情報更新

last update 10/19 11:08

ツイート検索

 

@zerozero_daily
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

  • 435フォロー
  • 623フォロワー
  • 26リスト
Stats Twitter歴
1,634日(2015/04/30より)
ツイート数
84,021(51.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年10月19日(土)78 tweetssource

34分前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

@tonoriko_ そんなような感じがしますね。実際のところは分からないけど。「謙遜する」文化を持ってない子が一定数いて、そもそもの謙譲の意味を皮膚感覚として知らないので、大人になってから意味を説明されたところで、分かるわけない。一種の欧米化っちゅうかグローバル化?

posted at 11:05:38

53分前

@Gunsbot

銃 紹介BOT@Gunsbot

種子島銃
1543年に種子島に鉄砲伝来したことから種子島銃などと呼ばれる。先込め式で黒色火薬を使用。バネ仕掛けに火縄を挟み発射時には火縄に火をつけ、引き金を引いてバネ仕掛けを作動させ発射薬に点火する。精度は低いが威力は現代の小銃より上
pic.twitter.com/NrVLY5T38R

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 10:46:54

1時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

その変化が(実在するとして)、どの世代から何割ぐらいの人に広まってるのか見たい。

昔からね、その自分を下げて人を立てる文化も、すべての人にあったわけではなく、お商売したり営業する職業の人には濃厚で、逆にそれがない層の人もいたんです。個人差ですよね。

だからただの個人差なのかも?

posted at 09:43:26

2時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

そういうのが人間関係上、お互いの性格を見る上で重要だったんじゃないでしょうか。必要に応じて自分を引っ込めたり、前に出したりできますよというのを相手に実証してみせるような? 挨拶できるかが重要視されたりですね。
そういう文化が継承されなくなってるんじゃないかな?
ただの変化だけど。

posted at 09:38:13

2時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

でもたぶん、多少は自分を貶める(一段下げられる)部分があった方が運用しやすい面があったんじゃないかな? 日本人のメンタリティとして。
「釣りがご趣味だそうで。玄人裸足だそうですね」「いえいえただの釣りバカなんです。アホみたいに早起きして毎回ボウズですわ」「アハハ」とかいうのがあった

posted at 09:35:04

2時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

「”腐“女子はあかんのやない? “腐”っていうのがネガティブ!」という言説に、別垢で見たんですが「ほんまや腐ったらあかんな! これからは発酵女子って呼ぼう!」っていうエアリプしてる人がいて「めっちゃ体にいい! 健康に気をつけて乳酸菌とってる女子みたい」と思って、

posted at 09:14:07

2時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

例えばオタクが自分らのことオタクって言いますけども、これも当初は蔑称で、今も非オタ層には蔑称として用いられたりもします。けどまあオタクたちは「言いたい奴らは勝手にいうとけ\(^o^)/」という悟り後の世界を生きてたりするので、特に蔑称とは思わずこの用語を自称していたりします。

posted at 09:11:12

2時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

じゃあ何て呼ぼうか?

日本人の精神文化からして、自分に属するものに輝かしい名前をつけることに独特の何かがあるので、自称するものの名前って難しいんですよね。

でも、もしかしたらそれは世代感覚で、平気だぜっていう世代が出現したのかなあ?

posted at 09:09:04

2時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

当たり障りないように会社に例えましたけども、Web小説の界隈の皆さまには「あぁアレのことやな?」というのがお察し! ってなってるんじゃないかと。

それに最近、隅っこにいるBL方面で「自分たちのこと腐女子って呼ぶのやめましょうよ」というお話を見て「あーね」と椎堂さん思ったんです。それな

posted at 09:07:17

3時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

そういう感覚が若い世代に継承されてないのかな? と感じる出来事がネット上でちらほら見られまして、無いなら無いでいいんですが、無いんだというのを踏まえて付き合わないと、わけわからん話になるなと思って。

