情報更新

last update 07/02 10:53

ツイート検索

 

@yuzuki_al
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

  • 44フォロー
  • 529フォロワー
  • 5リスト
Stats Twitter歴
2,118日(2014/09/15より)
ツイート数
6,616(3.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年03月16日(月)2 tweetssource

3月16日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

@blaurmh ひーちゃん、覚えていてくれてありがとう!素敵な念をうけとってなんとか走りはじめています。年下くんとの行方ですが重大案件が発覚したので、そのうち、ゆるっと書きます、笑

posted at 22:42:08

3月16日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

@bran06_bob さくちゃんありがとう!今年はコロナのせいで本業忙しくて沈黙してたのに覚えていてくれてありがとう!さくちゃん宅の轟くんに迎えられて幸せです!すでに幸せな1年です!

posted at 22:37:36

2020年03月12日(木)1 tweetsource

3月12日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

仕事中に手を重ねてきた繊細なくせに大胆不敵な彼とさっきラインを交換したんですが、中身を読むのが怖くて1時間ぐらい放置プレイしていますが、とりあえずプロフィール画像が可愛い黒猫ちゃんで、他のことは全部無視してそれについて聞きたい可愛い。

posted at 22:38:54

2020年03月09日(月)3 tweetssource

3月9日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

自分のお話の一覧をみると、そのときにBGMにしていた曲が鮮明におもいだされますが、たぶん、a i.k/oさんの曲が一番多いような気がします。

posted at 21:34:33

3月9日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

何度も救われて、何度も泣いて、走ってきたその先にいつもa i.k/oさんの歌があったような気がします。

posted at 21:32:51

3月9日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

a i.k/o さんのライブ動画を見ながら、時をへても変わらない素敵な声と、そしてずっとずっと遠くの曲なのに何度聞いても色褪せない感じが、苦しくて愛おしくて切ないと思いました。

posted at 21:31:09

2020年02月27日(木)1 tweetsource

2月27日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

昨日人生初の胃カメラでした。職員的に知っている先生にうぇーっとなっているのを見られるのは恥ずかしいやら仕事増やしてご免なさいやら、複雑な感情がまざりますね。

posted at 20:02:18

2020年02月21日(金)1 tweetsource

2月21日

@BlackLabel_KS

黒執事 Black Label@BlackLabel_KS

【新商品のご紹介】
「ボタニカルスマホケース」

「ボタニカル」シリーズのスマホケース。手帳型ケースを開くとティーポットとキャラクターシルエットのワンポイントが。W76×H153×D12mmまでのスマートフォンを取り付けられる、多機種対応型です。

4/18発売・ご予約受付中!
store.jp.square-enix.com/category/KUROS pic.twitter.com/avT4Ns12Co

Retweeted by ゆずき

retweeted at 15:57:29

2020年02月17日(月)1 tweetsource

2月17日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

最近やっとスマホに変えるというアナログぶりを発揮しています。とりあえず動作の快適さを求めてアプリは少なめから始めます。

posted at 22:26:54

2020年02月12日(水)1 tweetsource

2月12日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

ため息をついている間というのは、色々がら空きになるのだけれど。心の隙をつかれるというのはこういうことなのだろう。二人きりでの死角の作業中、会話もしぐさも1mm残らず仕事だったはずなのに。ふと気づけば、いつの間にか手が重ねられていて。狼狽える暇さえない。離れるまで、長くて短い1分。

posted at 22:50:14

2020年02月11日(火)1 tweetsource

2月11日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

@ena_fy エナさん遅ればせながらお誕生日おめでとうございました!!今年も素敵なエナさんにたくさんのきらめきが集まりますように!!よい1年をお過ごしください♥️

posted at 10:35:10

2020年01月26日(日)2 tweetssource

1月26日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

@ASD_ELEGANT お参り失礼します。
おそくなりましたが、あけましておめでとうございます。
来月、一緒にデートに行けますように!

浅田さんにとっても素敵な1年になりますように。

posted at 20:35:21

1月26日

@ASD_ELEGANT

浅田さん@令和の魔法使い@ASD_ELEGANT

ええか。相手の機嫌が悪くなっても「あれ…悪いことしたかな…」とか気にしたらあかんで。それは君がやさしすぎるわ。しんどいやろ。疲れてまうで。空気が悪くなったのは「相手が自分の機嫌を自分でとれない子供」だったからや。君は関係ない。絶対に。これだけは伝えとく。君は悪くないんや。ええな?

