情報更新

last update 08/20 08:08

ツイート検索

 

@zerozero_daily
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

  • 729フォロー
  • 874フォロワー
  • 24リスト
Stats Twitter歴
2,670日(2015/04/30より)
ツイート数
178,632(66.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年08月20日(土)43 tweetssource

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

面白くなかろうが下手くそだろうが書かないと終わらんのですよ!
一旦お点前を始めたら途中で亭主がいきなり退席して「下手なんでやめます」とかありえないので、最後までやり切るのが重要ですよね。とにかく客に茶を出して片付けて水屋に帰るとこまでやれば上出来なんですよ。上手くやるのは次でいい

posted at 07:43:00

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

深く考えない人が大長編向きな気がする。
「これ面白いの?」とか「長すぎじゃない?」とか「なぜこんなもの書いてるのか……?」とか思わない人の方がいい。たぶん。
飽きっぽい人には難しいのかもしれない。
意欲に波はあってもいいんだけど。(私はめちゃくちゃ波がある)

posted at 07:39:46

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

長編を書く層の人間として、長編を書く大変さの中で最も困難な部分は「長編はしんどい」「飽きる」という点で、体力&根気を鍛えるしかないと思うが、そんなもんどうやって鍛えるのか⁉︎ むしろ教えてくださいなんだが。
根気はとにかく大事。
もー、無心にコツコツ書くべきことを書き続けると完結する

posted at 07:36:40

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

初心者がいきなりエベレストは無理だが天保山なら登れるみたいなのがある。タスクの方を自分に合わせて簡単にすればいいんだけど、長編書きたい人はなぜか長編を書きたいのだから、「まずは五千字」というのでは納得できないのかも?

posted at 07:33:49

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

手に余る物語を作っても書けないっていうだけなんだが。
10万字や100万字の作品を書くには、そのボリュームの情報量を扱える技術力や筆力を身につけてからでないと無理みたいなんだ。
小説執筆を山登りに喩える人も時々いるが、確かにそうで、自分の体力に合った山しか登ってはいけないものなんだ。

posted at 07:31:45

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

私も子供の頃にいきなり書いて「書けない⁉︎」ってびっくりしたな。
お話を作るのは幼児期からの趣味で、作れたんだけど、いざ小説の原稿ってなると書けないわけです。
小説の技術をまだ持ってないからなんだが。
それに子供が遊びで作る物語は、自分がうまく扱えるボリュームになってる

posted at 07:29:34

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

初心者にいきなり10万字はキツいでしょと思うけど、いきなり書こうとして「書けない😭」ってなる話ってよく聞く印象。茶道初心者がいきなり茶会を催すようなもので無謀なんだろうな。
他の分野に照らすと、その無謀さがよく分かるのだけど、小説だといきなり書くのって割とよくあるケース

posted at 07:27:08

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

ル・グイン先生の「文体の舵をとれ」は割り稽古っぽかった。もともとがワークショップ用のメニューだそうだから、小さなパッケージに分割されてて短時間で取り組めるように考えられてるんだと思うが。

posted at 07:24:09

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

ただ、割り稽古ってつまんないんだよね。地味だし。
ある程度進んでいくと、また割り稽古したくなるし、実際やるんだけど。
基礎訓練の大切さが身に染みるのは、ある程度レッスンが進んだ後なので。
小説も文章力を鍛える訓練とか構成を考える訓練は割り稽古できそうだけどな。

posted at 07:22:11

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

だから小説も、まずいきなり一作書いてみて「書けない……」ってなるのもいいんだと思う。
問題はそこから割り稽古に移るにしても、確たる方法論があんまりない。
できなくても書き続けるしかない場合も多いんだけど、「ではまずは座りかたから」っていう指導の方が初心者には助かるはずなんだ

posted at 07:19:53

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

でも、やってみても全然できないなっていうことが分かるだけなんだけど。だから割り稽古からコツコツやりましょうねっていうのを納得するためと、これが自力でサラッとできるようになるのが最初のゴールですよというのを感じるために、やらせてくれる先生もいるんだと思う。

posted at 07:16:50

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

茶道は最初は割り稽古からで、そこで上達したらお点前を最初から最後まで通してやる稽古に移るんだけど、それを小説執筆の訓練にも当てはめると、いきなりは小説を書かない方がいいってことかと。
茶道も先生によっては「とりあえずやってみますか?」と平点前させてくれる場合もあるけど。

posted at 07:14:55

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

茶道で初心者がお作法をおぼえるための割り稽古っていうのがあって、お作法の部分だけを何回も練習するんだけど、小説執筆にも割り稽古があると習得しやすくなるんじゃないか?