posted at 08:15:19

3時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

礼儀作法にのっとり、自分を貶める場合、昔はその人は「礼儀をわきまえた人」というイメージでした。
自社のことを「弊社」と読んでも、別に自分の会社がクソやとは思ってないし、「うちの愚息めが失礼いたしました」と言っても、腹のなかではウチの子世界一と思っています。そんなの常識だったですが

posted at 08:06:06

3時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

自分を下げて相手を立てるのが日常的に行われてる場合、自分を卑下することは日常茶飯事なので、大した意味がないです。「いやぁんウチなんか大したことないのォ。あなたは本当にすごいね」というのは挨拶であって大した意味がないです。聞く方も、それを弁えて褒められるものでした。人は平等です。

posted at 08:04:21

3時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

日本には自分を下げて相手を立てるという文化があったと思うんですが、これって現代の、特に若い層では廃れた面があるのでしょうか? それとも個人個人の価値観や経験値の差だったりなのか、「自分を下げる」ことをよくないと捉えてる人がいるように思います。

posted at 08:02:31

3時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

「霞が関のエレベーターの中」とかは、私は行ったことないもんなあ。「まぁ、エレベーターはどこでも一緒やろ」ということで、別の場所のエレベーター内を参考にして書くわけですけども。読む人もそうですよね。

posted at 07:58:07

3時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

場面設定辞典てどういう……>RT

それって普通は自分で取材して書くのではないの?
行ったことない場所の場合は役に立つかなーってことでしょうか。面白いですね。

posted at 07:56:58

3時間前

@otowa38

綿の花@otowa38

今日の獲物!
株式会社カンゼン様から発行されている『現代日本の場面設定辞典』と
西炯子さんの『キスする街角』読み切り!
資料はこれから小説を書く人向けと書いてあったので、外堀を埋めるのに利用します。
後はもちろん日々の経験。 pic.twitter.com/TY8wCREM1y

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 07:56:12

3時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

そういうネームバリュー層には、リスクを冒してまで素早く動く価値はないので、「安定してるよ」という理論に入っていくのです。
自分がどの立ち位置にいるかで判断したらいいんですよ。

posted at 07:43:48

3時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

たとえば新しい小説投稿サイトができて、そこに先行して投稿してランキング10位までに入ったメンバーが全く動かないとしたら、誰よりも先に到着することには意味がありますよね。そういうことだけど。
でも、後から来ても、ものすごいネームバリューとか固定ファンを連れてこられる人には無問題です

posted at 07:42:29

3時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

今ちょうど、世の中の変わり目なので、次に来るものにも先鞭をつけておこうという人たちが、早期活動をとっくに始めましたっていう段階と思うんですけどね。
そこで出遅れた人も、ちゃんと実力があれば、第二波、第三波に乗れるはずなので、そう心配いらないとは思う。
ただ先行者有利はあるのだろうし

posted at 07:40:47

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

まあでも賭けるのは自分の人生なので、慎重になるのも当然です。
しかし出版界も今後、取り扱える作品の数や幅が、「どんどん増えそう」という印象はなくて、むしろ足切りしていく方向っぽく見えるのやけど。今はサラリーがもらえても、ある日もらえなくなる人が出てくる。その時に第二の選択肢がいる

posted at 07:38:35

4時間前

@narouzuki02

流転の王@narouzuki02

投稿サイトとしてはほぼ失敗判定が下りそうなLINEノベル。投稿サイトは切り離して、商業作品のWEB掲載サイトとして生き残りを図った方がいいのではと思う。紙もそこまで売れてなさそうだし。

