

Twitter によると、うちの物理学科の四年生の配属決めが昨日あって、配属決めの制度設計の問題のため非常に時間が掛かったようで怨嗟の tweet に溢れていたのですけれど、こういう配属決めに関しては経済学でマッチング理論というのがあって、キチンと設計すれば問題が少なくできるそうです。来年度に

posted at 09:59:54

2021年10月06日(水)2 tweetssource

10月6日

@yujitach

🥑@yujitach

Facebook で知り合いが紹介していましたが、最近話題の Giorgio Parisi さんの最近の論文で、研究会の登録締切までの時間と登録件数にユニバーサルな関係があるかもとかいうものがあるそうです: www.nature.com/articles/nphys… ジョーク論文でしょうか。

posted at 22:43:38

2021年10月01日(金)1 tweetsource

10月1日

@yujitach

🥑@yujitach

勤務内容:「物理学第二教室において理論物理学の中心的な役割を果たしつつ、素粒子論に関する教育・研究を行う。」ってすごい。理論物理学の役割を果たすって、もはや人間でなくて概念ですよね。うん。 twitter.com/ebokujo/status…

posted at 00:59:02

2021年09月30日(木)2 tweetssource

9月30日

@yujitach

🥑@yujitach

これ、いま数値計算に使う必要があるので、買ってざっと眺めてみたが、僕のような素人にはとても判りやすかった。種々の状況で色々と効率良く精度良く計算する方法があるようで、今やっているのは随分非効率なようで、改良の余地あり。 twitter.com/saiensu_sha/st…

posted at 12:44:07

9月30日

@yujitach

🥑@yujitach

奥さん(非研究者)に今書いている短い論文を見せて「どう思う、この論文」と聞いてみた。「専門家じゃないんだけど、何を思えばいいの」「いや、醸しだす雰囲気とか…」「…組版は悪くないんじゃない」とのこと。

posted at 00:54:17

2021年09月24日(金)1 tweetsource

9月24日

@yujitach

🥑@yujitach

研究テーマの選択は恋のようなものであって、何故それ/その人が気になるか、説明できるようでは、恋じゃないと僕は思います。まあ、それでは、研究費や研究職の公募の書類とかは書けないので、どこかで自分なりに他人に説明できるようにならないといけないですが。 twitter.com/yellowshippo/s…

posted at 00:57:49

2021年09月22日(水)5 tweetssource

9月22日

@yujitach

🥑@yujitach

そうじゃなくて、一般座標変換でうつりあう二つの解は物理的に区別できないんですよ」と、ここから頑張って説得に掛かったが、随分電話で説明して、キリが無いのでメールで続けても、結局理解してもらえなかったのであった。しかし、かなり難しい所で相対論がわからなくなったレアなケースだと思った。

posted at 00:32:41

9月22日

@yujitach

🥑@yujitach

皆知ってますよ」というと向こうは怒った。「電話をさっさと切ろうと思ってそんな適当なことを言うんだろう!」「いやいやそんなことは無いです、皆知ってます。」「一般相対論は意味がないと?」「いや、そうじゃなくて、一般座標変換をすると沢山解が出ることです」「じゃあダメじゃないか」「でも

posted at 00:32:40

9月22日

@yujitach

🥑@yujitach

「一般座標変換というものがあるだろう」「ええ」「で、初期値が与えられて、時間発展が解けたとするだろう」「ええ」「そこで一般座標変換を t>0 に対して働かせる。すると沢山別の解が生じる」「ええ」「だから、解が定まらない。一般相対論には何の意味もない!」「え、でも、それ、研究者は

posted at 00:32:40

9月22日

@yujitach

🥑@yujitach

目の前の黒い電話機が鳴る。ガチャリ、と取上げるとロシア訛りの英語で受話器の向こうから話しかけてくる。「一般相対論の大変な間違いを見つけた」「はあ」「アインシュタインの居た研究所なんだから聞いてくれるよな」僕は暇を持て余していたので「いいですよ」というと次のようなことを言う。

posted at 00:32:40

9月22日

@yujitach

🥑@yujitach

老人なので寝る前に昔話をしたくなった。アメリカでポスドクをしていたある日の昼下がり、同じ階の遠くの部屋で電話が鳴った。しばらくすると別の部屋で電話が鳴り、すこしずつ近づいてくる。おそらく休日だったのだと思うが、どうも誰も取らないらしい。とうとう隣の部屋まで来た。待ちかまえていると