posted at 07:10:46

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

AIが作成した小説文を公開している方がいたので読んでみた。とっかかりは人間が書いた文章と思えるほど遜色ないんだけど、読み進めていくと「この人何言ってるの……😰?」という支離滅裂さが出てきて、文脈がバラバラに壊れててちょっと怖い。読むと不安になった。

posted at 06:57:58

5時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

小説って、絵もそうだろうけど、結局のところ人間の感情を理解しないと意味のある作品にならないから、そこを扱うのが難しいんだと思うけど、この感情はこういう表現で描くっていうパターンの実例はたくさんあるので、学習はできるんじゃないか? 人間もそうやって感情を学習してるんだろうし

posted at 06:46:40

5時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

プロットもAIにランダムでたくさん作らせて、人間が見て意味を感じるもの(面白いもの)だけを採用したら、割と使えそうに思える。テーマに沿ったパーツで物語を組み上げさせたら、偶然にでも意味のある展開になることはあるのでは。何万回もやれば偶発的傑作が生まれないとも限らない?

posted at 06:39:08

5時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

RTの記事中にあった、プロットを与えたらその内容を書けるっていうAIはすごいんじゃないか?
意味や脈絡の部分は人間が考えて、それを原稿に自動で書き起こせるってこと?

恐ろしい子やな〜

posted at 06:36:20

5時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

場面を書く技術力はある程度あっても、AIさんはまだ伏線をはる技術がないみたいに感じた。
予想がつかない意外な展開でびっくり箱的な面白さは偶然出るかもしれないけど、意味による面白さはまだ書けなさそう。
ただ、伏線技術は人間にも難しい部類なので、人間でも初めはなかなか書けない

posted at 06:33:17

5時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

場面場面はある程度うまく書けても、全体の脈絡というか大きな意味の流れが感じられないから、上手さがその場限りで小粒な印象を覚えた。上手い初心者、ぐらいの技術力というイメージ。
そのうち大きな流れも作れるようになるのかな?

posted at 06:29:55

5時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

AI小説って起承転結みたいなのも考慮されてるんだろうか?
割とその場その場の展開をよくあるパターンからランダムで書いてる印象だったが

posted at 06:27:54

5時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

AIのべりすとさん使ってみた時に、話がオチに向かって収束していく書き方じゃないなって感じたけど、終わることもあるんだ⁉︎>RT

もうちょっと続けてみてたらオチがついたのかな。

posted at 06:25:59

5時間前

@morimotoshoji

レンタルなんもしない人@morimotoshoji

「これをどうしても飲みたかったけどこれだけのために片道3時間かけて長野まで行くのに友達は誘いづらかった」らしい。動画も絶対に撮りたいけど1人だとなんとなく遠慮してしまって撮れないかもしれないので念のため誰かしらにはついてきてほしかったそう。たしかにこれは撮りたい。 pic.twitter.com/v39qi26IRw

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 06:19:02

5時間前

@souda_kyouto

そうだ 京都、行こう。事務局【JR東海公式】@souda_kyouto

松尾芭蕉の弟子・向井去来の別荘

📍落柿舎

本日は #俳句の日 ということで多くの俳人が訪れた、俳句ゆかりの地へ🌿
歴史を感じる建物や美しいお庭を楽しんだ後は、「俳句みくじ」を!結果がすべて俳句で書かれています👀
局員が引いたのは松尾芭蕉最後の句だそうです😲局員

#そうだ京都行こう pic.twitter.com/4sJgOwEb3I

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 05:59:20

6時間前

@kikudokusyo

聴くっショ!公式@kikudokusyo

【小説家さん必見】
あなたの小説を無料で声優さんが「聴く読書(オーディオブック)化」してくれるサイト作りました。

先行リリース中なので「使ってみたい!」もしくは「興味のある」方はDMください。詳細をお送りします!
#小説書きさんと繋がりたい
#拡散希望
#聴くっショ pic.twitter.com/eddUp9922w