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 07:36:16

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

とっくに安定軌道に乗って周回コースを回ってる産業と、これから打ち上げる産業との収益を比べてもしょうがないよっていう話なんですけどね。
失敗する恐れがある?
そりゃあるよ!
でも、墜落を恐れずロケットスタートした人がその産業を作るのだから、そりゃ、そういうもんよ……。

posted at 07:35:37

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

まだ比べる段階にないです。産業として始まってもいない。やっと黎明期ですから。
スマホの普及前にも「ガラケーでよくない? 安定してる」という人もいたし、インターネットの時にも「パソ通のほうがよくない? 安定してる」という人はいた。そりゃ安定してるわ。安定してないうちに参入しましょう

posted at 07:33:11

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

打ち切りも絶版もないので、Kindle unlimitedのような売り方だと、ずーーーっと前に書いた作品でも半永久的に不労所得を稼ぎつづけてくれるので、うまく軌道に乗せられれば論理上は、やっていける人が出てくるはずです。もちろん全員ではない。けど紙の出版よりは人数が多いかもしれない。

posted at 07:31:52

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

独立自営は気楽でええよ〜っていうのがあるけど、場合によっては飢え死にする問題がw
そこを少々、ネットが改善してくれるんじゃないかというのが、「電子書籍の直販スタイルってイイネ!」というお話じゃないかと思うので、個人的にはとてもいいと思います。

posted at 07:29:23

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

どっちかいうたら、勤め人と自営の差?
どっちが性に合ってるかは人によるのだと思う。
大企業に就職したら安定収入が見込めるからを理由に、自営業という選択肢がいらないということはないので。
その大企業には就職できない人や、したくない人もおられますのでね。

posted at 07:28:00

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

昔のネットワーカーって「こちらでは初めまして」って言うんだけど、今も言います?
twitterでは初接触だよねっていう場合には「twitterでは初めまして」って言うの。

何回、初対面するんやっていう。
でも言いたいんだもん。

posted at 07:17:03

4時間前

@sakuraiminato

櫻井水都@sakuraiminato

個人サイトの掲示板、今で言うSNSみたいな盛り上がりを見せてたんですよ。誰か一人の書き込み(〝カキコ〟って呼んでた!懐かしい…)に連なる横レスに次ぐ横レス。FF外から失礼します案件結構普通にあったなぁ
#90年代〜00年代のオンノベ界を語ろう

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 07:15:25

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

手書きなら面倒くさくて絶対書かないような漢字。
主人公の名前が「篠宮穣太郎」か「大木仁」かで、書く労力がぜんぜんちがう。私は手書きするならぜったい、画数の少ない名前の人しか出さない!!

posted at 07:14:30

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

@SagamiNoriaki 私は手書きだったら推敲なんかしたくないです。根性ないので。
ワープロやパソコンが一般に普及して、インターネットで公開も簡単にできるから、趣味としての小説というのが広く一般にも成立しうるのかと。
プロの方も作業効率が格段にあがって、多作になれますし、いいですね。

posted at 07:10:01

4時間前

@hayakogoto

後藤羽矢子@hayakogoto

前にも書いたけど、出版社で描くことの一番のメリットは「安定」です。「今回アンケート悪かったから原稿料減らすね」なんてことはありえないけど、自分でダイレクトで売ってると、そういうことがあるわけです。ツイッターであげる漫画だってめっちゃバズる時と全然な時あるでしょ。

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 07:06:05

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

@SagamiNoriaki 90年代ですと、まだワープロ専用機の時代でしょうか。私もワープロで書いてましたよ。「文豪」シリーズでw なつかしいです。
その頃から執筆が機械化されるので、大長編を書く敷居はぐっと下がったと思います。手書きで100万字クラスはペンダコが爆発しそうですもんね〜

posted at 07:04:10

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

出版社さんでプロモーションしてもらって、本にしたほうが儲かる人・作品もあるでしょう。

そもそも本にならないっていう作品には、電子がいいんじゃないです?

posted at 07:01:43

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

そうだと思うけど、>RT
でもたぶん、出版するに至らない段階(ずっと至らない)の作品の場合は、出版コースだと収益が一生0円だけど、電子出版なら「500円稼いだ〜」とかで、収益化率という点では数値上マシなんじゃないでしょうかね?