Retweeted by ゆずき

retweeted at 20:09:55

2020年01月19日(日)1 tweetsource

1月19日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

お題箱1月18日の方へ
お手に取っていただいた本を、さらに大事に読み返していただいてコメントまでいただける幸せは、これ以上のものはありません。つかの間の幸せな痛みをゆるやかに感じていただければと思います。ありがとうございました!

posted at 23:42:26

2020年01月04日(土)1 tweetsource

2020年01月02日(木)1 tweetsource

1月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

新年の出勤でしたので、患者様と一緒におみくじ(スタッフ作)をひいたら二人そろって大凶をひいてしまって、二人そろって笑い転げてしまいました。それでもスタッフ作なのでコメントには「今年最強の幸運の持ち主」と書かれておりました。でも、私2年連続大凶なのです。くじ運などないようです。

posted at 22:26:46

2019年12月31日(火)2 tweetssource

12月31日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

今年も無事に1年をおえることができそうです。たくさんの方に支えられながら、書いたり書かなかったり、笑ったり泣いたりしながら走ってきた1年でした。来年も色々なものを満たし満たされる1年になればなと思います。皆さんにとってどうぞ幸多き1年となりますように。 ゆずき

posted at 21:42:18

12月31日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

@erii3_desu えりーちゃん、1年間お疲れさまでした!そしてありがとうございました!来年もえりーちゃんにとって良い一年になりますように!!

posted at 20:04:12

2019年12月28日(土)6 tweetssource

12月28日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

@blaurmh 私も追いかける派だったんだけど、最近色々見方がかわってきたというか。年をとったなと、笑 若者に全部任せたらなんか楽かもしれないというとんでもなく無精な結論にたどりつきました😋

posted at 22:20:20

12月28日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

それも、隣じゃない。ひとつ席をあけて隣。いつ誰が戻ってきてもいいように。作業内容も、その場所で行われていてもおかしくないものをちゃんと選んでる。相手の呼吸とか、とか、自分の仕事での立ち位置とか。そういうのをわかっている。そんな彼の器用な部分を、憧れと嫉妬の間でため息をつくのです。

posted at 20:37:30

12月28日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

そして、もう一人の彼は繊細。先の彼とは正反対。仕事中にどこか恋愛モードの彼を、私がだめだよと恋の気配を消して見せれば、すぐに気づいてそれまで。仕事中にはおくびにも出さない。それなのに私たち以外誰もいなくなったスタッフステーションで、私より早くそれに気づいてそっと私の隣に座る策士。

posted at 20:23:52

12月28日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

多分、私が何かに気づき始めた頃、彼と組み始めてすぐ、協業の仕事という仕事を全部私がやってしまったことがあって。なんだか微妙な顔をされてしまったのを覚えている。多分それから。私の恋のポイントとは違うのだけれど、それでも頑張っている彼を見るのは素敵なので、ゆるゆるながめている日常。

posted at 20:14:54

12月28日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

最近彼は仕事をするようになったのです。部門の編成で、最近私と仕事を組まれまくっているのですが、これまで協業の仕事は全くと言っていいほど手を付けなかった彼が、びっくりするほど仕事をしてくれるのです。これまで期日の前日まで手を付けてなかった書類を、5日前には書く奇跡が起こっています。

posted at 20:06:52

12月28日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

昨日の部門の忘年会で「来年は婚活パーティーに行こう?」とか「部門で好みの男性はだれ?」とか聞いてくる同僚ですが、私をとりまく恋愛状況に鈍くてですね。たぶん私が恋の台風の真ん中にいるとは思ってないし、むしろ今私たちの隣で笑っている彼の1人が台風を起こしているなんて微塵も思ってない。

posted at 19:59:52

2019年12月24日(火)1 tweetsource

2019年12月14日(土)1 tweetsource

2019年12月02日(月)19 tweetssource

12月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

「とりあえず、今夜はれいさんのカレーが食べたいです」、れいさんの隣に立ってシンクで人参を洗えば、れいさんはそれを綺麗にむいて切ってくれる。「今夜は姫のおおせのままに」、ゆるりと笑うれいさんに、同じ様に私も微笑み返す。美味しいカレーができるまで。今だけは、この国に騎士は不在。