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 05:47:34

6時間前

@aozorabasu123

青空文庫から抜粋するbot@aozorabasu123

本が日本に有り余るほど出て居ることは、種々なる方面から立証し得られるが、斯く申す自分なども、最初には欲しいものの集めきれぬことを歎き、中頃は選択の標準の示されぬを憾みとし、今は又読まねばならぬものの読み尽されぬことを悲しんで居る。"柳田国男『書物を愛する道』

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 05:38:47

2022年08月19日(金)65 tweetssource

12時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

オトンが結婚した前の妻が浪費家だったおかげで私が生まれたと言えなくもないので、どんなものにも思いがけない効果や役割がある……しみじみ。

posted at 22:55:28

13時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

自分の子供にもちゃんと教えないと、責任あるなあって思うけど、どう教えるか、なかなか難しいなあ。
他にも教えることが多すぎて全然追いつかないんだけど。
お金のことは最低限知らないと身を滅ぼすことにもなりかねないので重要ですよね。

posted at 22:44:40

13時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

私も子供の頃に親からお金の躾も受けたが、当時は「無駄遣いせず貯金して、定期預金しなさい。十年置いておいたら利子がつくから……」というような話で、今となってはもう役に立たない。当時は正しかった。
学校で習いはしなかったかもしれないなあ。

posted at 22:10:43

13時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

夫がギャンブルとか綺麗なオネエサンに散財するという話も一般的に聞く残念なお話だし、なぜそうなるのかって怖くもあるけど、そういうのを「ちゃんとした金融教育」が防いでくれるのか?

posted at 21:55:06

14時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

今でも、子供達に必要最低限の金融教育を施すべきだっていう話をちょいちょい見かけるが、お金の教育を受ける機会がないまま大人になったっていう人が昔は今以上に多かったのかもしれない。一月分の生活費を渡したら新妻が一日で全部使ってくるなんていう怪談も昔は聞いた。耳を疑う。

posted at 21:50:03

14時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

現代の我が家では、夫の資産は夫の資産、私の資産は私の資産で、お互い配偶者のお金を使うことはない。
友人の家庭も割と、生活費用の共用口座を作って決まった額を夫婦で出し合ったりして生活費や子供の養育費の支払いにあてて、それとは別に自分の口座を持ってる。それが普通とまでは言えないけど。

posted at 21:43:52

14時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

でも昭和時代ってそういうものだったのかもしれない? 個人差は大きかったと思うけど。子供の頃に見たサザエさんで、サザエさんが夫にワニ革のハンドバッグとダイヤの指輪が欲しいってねだる場面があったので、そういうことは当時のサラリーマン家庭では時々ある日常風景だったんだろう。

posted at 21:37:18

14時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

つまり二度も浪費家の女と結婚したってことだ。それでもうちのオカンのほうがはるかにマシだと父が言うので、世の中には女の姿をした怪物がいるんだなと子供心に思った。

posted at 21:10:33

14時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

私はうちのオトンの二度目の結婚でできた子なのだが、一度目の結婚が物別れに終わった理由のひとつとして、父の側のいい日ではあるが、妻の放蕩を挙げていた。人類の永遠のテーマだと思う。とにかく浪費がひどい人だったと父が回想し、それが嫌でお前のお母さんと結婚したんだよ、とオトンが言うてた。

posted at 21:06:55

18時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

夏休み明けにガクッと来るのか? 来る予定か?
でも新学期が始まったら子供の頃学校のPTA活動でまあまあ忙しい予定で、ホッとするタイミング無いので、もしかしてガクッと来ることさえないの?
「やった〜完パケ! はい次のニュースです」っていうシレッとした感じです。

posted at 17:22:55

18時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

大仕事をやり遂げた後って大きなストレスがかかるタイミングなんだって本で読んだので、三年越しの計画を完了した私はガクッと来る予定で、いつガクッと来るのか身構えてるんだけど、子供の夏休みとわがままなオカンが大変すぎて全く大任から解放された感がなく、日々のことに精一杯で一切ガクッと来ん

posted at 17:19:14

19時間前

@pichikyo

ぴちきょ? 『仮想空間とVR 』@pichikyo

長女(長子)は “姉のいる弟”(複数いればなおよし)と一緒になるとうまくいきやすい
 
弟のいる長男(長子)とはもっとも相性が悪かった..!!! (お互い一歩も引かず相手をねじ伏せようとする千年戦争へ) 妹がいる長男は折れてくれやすい

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 16:08:20

23時間前

@mainichi

毎日新聞@mainichi

「スタバ」撤退後は「スタズ」? ロシアでそっくり店舗がお目見え
mainichi.jp/articles/20220

新ブランド名は「スターズコーヒー」。ロゴもスタバとそっくりで、王冠の代わりにロシアの髪飾りが描かれています。AP通信は、新しい店のメニューについて「スタバの顧客なら誰でも身に覚えがあるものだ」。