だから、電子のほうがトクかは、作品と作者さんによる

posted at 07:00:44

4時間前

@hayakogoto

後藤羽矢子@hayakogoto

よく言われている、出版社通さず、直接自分で電子書籍販売したほうが儲かる説、これは私としてはよっっっっっっぽど名が売れてる人でないと厳しいと思ってます。同人誌で儲かってるのが一部の大手さんだけみたいなものです。

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 06:59:10

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

68話は各回の文字数を少なめにして、全6回にしました。
最後のページが長くなるのを控えたかったのが理由ですが、一回あたりの推敲の作業ボリュームをちょっと少なくして、忙しくても更新できるようにしようという下心がw
そんな作者都合で文字数を決めましたが、すみません。

posted at 06:58:49

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

@SagamiNoriaki 2500枚っていうと、ちょうど100万字ですね。
ワーオ。私のお仲間ですw(長編病)
確かに、その文字数の作品となると、どこに出しようもないでしょうね。出版社にいきなり持っていくにしても、読んでももらえない場合がほとんどでしょうし。

posted at 06:57:15

4時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

67-9で第67話は終わりです。最終ページは21日に公開予定ですが。その次の日の更新分の用意がまだ全くなので、週末忙しくて作業時間がなくなり休載しかねないので、PCでしかできない68話のページ切り分け作業を優先して今からやります。

posted at 06:45:20

5時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

いや、強いて言えばスターウォーズ?
でも、どのキャラが好きとかいうのがなくて、「世界観が好き」? だからセカイ系?
ルークスカイウォーカーのアクキー出されても別にいらんもんな。(キャラ萌え系のファンの人は欲しいと思います)
私のキャラ萌え、たぶんゆるキャラ方面のほうが強いな。

posted at 06:35:31

5時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

なんかもう、「萌えは心のサプリメント」だよね。推しは生活必需品なんだ。ココロのごはんみたいなもん。

私そういうのが無いので(推しがいない。強いて言えば自作がそう)あったら人生楽しいんだろうなって思う。自作があるから楽しいけど。

posted at 06:33:01

5時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

一般的な意味での「面白い作品」では不足だってことですよね。面白さのためにお金払うのが贅沢になりつつあるんだから。まさに「推しのためならエンヤコラ」的なテイストがいる。
コンテンツ産業がそれでいいのかは諸説あるでしょうけど、そのほうがお客さんにウケるし、そういう商法になってる。

posted at 06:29:15

5時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

可処分所得が多い層の好むものが隆盛になるってことで。
しかし今時、そう潤沢な遊ぶ資金がある人も多くはないので、お金持ちの人にモテるジャンルというよりは、普通の人が有り金をつぎ込めるぐらいのディープなハマりかたをさせるジャンルってことじゃないかと。

posted at 06:27:11

5時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

やっぱりさあ、お金払ってくれる人がお客さんなんだというのがあるんじゃないでしょうか。金離れがいいお大尽層がいるかどうかで、ジャンル隆盛が決まるような。
オタク層向けのイベントや商品がどんどん出るのも、買ってくれるからだし、その中でも高い収益化が見込める隆盛ジャンルってありますよね

posted at 06:25:17

5時間前

@SagamiNoriaki

我乱堂@SagamiNoriaki

創刊号がこんな雑誌だったの?
私の持ちネタでいうと、やっぱり小説花丸かな。
夢枕獏先生と氷室冴子先生とで『イラストに負けない小説』というテーマで対談してもらったりとか、何気に色んなジャンルの色んな作家が集まってて面白かった。
北原尚彦先生や、吉岡平先生もいる。 pic.twitter.com/bMLCJ9WUB3

Retweeted by 椎堂かおる

retweeted at 06:22:23

5時間前

@zerozero_daily

椎堂かおる@zerozero_daily

#白川編 67−8のルビ&推敲おわり。わーい、おサエが出てきた。
別にちょい役なんですけど、なぜか好き。
たぶん朧ちゃんには、その後の人生のロールモデルになった人なんだろうなっていう感じ。その後の人生がめちゃめちゃ長いけど。

posted at 06:20:13

このページの先頭へ