posted at 01:44:42

12月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

「デザートは決まってるよ」れいさんは私を見つめて、意味深に微笑むけれど。「れいさん、私2徹目です」「そういえば、俺も3徹目か」、あぁそうか。それでれいさんの理性が色々緩いのか。なんとなく納得する。「そのあたりは、まぁ、ケースバイケースということで」「そうですね」 #decnプラス

posted at 01:32:20

12月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

やっと私を開放すると、れいさんはふんわりと笑った。「せっかく早く帰ってきたし、ゆっくりしようか」「はい」、私も上着を脱いでキッチンへ向かう。「晩御飯は何にしましょうか?」「うーん、そうだね」、冷蔵庫を開けて二人でうんうん悩む。「あ、でも」、パプリカを取り出しながられいさんが笑う。

posted at 01:28:37

12月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

「れいさん、好きです」、大好きです。そういうと、れいさんはもう一度眉間にしわを寄せた。「あぁ!もう!」、れいさんは少しだけ乱暴に私へとキスをした。「君には、かなわないな」、れいさんの下がった眉がとても愛おしい。「好きだよ」、今度こそ、れいさんはとびきり甘くて優しいキスをくれた。

posted at 01:24:00

12月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

「違います」、そうじゃなくて、「私はれいさんに愛されてるなって思って」嬉しくなっちゃったんです。私は、心の中を途切れ途切れにれいさんに伝える。だってそうでしょ?「この国が恋人だ!って言ってる人が、私の為に仕事を放り投げて帰ってきてくれたんだから」、これ以上の幸せなんてありません。

posted at 01:16:59

12月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

…確かに笑ってはいたけれど、たぶんれいさんの誤解している内容とは程遠い事実に、私はれいさんの腕の中でまたしても笑ってしまった。「気に入らないな」、れいさんは私のことをさらに抱きしめた。「他の男のことで、君が笑うのは許せない」。れいさんが拗ねている。これは少しまずいかもしれない。

posted at 01:11:45

12月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

「れいさん」、もう一度私が呼びかけると、れいさんは観念したように私を抱き寄せた。「あぁ、そうだよ。俺はあの男に、嫉妬した」、れいさんは私を抱き寄せる代わりに、先ほどまで撫でていた私の髪に、やさしくキスをした。「その上、きみはあいつに笑っていたから」、とられる、と思った。

posted at 01:07:00

12月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

でも、これってやっぱり、つまりは、その、「れいさんが、私に嫉妬してくれたってことでいいんですよね?」。そっとうかがうようにれいさんを見上げると、れいさんはすっと私から視線をそらした。でも、その頬は少し赤くて、その答えは、多分間違いなんかじゃない。 #decnプラス

posted at 01:00:23

12月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

「このお仕事私に振ったの、ゼロですよね?」「そうだ」「だったら…!」「だめなものは、だめだ」、例え仕事であったとしても、だ。今私はとんでもない理不尽を突き付けられている。「あと、今はゼロと呼ぶな」、もう仕事は終わっている。「わかりました、あの、れいさん」 #decnプラス

posted at 00:54:00

12月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

うっすら目を開けると、眉間にしわを寄せたれいさんが、そっと私の髪をなでていた。「簡単に、触らせるな」、れいさんが触っていた場所には、心あたりがあった。さっき、同僚に似合わないヘアアクセサリーを押し当てられた場所だ。そんな、かなりの不可抗力ですが。「あの、ゼロ、」「なんだ」

posted at 00:49:00

12月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

この際、見ていたのはゼロだけではないのだけれど、そのあたりはもうどうでもいい。「違う、そうじゃない」、れいさんが大きくため息をついたのがわかった。私が恐る恐る顔をあげると、れいさんと視線が合う。れいさんの指が、私に伸びて。瞬間的に目をつぶったけれど、何も起こらない。 #decnプラス

posted at 00:42:58

12月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

やばい、絶対それだ!!職務怠慢だ!職務放棄してれいさん(と隣の彼女)のことを見てたから、ゼロの機嫌を損ねたんだ!「ゼロ、すみません!先ほどは仕事もせずに、ゼロのことばかり見てて!!」、思いついたが早いか私はがばっとれいさんに頭を下げた。 #decnプラス