posted at 00:32:39

2021年09月20日(月)2 tweetssource

9月20日

@yujitach

🥑@yujitach

他にも僕の知っているケースで、某君が2+1年の1年目が終わったところで雇主の教授から「来年から雇うための研究費の研究テーマが弦理論の中でもXからYに変わるので君もYをやるなら更新できるけどXを続けるなら更新できない」と言われてXを続けたいため慌てて次のポスドクに応募したということも。

posted at 23:09:15

2021年09月19日(日)1 tweetsource

9月19日

@yujitach

🥑@yujitach

@yokuyama 勉強になります。教師データ、誰が準備してるんでしょうね。ウィキペディアから自動で抽出しているとかでしょうか。

posted at 16:06:20

2021年09月18日(土)1 tweetsource

2021年09月17日(金)2 tweetssource

9月17日

@yujitach

🥑@yujitach

iOSの最新版を入れて、標準の写真.appを使うと、右上の情報ボタンに星がついているなぁと思った。触ってみると、なんと写っている植物を同定する機能が… こんなの宣伝されてましたっけ。 pic.twitter.com/797DHgkKLR

posted at 21:12:40

2021年09月15日(水)1 tweetsource

9月15日

@yujitach

🥑@yujitach

今日出たこれ arxiv.org/abs/2109.05992 は素敵な論文だと思う。高次元の場の理論で可逆でないトポロジカル欠陥演算子が具体的に構成されたのははじめてなのでは。ものすごい数学的な一般論を展開した論文はいくつか既にありますが。

posted at 00:34:43

2021年09月10日(金)2 tweetssource

9月10日

@yujitach

🥑@yujitach

賞を出したことの反省がないまま、ずっと続いている賞らしく、この事実を知っていたら賞を呉れると言われても断った人も色々いたのではないかな、と、思った。

posted at 00:02:05

9月10日

@yujitach

🥑@yujitach

賞といえば以前朝日賞の受賞パーティの末席に呼んでいただいたことがあり、配られたパンフレットに過去の朝日賞受賞者一覧が載っていて、戦時中の受賞者をみてギョッとしたのを思い出した。(今調べたらここ www.asahi.com/corporate/awar… にもあります。)そう言う人たちに

posted at 00:02:05

2021年09月09日(木)1 tweetsource

9月9日

@yujitach

🥑@yujitach

これはめでたいことです。と言うのは、これまでは物理賞、物理若手賞とも、弦理論屋がお友達や若手の取り巻きに渡していただけの面が大きかったのですが、リンク先のニュースを読むと今年はようやく誰も弦理論屋に賞をやらなかったようで、賞の正常化に向けてようやく第一歩ですね。 twitter.com/haruki_wtnb/st…

posted at 22:55:42

2021年09月08日(水)2 tweetssource

9月8日

@yujitach

🥑@yujitach

プロジェクタの表示の上のほうに Skype か何かのメッセージでスピーカーのパートナーから「トークの調子はどう?」というのが出て、聴衆が笑ったこともあった。そういえばそもそも去年は Zoom で講義中に奥さんからの連絡メッセージが画面の上に出て学生さんに中継してしまったこともあった。

posted at 00:54:20

9月8日

@yujitach

🥑@yujitach

コロナ禍以前の大昔、セミナー聞いてたらスピーカーが「裸の特異点って嫌ですよね、僕がここで突然脱いでも困るでしょう」といって聴衆から困惑した笑いがもれたことがあった。その時だったか別の時だったか、セミナー中に twitter.com/masazumi318/st…

posted at 00:54:20

2021年08月31日(火)3 tweetssource

8月31日

@yujitach

🥑@yujitach

家族が出掛けている間に干してあったラグを再度敷いたのだけれど、帰ってきた奥さんがそれを見て「それ、言いにくいんだけど、裏表逆なんだけど。こないだ一般コホモロジーでは向きの概念が拡張されてとか何とか言ってたけど、ラグの向きは分からないのね」とのこと。