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 12:45:13

23時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

@simamura 無機物は食べ物が余ったりしなかったですよね。何となく……あればあるだけ食ってましたんで、残り物っていうの自体がほとんど存在しなかった気もします。冷凍庫もヘボかったですしねえ。その日に食べる分を毎回作ってましたよね。
今は全然違いますけど。

posted at 12:13:27

23時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

思えば自分の若い頃は食い倒れの時代であったかもしれない。着倒れの時代でもあったが、そんなことはもう馬鹿馬鹿しい過去になるのかもしれないな。
それはそれで気楽でいい。飢えない程度にほどほど食べて、裸じゃない程度にそこそこ清潔なものを着て、節制して暮らし、アバターの服データを買う。

posted at 12:09:24

23時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

「お母さんはあなた達にお腹いっぱい美味しい物を食べさせてあげたくて……食べ物で苦労させたくないの」という気持ちがうっすらするが、娘たちが生きる時代には今後とても強い節制が要求されるかもしれない。その節制のもとでも幸せで有意義な一生を送らねばならないので難度が高い。

posted at 12:07:02

23時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

私の感覚では普通そういうのは年寄りが若者に言うものだった。昭和後期〜平成の初期あたりのことだが。
自称・戦後の物のない時代の子が、令和ちゃん達に始末を説かれている。
私も説かれていて、「こんなにたくさんゴハンいらないよ」と食品ロス・飽食警察の取り締まりを受けてる。ナンヤコレw

posted at 12:04:51

23時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

もしかして家事とか家庭料理の哲学なども時代の変遷によって大きく変わってきてるんだろうか?
長女は学校でも厳しい食育を受けた世代だし、次女に至ってはSDGsがーっていう世代なので食品ロスにも極めて厳しい目線だが、バーバはそうではないので、孫たちに勿体ない勿体ないと毎日説教されている

posted at 12:01:58

23時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

「家にあるものを食べなさい」と娘たちにも教えてきたので、食卓に何を出しても娘たちは「わーいごはんだー! 美味しい美味しい」と喜んで食べる。
大丈夫なのか……?
ちゃんと美味しい不味いの区別はついてるのか?
逆に怖い。好き嫌いもあんまり無い。何故なのかは全く分からない。生まれつき?

posted at 11:59:22

23時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

本人は戦後の物のない時代に苦労したと自称しているが、そういう風には全く見えない。その時代にちょうど生まれたってだけで実は特に苦労してないのではないかと思う。
私なんか高度経済成長期に生まれてバブル期真っ只中に育ってるが、時々オカンに罵られるほどケチだ。
ケチではない。始末がええんや

posted at 11:56:19

23時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

オカン様はバブル期に主婦最盛期を過ごしたせいなのか、単なる個人の性質か、冷蔵庫にあるもので料理するとか、残りものをカフェプレートに盛り付け直すとか、リメイク料理にするといった、シュフの基本技が全く使えないので、どないなっとんねん、お城育ちのお姫様か? と時々不思議になる。

posted at 11:53:54

8月19日

@saiki_azuma7

東 紗鋳樹@隣人の声が俺を淫らにする・単行本・エクレア文庫5@saiki_azuma7

無機物BL短編♬
ゲン(原稿用紙)とクロ(鉛筆)、ゴウ(消しゴム)は、長い間主人とともに『物語』を世に送り出す仕事をしてきた。
そこに『ワープロ』とかいう新しい機械がやってきて……。
ほんのちょっと物悲しくて、ほんのちょっとほっこりするお話です♪
www.amazon.co.jp/dp/B09ZGX8FLM/
#BL