posted at 00:37:12

12月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

「あぁ、それは、少し思うところがあって、定時過ぎにあなたの席にうかがったので」、れいさんの口調は丁寧だけれど、やっぱりどこかおかしくて。【思うところ】の意味を、私は必死に考えた。そして思いついた。そういえば、私、さっきショッピングモールで、仕事ガン無視して、れいさんのこと見てた。

posted at 00:27:21

12月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

「とりあえず、入りましょうか」、有無をいわせずれいさんは、私を部屋の中に押し込んだ。部屋に入るとれいさんは、鬱陶しそうに着ていたジャケットとネクタイをソファに脱ぎ捨てた。「あの、れいさん、なんで、」、居心地が悪い。れいさんの乱雑に投げられた服をさけて、私は口をひらいた。

posted at 00:21:08

12月2日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

それなのに、「どうして帰ってしまうのですか___?」。音が、かわる。ノイズが、聞こえない。まさか。そう思って、振り向くより早く。れいさんの腕がドアに突かれた。「鍵だって、渡しているのに___。」のぞき込まれた瞳がどうにも苛立っているみたいで、少し怖かった。 #decnプラス

posted at 00:12:07

2019年12月01日(日)21 tweetssource

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

『れいさん、こんな時間にどうしたんですか?』、定時からそれ程時間が経っていないこの時間帯に、社用ではなく私物のスマホかられいさんが連絡をくれるなんて。今夜は嵐になるかもしれない。『いえ、大した用ではないのですが、急に貴女の声がききたくなって』 #decnプラス

posted at 23:54:04

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

さっきまで震えていた指も、今はとまっている。さて、帰ろう。せっかく定時で上がったんだ。れいさんに逢えなくても、したいことはたくさんある。とりあえず買い物をしてかえろうかな。そう思った時だった。私物のスマホが煩く鳴る。着信画面の名前は、れいさんだった。 #decnプラス

posted at 23:41:40

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

幸い、れいさんは出てこなかった。れいさんのことだから、防犯カメラか何かを仕込んでいる気はするけれど、それなら今のうちに体のいい言い訳を考えておけばいいだけ。私は、音の消えてしまったインターホンから離した指を胸の前で握りしめた。それでもれいさんの家に来たことで、少しだけ落ち着いた。

posted at 23:08:25

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

れいさんの立場とか仕事の意義とか。十分にわかっていたはずだ。そして私は、もし今日みたいな日が来ても、きっと自分は聞き分けられる、そう思っていた。あの瞬間を見るまでは。私は自分の体たらくが許せなかったし、何よりれいさんが大事にするものより、自分の感情を優先させた事が恥ずかしかった。

posted at 22:24:40

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

だって、来てはみたものの、顔を合わせたからといって、いったい私はなんて言えばいいのだろ。”ずるい”、とか、”あの女の人は誰?”とか。言葉にしようとすればするほど、れいさんを困らせるものばかりだ。きっとれいさんなら、それを上回る答えをくれそうな気もするけれど、仮にも私は公安職員だ。

posted at 22:13:08

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

そして冒頭のインターホンを押す私に戻る訳なのだが、当たり前だが部屋の中からは返事はなかった。当然だ。そもそも私より忙しくて、どがつくまじめな仕事人間のれいさんが、私よりより早く、ましてや定時前に退社をしている訳などないのだ。それでも。どこか、返事がなかったことに私は安堵していた。

posted at 22:03:56

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

仕事が終わった直後、私はこの仕事について初めて定時退社をした。その理由が、”恋人に逢いたくて”、なんていったら、れいさんはいったいどんな顔をするのだろうか。仕事以上に大事なものなんてない、というぐらいの彼だから、きっと呆れるに違いない。  #decnプラス

posted at 21:39:53

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

私の動揺を良いように解釈してくれた同僚の無神経さに少しだけ感謝をして、私は何食わぬ顔でいつもの冷静な公安の職員に戻った。それは、無事に尾行を終了し、これまた珍しいくらいに他の仕事も立て込まず、今日の定時を迎えるまでの短い時間の話ではあるのだけれど。  #decnプラス

posted at 21:27:26

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

逆に、私は、れいさんと、れいさんの隣にいた女性に、心を奪われていた。___なんて、お似合いなんだろう、と。よく考えれば、れいさんが仕事中なのはわかりきっているのに。妙に親密な二人に、どうしても心が動いてしまったのだ。「俺たちも、頑張んないとな」「そう、ですね」  #decnプラス