posted at 22:18:35

8月31日

@yujitach

🥑@yujitach

@phys_yoshiki @_TomoyoSakagami @weiinkyoto 研究会 Web担当です。すいません、ブラウザの種類によって、再読み込みした際にどのスライドが公開されているかの情報がうまく再読み込みされないようでした。いま細工をしたので、より多くのブラウザで再読み込みがうまくいくようになったつもりです。

posted at 11:01:27

2021年08月30日(月)10 tweetssource

8月30日

@yujitach

🥑@yujitach

超対称性は必ずしも必要ではないですが、実例も少ないです。

posted at 14:21:15

8月30日

@yujitach

🥑@yujitach

はそもそも超対称性の激しく破れている系は弦理論で扱うのがまだまだ難しいため、そういうゲージ/重力対応のペアも導出は実質できません。(超対称なペアから出発して両側の超対称性を少し破ることはできます。)ですので2. に関しては実質超対称性が必要という感じです。1. では

posted at 14:21:15

8月30日

@yujitach

🥑@yujitach

いうもの(質問にあった SYK はこの場合。あと、元の質問の @phys_yoshiki さんによる quote tweet にあったのもそのケース) と、2. 超弦理論もしくはM理論のブレーンの系から出発して、極限操作により、両側を導出するもの、の大きく分けて二つがあります。元々の Maldacena のものは 2. ですが、2. で

posted at 14:21:14

8月30日

@yujitach

🥑@yujitach

とか、その逆に、境界の場の理論のラグランジアンが与えられた時にAdS上の重力理論が具体的に特定できるか、というと遥かに難しい問題になります。で、このようにペアを特定する方法は二つあって、1. 片側を知っている時に、誰かがもう片側を偶然思いついて、色々確認するとどうもあっている、と

posted at 14:21:14

8月30日

@yujitach

🥑@yujitach

ゲージ/重力対応といった場合にも色々なものがあって、非常に抽象的には、AdS上の重力理論が与えられれば境界の場の理論があり、逆に境界の場の理論が与えられればAdS上の重力理論が決まります。ただし、AdS上の重力理論のラグランジアンが与えられた時に、境界の場の理論のラグランジアンがわかるか、 twitter.com/takasan_san_sa…

posted at 14:21:14

8月30日

@yujitach

🥑@yujitach

という話で、スパコンを使った数値計算も色々となされていますが、実際にスパコンに乗せられている行列模型に落とす段階で色々仮定があって、行列の巨大なサイズの極限をとれば本当に弦理論を再現するのかというのには色々議論があるというのが正直なところかなと思います。

posted at 14:10:56

8月30日

@yujitach

🥑@yujitach

それだけ記述しても弦理論の時空の全体は記述しないと思われます。難点は弦理論はうまくいけば時空自体を記述すると思うので、既にある時空を離散化することから始められないということです。色々ある弦理論の行列模型は、時空も含めてある馬鹿でかい行列積分/行列自由度量子力学から出るのじゃないか

posted at 14:10:56

8月30日

@yujitach

🥑@yujitach

ncatlab.org/nlab/show/stri… にまとまっています。3. そこにもありますが、AdS/CFT 対応の一種で、弦の世界面の空間方向があからさまに離散化されて見えるケースがあります。(まあそれのことは string bit model とはあまり呼ばない気がしますが…) でもこれら1.2.3.は一つの弦しか記述しないので、

posted at 14:10:56

8月30日

@yujitach

🥑@yujitach

すいません、八月上旬につい別のことをはじめてしまいこちらの返答を忘れていました。1. 弦の世界面上の理論は二次元の場の理論ですからそれを格子離散化することはできます。2. もっと弦理論に特化した形で世界面を離散化する string bit model というのがありますが僕は詳しく無いです。文献は twitter.com/takasan_san_sa…

posted at 14:10:55

8月30日

@yujitach

🥑@yujitach

すいません、八月上旬につい別のことをはじめてしまいこちらの返答を忘れていました。一般にスピン n/2 の粒子は massless なら±n/2の二状態、massive なら非相対論的なのと一緒で n+1 状態になります。これはローレンツ変換の作用が massless と massive で随分違うのでこんなことになります。 twitter.com/k_nitadori/sta…

posted at 14:00:09

このページの先頭へ