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 11:49:40

8月19日

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

持ちネタの中でいつも「月下世界紀行」の優先順位が低いので、自作とはいえ作品に申し訳ない気持ちに。あんまり手をかけてやれてない子というイメージ。
書けば書けるネタが幾つかストックしてあるのに、全然本腰入れないので、進捗無しです。「月下世界紀行」強化期間を設けないとな。いつか……←

posted at 10:44:19

8月19日

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

9月から趣味活動も再起動できそうな気配ですが「何をやっていたんだっけ……( ゚д゚)」というところから始動なので、毎回この世界に記憶を失って転生してきてます。
確か……なろうさんに白川編を引っ越す……? それと「王宮の孤児たち」の続きと。「月下世界紀行」で何か書くつもりだったけど失念

posted at 10:40:25

8月19日

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

読書感想文書くの面倒くさい面倒くさいと言いながら、はよ書きなさいと叱咤激励したら15分で脱稿する次女ちゃん様。はよ書きなさい🥲 私も人のこと言えないお立場だけど。

posted at 10:26:36

8月19日

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

コロナ禍で「孤独」ってものを改めて考える人が多かったと思うけど、人間て一定量のコミュニケーションを何かから摂取しないと楽しくは生きていけないものみたいだ。それが対面で人と話すことからしか摂取できない人もいれば、本を読むことで補給できる人もいる。

posted at 06:35:03

8月19日

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

そういう立場のキャラクターやモブも物語に登場する以上は何かの役割を持っていたり、誰かを思ってたりして、心や知能がある限り人は完全には孤独にならないんだなって思うが、イエ・ウェンジェ博士は孤独だった気がする。あれが完全な孤独なのではないかと思える。でも彼女もお父さんとの繋がりがある

posted at 06:31:42

8月19日

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

孤独って言えば三体運動してる例の作品(もうタイトル言ってる……)に、この近辺には自分しかいないって状態で観測業務してる人(?)とか、たった一人ではるか彼方まで飛んで行かされる人とか出てくるけど、ああいうビリッと痺れるほどの硬質な孤独感がSFの醍醐味でもあるのよなあ。

posted at 06:27:45

8月19日

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

「火星の人」も「プロジェクト・ヘイル・メアリー」も、メシマズ系SFです。
ヘイルメアリーの「チューブの何か」と、火星の人のジャガイモ……

メシウマ系SFってあるんだっけ?

posted at 06:22:00

8月19日

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

「火星の人」(邦題オデッセイ)も主人公の孤独な戦いと並行して、彼を救い出そうとする多くの仲間が描かれるので、仲間がいることがテーマの作品だったと私は読解してたけど、でも主人公の場面に他の人が誰も出てこないのは確かにそう。ロボットでもいたら孤独耐性が低い人も耐えやすい物語になるのかな

posted at 06:18:36

8月19日

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

プロジェクトヘイルメアリーは私の印象では、孤独を描く作品ではなく、友情や仲間意識、チームワークを主題とした物語で、仲間がいるからできることがあるというのを明らかに示すための対比として主人公の孤独な状態が一時的に描かれる。

posted at 06:07:01

8月19日

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

そういえば、小説の執筆は孤独な作業って言うし、実際そういう面もあると思うけど、だから一人っ子が作家に向いてるとは言われないよね。一人っ子に孤独への耐性があるというのも、説としてかなり眉唾物であるし。

posted at 05:57:11

8月19日

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

私が子供の頃に、一人っ子は孤独への耐性があるから宇宙飛行士に向いてるって子供向けの科学読本に書いてあって、「孤独って?」と思ってた。今はそんな説が真面目に受け取られるとは思えないけど、どうなんだろう。宇宙飛行士って孤独なの?

posted at 05:55:41

8月19日

@karyn_nishi

西村 カリン (Karyn NISHIMURA)??@karyn_nishi

すでに国税庁キャンペーン「サケビバ!」は海外で話題になり、「変な日本」という風に紹介されてしまう。日本酒やビールの業界を支援するなら、国はもっと真面目にやらないとだめだ。先進国では若者のお酒離れは良いことと思われるので、日本だけが真逆の方向。お酒は危険性があることを無視できない。

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 05:46:28

8月19日

@yuduki_yuri_

夕月悠里@のべらん作ってる人@yuduki_yuri_

そういえば、小学生にはルビって意味が分からないんだね。

ルビ機能あるのに、ふりがなを付けるのはどうすればいいという質問がいっぱい来るのでなんでかと思ったら、ルビ=ふりがなというのが分かんなかったのね。

なっとくだわ。

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 05:44:39

このページの先頭へ