posted at 21:08:31

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

「ゼロの潜入中なんて、奇跡でも起こんなきゃみれねぇよ」、あ、そか。私と同僚の彼が奪われたものは、厳密には違っていたことにここで初めて気づいた。れいさんの隣にいたのは一般人か否かはわからない。でも、恐らくれいさんは潜入中で、同僚は、ゼロの、ひいてはゼロの自然な振舞いに心を奪われた。

posted at 21:03:57

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

目を奪われる、というのはこういうことを言うのだと思った。にこやかに笑うれいさんの隣には、長い髪をゆらして穏やかに笑う女の人が寄り添うように歩いていた。「なんか、すごいもん見ちまったな」、同僚の声に我に返ると、そういう同僚もれいさんのほうをじっとみていた。 #decnプラス

posted at 20:37:31

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

「…似合ってます?」「聞くなよ」、苦笑いする同僚に今日一番面白いものを見た気がして、私は小さいながらも笑い声をあげた。そんな私からふと同僚が視線をそらしたそのときだった。同僚の肩越しから、今度は別の視線を感じて、慌てて顔をあげると。目の前を、綺麗な金髪が緩やかに通り過ぎて行った。

posted at 16:09:32

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

先をいくターゲットたちは、ときどき店先をのぞきながら楽しそうな笑顔を見せている。「…なんだか私、もうさっさと捕まえたくなってきました」「やめろ、気持ちはわかるが」、あきれている隣の同僚は、恋人のふりを続けながら、似合いもしないヘアアクセサリーを私の髪にそっと押し当てた。

posted at 15:58:59

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

まぁ、そんなことはどうでもよくて。とりあえずはお仕事だ。平日昼間のモールなんて、がら空きもいいところかと思いきや、思いのほかカップルの組み合わせが多くて腰が引ける。私とれいさんとのデートは、それぞれの事情につき、最後のお出かけはいつだったかなんてもう覚えていない。 #decnプラス

posted at 15:47:54

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

れいさん程、とはいかなくても”そういう設定”で仕事を割り振られているのだから、当然だが、同僚の見た目はそれほど悪くない。そんな同僚が、仕事とはいえ一瞬にして恋人のように立ち回るのだから、妙に感心してしまった。「ほら、いくぞ」、恋人風味の裏に、若干、ぼけっとすんなと脅迫も感じるが。

posted at 11:58:10

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

「あ、動きますね」「だな」、ターゲットは男女二人。最近できた大型のショッピングモールに入っていく。さっきまで飲んでいたカフェオレの缶を、私の手から奪うと、自分の分と一緒に同僚はゴミ箱に投げ捨てた。その手をそのまま私の腰に回すから、まるで初めから恋人だったように錯覚する。

posted at 11:40:28

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

事の発端は、今日の昼過ぎのことだ。れいさんはいうまでもなく、いつもの通り潜入捜査のために職場には不在だし、私は私でおなじく公安の職員なのだから、一般市民にまぎれて外勤に出ていた。私の隣には、同僚の公安職員が少し眠そうに眼をこすっているけれど、2徹目なので仕様がない。 #decnプラス

posted at 11:30:19

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

…来て、しまった。セキュリティ高めのエントランスを抜けて立っているのは、もちろん私の部屋の前じゃない。別に、悪いことなどしていない。ただ、恋人の家に来ただけ。鍵だってもらってる。それでもインターホンを押す指が震えるのは何故だろう。静かに響く来客音が耳の奥で反響した。 #decnプラス

posted at 11:23:12

12月1日

@yuzuki_al

ゆずき@yuzuki_al

以前、さくちゃんにわがままを言って書いてもらった、あずささんとれいさんの買い物を見てしまった話♥️こんなに素敵にはならないけれど、ちょっと似た題材で方向性のちがうゆずき宅のれいさんとヒロインを書いてみようと思います。

posted at 11:08:54

12月1日

@bran06_bob

佐倉@bran06_bob

零くんの仕事の内容も事情もなにも聞かない。聞く気はこれっぽっちもない。話してくれることもあるけど、それが普通で、当たり前で。特別不満に思ったことはなかったのだけど。「あ……れ、……」「……、」ばったりと、それはまあよくある話のような出来すぎた鉢合わせ。
#コナンプラス

Retweeted by ゆずき

retweeted at 11:00:31

このページの先頭へ